プレス・リリース

Contact Colleen Cronin

比類ない周波数特性とフレキシビリティをもつTruPwr™RMSパワー・ディテクタ「ADL5906」を発表

・10GHzまでのRF変調信号に対応
・信号検出ダイナミックレンジ67dB
・GSM/CDMA/W-CDMA/TD-SCDMA/WiMAX/LTEなどの各変調方式に対応

2013年03月25日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ社は、本日、10GHzまで動作し、67dBの信号検出ダイナミックレンジを特長とした、高性能なTruPwr™ RMSディテクタ「ADL5906」を発表しました。ADL5906は、広い周波数レンジで活用することができ、バランなどの外付け入力マッチング回路用部品が不要です。RFアプリケーション用に開発されたRMSディテクタADL5906は、無線通信インフラストラクチャ、パワーアンプのリニアライゼーション、ポイントtoポイント通信やポイントtoマルチポイント通信、ケーブル通信、軍用、衛星用途、計測機器、さらにISMバンド送信機など、信号電力を正確にRMS計測することが必要な様々なアプリケーションに最適な製品です。

    このRMSパワー・ディテクタADL5906は、5Vの単一電源と数個のコンデンサのみで動作し、シングルエンドの信号入力または差動信号入力に容易に対応できます。さらにADL5906は-55ºCから+125ºCという広い温度範囲にわたって温度ドリフトが小さく、安定した温度特性を有しています。個体ごとのばらつきが少なく高い再現性があり、設計リスクや製造コストを低減することができます。

    TruPwr RMSパワー・ディテクタADL5906の特長:

    • 10MHzから10GHzまでの正確なRMS-to-DC変換
    • GSM/CDMA/W-CDMA/TD-SCDMA/WiMAX/LTEなどの個々の変調方式(変調波形)に依存しない応答特性
    • 55 mV/dB(2140 MHz において)に設定されたデシベル・リニアな出力
    • 温度安定性:-40°Cから+85°Cで<±1dB
    • 動作温度範囲:-55°Cから+125°C
    • パワーダウン時には250µAまで消費電流を低減可能
    • TruPwrディテクタの従来製品「ADL5902」、「AD8363」とピン互換 

    価格、供給、および関連製品について

    下記の価格は、米国での販売価格です。

    製品 サンプル 量産出荷 1000個受注時の単価 パッケージ
    ADL5906 出荷中
    出荷中 $5.59
    4mm×4mm 16ピンLFCSP

    ADL5906は、12ビットADC「AD7466」など、ADIで用意している多数のA/Dコンバータ製品と組み合わせることで、高性能なシステムを簡単に実現することができます。


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed