「二次電池展」に初出展

2022年08月15日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 勝史、以下:アナログ・デバイセズ)は、8月31日(水)から9月2日(金)にかけて幕張メッセで開催される「二次電池展」に初出展します(HALL6 ブースNo. E16-19)。ブースでは、「カーボンニュートラルを実現させる先進テクノロジー・ソリューション」をテーマに、BMS(バッテリ・マネジメント・システム)や再生可能エネルギーとしてEH(環境発電エナジーハーベスティング)など、蓄電池ビジネスに向けたアナログ・デバイセズの最新ソリューションをデモ展示やプレゼンテーションでご紹介します。

    最新の採用事例をはじめ、実機や評価ボードなどをデモ展示する他、シミュレーションも実施します。

    【出展予定製品】
    ESS向けBMS:

    ESS(電力貯蔵システム)向けの高精度で堅牢なバッテリ・マネジメント・システム・ソリューション
    EV充電器、パワーコンディショナ向けソリューション:
    小型、高効率設計に必要な高速スイッチングトランジスタを確実に駆動する絶縁ゲート・ドライバや絶縁電源ICソリューション
    BFT、バッテリ充放電試験システム向けASSPソリューション:
    4chデジタルPIDによる充放電制御を1チップに集積。1プラットフォームデザインであらゆるバッテリセルに対応可能
    ModelGaugeバッテリ残量予測技術:
    モバイル機器に特化した残量予測IC。バッテリの特性評価は不要で、少量からでも使用可能
    バッテリパック認証用Securityデバイス:
    ICを活用した「盗まれない鍵(ChipDNA)」でソフトウェアよりも低コストでセキュアなシステムを構築
    ENERGY HARVESTING:
    環境発電(エナジーハーベスト)アプリケーション向け超低消費電力ICとNTTアドバンステクノロジ株式会社の無色透明発電ガラスを展示 
    ※NTTアドバンステクノロジ株式会社との共同出展

    開催展名:第2回[国際]二次電池展[秋]
    https://www.wsew.jp/hub/ja-jp/about/bj.html
    会期:8月31日(水)~9月2日(金) 10:00~17:00
    会場:幕張メッセ
    ブース番号:HALL6 ブースNo. E16-19
    入場料:無料(事前登録が必要)

  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ (NASDAQ: ADI) は、現代のデジタルエコノミーの中心で事業を展開し、アナログ・ミックスド・シグナル、パワー・マネジメント、RF、デジタル&センサー技術などの包括的な組み合わせをもって、実世界の現象を実用可能な情報に変換します。アナログ・デバイセズは、全世界の産業、通信、オートモーティブ、コンスーママーケットの125,000を超えるお客様に、75,000以上の製品で対応しています。https://www.analog.com/jp
  • Editor's Contact Information
Stay Informed