業界最高性能を提供する2GSPSデータ・コンバータ「AD9625」を発表

業界をリードするダイナミック・レンジと低ノイズ性能により、アプリケーションのダイレクトRFサンプリングへの移行を実現

2014年05月16日 -東京
  • AD9625アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は、12ビット2GSPSのA/Dコンバータ「AD9625」を発表しました。AD9625は、クラス最高のノイズとダイナミック・レンジ性能を実現しているだけでなく、ノイズや反射波、さらにブロッカーや干渉などがあっても、より微弱な信号を判別する性能とより優れたレシーバ感度を提供します。これらの優れた性能を2GSPSの帯域幅や統合信号処理機能と組み合わせることで、通信や計測器、さらに軍用/航空宇宙アプリケーション分野におけるダイレクトRFサンプリングへの移行を実現します。AD9625は -149.5dBFS/Hzという優れたノイズ・スペクトル密度になっています。この優れたノイズ特性と広帯域との相乗効果により、設計者はセカンドナイキストゾーンでのアンダーサンプリング・システム・アーキテクチャにより、周波数のダウンコンバージョン段を節減することができるようになります。

     

    AD9625は、ADIのワイドバンドRFデータ・アクイジション・テクノロジー製品シリーズの最新の製品で、既存の製品よりも優れたダイナミック性能を提供します。これにより、過密状態にあるRF環境でも、かつてないほどの広い帯域幅にわたり、より優れた信号抽出を可能にします。また、AD9625は大手FPGAメーカーとJESD204に準拠した接続ができます。 AD9625は、本日発表した14ビット1GSPSのA/Dコンバータ「AD9680」とともに、アプリケーションのダイレクトRFサンプリングへの移行をより加速するという、アナログ・デバイセズのイノベーションを実証するものです。

     

    政府機関向けの先進的なデジタル信号処理技術のリーディング・プロバイダであるリンコンリサーチコーポレーションのインテグレーテッドソリューション部門、技術担当ヴァイス・プレジデント、John Forinash氏は次のように述べています。「高速コンバージョンにおいて、サンプリング・レートは重要な鍵です。しかし、それは当社の設計において我々が考慮する唯一のものでも、必ずしも最も重要な性能ということでもありません。システムがより広範囲のRF信号帯域幅を収集して処理する際に、広いアナログ入力帯域幅や改善されたダイナミック・レンジ、さらにノイズパワー比もまた、重要な要件となります。AD9625は、当社が求めるRFサンプリング・アーキテクチャを達成するために必要な、優れたワイドバンド・ダイナミック性能と信号処理機能を組み合わせた、次世代の2GSPS A/Dコンバータです」

     

    AD9625の今までにない広い入力帯域幅は、先進的なRFサンプリング・アーキテクチャを可能にし、設計者がアナログ周波数のダウンコンバージョンの段数やそれに伴うノイズ、コストの両方を低減できるようにします。これまでは必要な性能を実現しつつ、再構成可能なプラットフォーム(SDR)を開発するためには、多数のA/Dコンバータを交互に使用する必要がありました。しかし、ADIのこの集積化されたシステム・アーキテクチャではそれが不要になります。評価ボードの設計環境とリファレンス設計を用いることで、システムのプロトタイピングと、ボードレベルの設計やレイアウトを簡素化できます。

     

    AD9625の詳細:2個のワイドバンド・デジタル・ダウン・コンバータとJESD204B出力

    AD9625は、1GHz入力時80dBcのスプリアスフリー・ダイナミック・レンジ(SFDR)を提供します。これにより設計者は測定精度を改善し、他を凌駕する広いダイナミック・レンジを実現できるようになります。AD9625は12ビット2GSPSのA/Dコンバータに2個のデジタル・ダウン・コンバータ(DDC)、2個の数値制御発振器(NCO)、さらにデータ出力部にJESD204Bシリアルリンクを有しています。これらの業界初となる優れた性能、や機能により、出力データスピードの要求値の低減やボードレベルの設計やレイアウトの簡素化、および機能性のすべてを改善します。主要なアプリケーションには、ウルトラワイドバンドRADAR、デジタル保存発振器用ワイドバンド・フロントエンド、さらにデータ・アクイジション・プラットフォームなどがあります。

     

    AD9625の特長:

    • Lバンド・デジタイザを含むダイレクトRFサンプリング
    • 高入力帯域幅アプリケーション向けの80-dBc SFDR
    • 内部リファレンスやフレキシブルJESD204Bデジタル・データ出力

    プロトタイピングと設計を迅速化する評価ボード環境について

    各GSPS A/Dコンバータは、FPGA Mezzanine Card(FMC)コネクタ、ソフトウェア、ツール、SPIコントローラ、およびリファレンス設計を備えた、評価ボードによってサポートされています。ADIのVisualAnalog™ソフトウェア・パッケージは、シミュレーションやデータ解析ツールとのセットやユーザーフレンドリーなグラフィカル・インターフェースとの組み合わせになっています。これにより、設計者は入力信号とデータ解析をカスタム化できます。高速A/DコンバータSPIコントローラ・ツールを用いて、ユーザーはSPIより先進的な特性を制御できるようになります。なお、プロトタイピングによる評価には、データ・キャプチャ・カードが必要です。

     

    価格と供給について

    下記表中の価格は、米国での販売価格です。

    製品 供給 スピード・グレード 1,000個受注時の単価 パッケージ
    AD9625BBPZ.2.0 出荷中 2 GSPS 625ドル 196ボール BGA 12mm X 12mm
    AD9625.2.0EBZ Evaluation Board 出荷中 NA 750ドル(1台ごと) NA
    HSC-ADC-EVALEZ Data Capture Card 出荷中 NA 1,155ドル(1台ごと) NA

  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed