セキュア・エッジを再定義する

エッジ・デバイスからのデータがどのような方法によっても改ざんも変更もされていないという確証を得ることの重要性は増してきています。ソースにおけるデータの完全性を検証することで高いレベルの信頼性を実現でき、顧客はそのデータに基づいて行った決定に、より確信を持つことができます。

データが生み出されるエッジで弊社のセンサーソリューションがアナログをデジタルに変換するため、アナログ・デバイセズは、セキュリティを提供するうえで独自の立ち位置があります。アナログ・デバイセズはお客様のIoTシステムに組み込まれているため、サイバー・セキュリティに注力しています。アナログ・デバイセズは、当社のセンサーから発信され、IoTで共有される情報を保護することで価値を提供します。

データの信頼性をシグナル・チェーンのエッジで確立することで、顧客はシステムをスケールする必要性を確信でき、自立性、安全性、アクセス性を実現できます。現実世界の安全を確保するアナログ・デバイセズのサイバー・セキュリティ戦略について詳細をお読みください。

記事を読む

セキュア・エッジを再定義する

システム・レベルのセキュリティ設計の重要性

セキュリティを最適化するには、デバイスやエンドポイント単位で考えるのではなく、システム・レベルのアプローチが必要です。セキュリティは、システム全体にわたって様々な手段で実現できます。エッジ・デバイス内、コントローラ内、ゲートウェイ内、またはスタックの更に上の層でセキュリティは実現されます。ネットワークの各ポイントで「どのように」セキュリティを実現するかを見る前に、「どこで」「どの程度」セキュリティを実現するかと言う問いに注目しましょう。脅威がどこで発生するかよりも、どこならば電力、性能、遅延のトレードオフを最小にして効果的にセキュリティを強化できるかを考えます。階層化アプローチにより、優れた全体的なセキュリティ体制を構築できます。

アナログ・デバイセズがスマートファクトリーにおけるエッジ、航空宇宙および防衛向けのクリティカル通信システム、およびオートモーティブ業界のセキュリティをサポートしているかご確認ください。

インダストリ4.0/インダストリアルIoT

インダストリ4.0/インダストリアルIoT

変化の遅い市場であるにもかかわらず、インダストリ4.0は記録的なペースで取り入れられました。ICSサイバー・セキュリティ基準およびガイドラインは、工場にセキュリティがどのように適用されているかの査定には役立ちますが、サイバー・セキュリティの方策を実装するための手引きはあまり提供しません。

アナログ・デバイセズの使命は、セキュアなエッジを拡張し、サイバー・セキュアなシステムの実装を簡単にすることで、お客様がより迅速にインダストリ4.0ソリューションを採用できるようにすることです。アナログ・デバイセズがどのようにサイバー・セキュリティをインダストリ4.0に適用しているかご確認ください。

インダストリ4.0の加速:産業用制御システムのセキュア・エッジを拡張する

インダストリ4.0の加速:産業用制御システムのセキュア・エッジを拡張する

アナログ・デバイセズはエッジにイーサネットを採用しているため、ICSサイバー・セキュリティの奥行きを深めるストラテジーを持っています。インダストリ4.0を実現するためには、工場に新しい接続方法を採択する必要があります。産業用制御システムにおけるイーサネットの役割は拡大し続けています。

セキュアなエッジを拡大する方法を学ぶ


Now to Next(現在から未来へ):アナログ・デバイセズのインダストリ4.0エグゼクティブ・ガイド

Now to Next(現在から未来へ):アナログ・デバイセズのインダストリ4.0エグゼクティブ・ガイド

当社のインダストリ4.0エグゼクティブ・ガイドは、今日のインダストリ4.0のビジネス機会を最大限に活用できるよう、6つの効果的なビジネス事例を掲載しています。現在何ができ、次はどうなるのか、さらにそこへ到達する最も賢明な方法とはという問いについて、実際的な知見が得られます。

エグゼクティブ・ガイドをダウンロード


Accelerating Industry 4.0 with Time Sensitive Networking and Security

Accelerating Industry 4.0 with Time Sensitive Networking and Security

アナログ・デバイセズは、ネットワークのエッジでセキュリティを実現するソリューションを提供し、セキュリティ基準を満たすようにフィールド・デバイスのセキュリティ体制を改善します。TSN機能付きのリアルタイム・イーサネット・マルチプロトコル・スイッチにより、機能は統合されています。

ビデオを見る

クリティカル通信

Web キャスト:Six Must-Haves to Secure the Edge

クリティカル通信システムは、航空宇宙および防衛(ADEF)産業では一般的です。防衛用通信、無人システム・データ、指揮統制リンク、ミサイル、スマート軍用品などの用途があります。多くがミッション・クリティカルで、状況認識を提供することで人命を救い、様々な兵器システムのターゲティングを正確に制御するものです。アナログ・デバイセズは使用と統合が簡単で、省サイズ、軽量、省電力(SWaP)であり、市場投入時間(TTM)が短い組み込みのセキュリティ・ソリューションを提供します。これらの特長は、クリティカル通信システムの設計と開発においてシステム・インテグレーターと機器メーカーにとって欠かせないものです。

Secure, Mission Critical Communications Require a New, Easy to Implement Approach

Secure, Mission Critical Communications Require a New, Easy to Implement Approach

使用と統合が簡単で、省サイズ、軽量、省電力(SWaP)であり、市場投入時間(TTM)が短いことは、クリティカル通信システム用に組み込みのセキュリティ・ソリューションを必要としているシステム・インテグレーターおよび相手先ブランド名製造業者(OEM)にとって欠かせない設計上の考慮事項です。

シグナル・チェーンを保護する方法を学ぶ

オートモーティブ

オートモーティブ

移動性の進化を追求する自動車製造業者の前に、セキュリティは突如大きな壁として立ちはだかりました。一時しのぎのセキュリティ対策では、複雑さ、コスト、重量が増してしまうだけでなく、システムの脆弱性の課題を必ずしも解決できません。そうではなく、セキュリティを最初から設計に組み入れ、車両のライフサイクル全体にわたって管理する必要があります。アナログ・デバイセズの製品をご利用いただくことで、すべてが最新の規格に準拠した、デザインインによる最高レベルのセキュリティと安全性を提供する次世代システムの実現が可能です。

Digital Freedom

Digital Freedom:Cyber Security that Matters

サイバー・セキュリティの最終段階は、耐障害性を高めることです。これは、サイバー・インシデントの最中も動作し、できる限り早急に通常動作に復旧することを指します。

ブログ記事を読む

Webキャスト:Six Must-Haves to Secure the Edge

Webキャスト:Six Must-Haves to Secure the Edge

世界はデジタル化へ向かっています。これに加わるためには、生成され交換されるデータが接続されていて、信頼できるものである必要があります。信頼できるとはどういうことでしょうか。どのようにして信頼性が、「耐障害性の高い」接続システムの基礎となるのでしょうか。どのようにして信頼性は確立されるのでしょうか。信頼性を確立するために実装する必要があるものは何でしょうか。

Webキャストに登録