プレス・リリース

Contact Sarah Shieh

12、14、16ビットA/Dコンバータ向けに高い電力効率を実現するドライバ・アンプファミリー「ADA4805」を発表

バッテリ駆動の携帯型高密度データ・アクイジション機器向けに最高水準のオフセット・ドリフトやスルーレート、さらに低ノイズ、低歪み性能を提供

2014年09月24日 - 東京
  • ADA4805アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は、本日、正確で高精度、かつ優れた電力効率が求められる高速データ・アクイジション・システム向けに低消費電力のレールtoレール・アンプ・ファミリー「ADA4805」を発表しました。今回発表したシングルアンプの「ADA4805-1」とデュアルアンプの「ADA4805-2」は、495μAという低静止電源電流を実現する唯一のソリューションです。これによりシステム設計者は高分解能A/Dコンバータのデータシートに記載された通りの仕様を完全に実現できるようになります。これらのアンプのダイナミック・パワー・スケーリング(DPS)機能は、A/Dコンバータのサンプル信号間でアンプをシャットダウンすることで、消費電力を抑えることができます。これにより性能を低下させることなく、類似するソリューションと比べ消費電力を最大で90%削減可能となります。

     

    ADA4805-1およびADA4805-2は、100MHz動作で160V/μsの高スルーレート、低ノイズ(100kHzで5.9nV/√Hz)、低歪み(100kHzでHD2:-102dBc、HD3:-116dBc )性能を実現しつつ、消費電力をわずか1.5mWに抑えています。これらのアンプは、携帯型試験測定器、バッテリ駆動の産業用機器、さらに遠隔環境監視デバイスといった、低消費電力が求められるバッテリ駆動の携帯型データ・アクイジション・デバイス向けに設計されています。さらに、携帯電話の基地局や医療用画像機器のような高密度アプリケーションにおいても、消費電力や熱放散を低減できます。

     

    ADA4805ファミリーは、1.5µV/℃ max(0.2μV /℃ typ)と極めて低いオフセット・ドリフトとなっており、競合他社の高速(100MHz)アンプと比べて1/8の低ドリフトという優れた性能を提供します。優れたAC/DC性能の組合せにより、設計者は、感度、ダイナミック・レンジ、およびシステム全体の精度を高めることができます。

     

    ADA4805-1/-2アンプは電圧範囲が広く、3V以上の電源をサポートしています。また、より広範囲のダイナミック・レンジを必要とするアプリケーションでは、電源電圧±5Vでも動作することが可能です。

    価格、供給、および関連部品について

    下記表中の価格は、米国での販売価格です。

     

    製品
     アンプ数
     供給  温度範囲  1,000個受注時
    の単価
    パッケージ
     ADA4805-1  1 出荷中
     -40°C ~ +125°C  1.05ドル  SC70
     ADA4805-1  1 出荷中
     -40°C ~ +125°C  0.95ドル  SOT23
     ADA4805-2  2 出荷中
     -40°C ~ +125°C  1.64ドル  MSOP
     ADA4805-2  2  2014年10月  -40°C ~ +125°C  1.79  LFCSP

    ADA4805ファミリーは、16ビット1MSPS のAD7980、超低消費電力12ビット1MSPS のAD7091、デュアル擬似差動16ビット1MSPS のAD7902、および超低消費電力16ビットSARコンバータAD7988などといったADIの多様なA/Dコンバータに適しています。


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed