アナログ・デバイセズ、InnoHubのサポーター団体としての登録を完了

2022年03月23日 - 東京
  • 想像を超える可能性を実現するアナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 勝史、以下:アナログ・デバイセズ)は、Healthcare Innovation Hub(通称:InnoHub)のサポーター団体としての登録を完了しました。

    InnoHubは、経済産業省が設置した、ヘルスケアやライフサイエンスに関わるベンチャー企業等からの相談をワンストップで受け付ける相談窓口です。相談を受け付け、InnoHubアドバイザーやサポーター団体を紹介するだけでなく、ヘルスケア関連のイベント等と連携し、相談者やInnoHubアドバイザー、サポーター団体にイベント等の関連情報を提供し、本取組を通じて、ヘルスケアやライフサイエンス分野のベンチャーエコシステムを構築することを目指しています。

    アナログ・デバイセズでは、ヘルスケアマーケットへの製品やソリューションの開発・提供はもとより、医療の課題解決と進化にはエコシステムの構築が不可欠であり、医療機関や企業との協業を積極的に行っています。日本特有の医療課題を解決するためには、医療機関や日本の医療ニーズに特化したソリューション開発を行うベンチャー企業などとのエコシステム実現が必要と考え、今回InnoHubのサポーター団体として登録を行いました。エコシステムの早期実現に向け、InnoHubを通して多くの企業との連携に取り組んでまいります。

    InnoHubの詳細:https://healthcare-innohub.go.jp/
    アナログ・デバイセズが取り組むデジタルヘルス:ADI Signals+


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ (NASDAQ: ADI) は、現代のデジタルエコノミーの中心で事業を展開し、アナログ・ミックスド・シグナル、パワー・マネジメント、RF、デジタル&センサー技術などの包括的な組み合わせをもって、実世界の現象を実用可能な情報に変換します。アナログ・デバイセズは、全世界の産業、通信、オートモーティブ、コンスーママーケットの125,000を超えるお客様に、75,000以上の製品で対応しています。https://www.analog.com/jp
  • Editor's Contact Information
Stay Informed