プレス・リリース

ルネサスとアナログ・デバイセズが、
両社の評価ボード接続時間を約7割短縮するインターポーザボード「SE SPIDER-01」を初めて開発

~本日から抽選で50名様限定の先行モニターキャンペーン開催~

2013年07月08日 - 東京
  • ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役会長兼CEO:作田 久男、以下ルネサス)とアナログ・デバイセズ株式会社(代表取締役社長:馬渡 修)はこのたび、ルネサスのマイコン評価ボードとアナログ・デバイセズの評価ボードを簡単に接続することができるインターポーザボード「SE SPIDER-01」を共同開発いたしました。


    このインターポーザボードSE SPIDER-01は、ルネサスのマイコン評価ボードとアナログ・デバイセズのコンバータ製品等の評価ボードとをシームレスに接続し、ルネサスのマイコンを通してアナログ・デバイセズのコンバータ製品等の簡単な評価を実現できます。対象となるルネサスのマイコン評価ボードは「Renesas Starter Kit for RL78/G13(以下RSK for RL78/G13)」「Renesas Starter Kit+ for RX63N(以下RSK+ for RX63N)」、アナログ・デバイセズの評価ボードは「EVAL-AD7982SDZ」「EVAL-AD7980SDZ」「EVAL-AD7693SDZ」「EVAL-AD7685SDZ」です。


    このインターポーザボードSE SPIDER-01を用いることで、ユーザーは、これまで別々に行なっていたマイコンとアナログ製品の開発/評価を、製品の検討段階からアナログ~デジタルまでのシグナルチェーンとして簡単に評価できるようになります。また従来、評価ボードの評価を行う時は手作業によりジャンパー線で接続する必要がありましたが、インターポーザボードSE SPIDER-01を使用する場合は、評価環境を設定する時間を約7割短縮することが可能な上、ノイズの発生を抑制できるため安定した評価の値を得ることができます。


    インターポーザボードSE SPIDER-01には、ルネサスのマイコン評価ボードRSK for RL78/G13およびRSK+ for RX63Nに実装されている拡張コネクタJA1、JA2と接続可能なコネクタのほか、アナログ・デバイセズのSDPに対応した評価ボードと接続可能なEI3規格コネクタCN11(120ピン)が実装されています。その他、PMOD(*)に対応したコネクタ(12ピン)や、SDPには対応していない評価ボードと接続するためのピンヘッダ、さらに、追加の部品を実装するための2.54mmピッチのフリースペース、I/O電圧が異なる場合のレベル変換ICを実装するためのスペース等の拡張部分を備えています。


    このインターポーザボードSE SPIDER-01は、ユーザーの使用形態に合わせることができるように、コネクタ等は未実装の状態で同梱されます。ただし、SDP対応のEI3規格コネクタ(120ピン)は実装されています。回路図や取扱説明書、アプリケーション・ノート、ルネサスのマイコン評価ボード上で動作させるソフトウェア(サンプルコード)などは、ルネサスとアナログ・デバイセズが協同で立ち上げたWebサイト「Solution-Edge(ソリューションエッジ)」上において、順次ダウンロードできるよう整備してまいります。


    対応するアナログ・デバイセズの評価ボード、ルネサスのマイコン評価ボードは、今後も継続して追加される計画です。


    なお、両社が協同で運営するエンジニア向けのアプリケーション・ウェブサイト「Solution-Edge」では、本日付でこのインターポーザボードSE SPIDER-01を先行して使うことができるモニターキャンペーンを開催します。本キャンペーンでは、抽選により選ばれた50名様にインターポーザボードSE SPIDER-01を提供し、ご評価後のご感想、ご意見をいただくものです。それらは、本年9月に予定されている、インターポーザボードSE SPIDER-01の改版の際に参考にする予定です。キャンペーン詳細は以下URLを御覧ください。


    http://ednjapan.com/edn/special/ed130501/interposer/index.html


    インターポーザボードSE SPIDER-01の主な特長およびブロック図はこちら(pdf:272kB)をご参照ください。
    またインターポーザボードSE SPIDER-01のモニターキャンペーン等の詳細は、Solution-Edge運営事務局( info@solution-edge.com )までお問い合わせください。


    なお、今回発表したインターポーザボードSE SPIDER-01は、本年7月17日から19日に東京ビッグサイトで開催される「テクノフロンティア2013 電源システム展」のデモ展示に活用される予定です。

  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

Stay Informed