プレス・リリース

Contact Joe Dussi

電源向け絶縁型のリニア・エラーアンプ「ADuM3190/ADuM4190」を発表

フォトカプラやシャント・レギュレータを上回る性能

2013年02月27日 - 東京
  • 20130227_adum3190アナログ・デバイセズ社は、本日、フォトカプラやシャント・レギュレータを用いた既存のアイソレーション技術に比べて、より高性能なシングルチップ・ソリューションを電源設計者に提供するアイソレーション型・誤差増幅アンプ(絶縁型リニア・エラーアンプ)「ADuM3190/ADuM4190」を発表しました。これらは、1次側に電源制御ICを使うリニア・フィードバック電源向けの製品です。帯域幅は400kHzと広いうえに、+25℃における初期精度(標準値)は0.5%、−40℃〜+125℃の拡張温度範囲におけるトータル精度は1%といずれも高い値を実現しています。この特長によりDOSA (Distributed-power Open Standards Alliance)規格への準拠を含めて、AC/DC電源、DC/DC電源の設計者にトランジェント性能が従来の5倍以上の高速性能と、広い動作温度範囲を提供します。

    ADuM3190とADuM4190は、ADIのデジタル・アイソレーション技術「iCoupler®」を組込むことで、フォトカプラのように、CTR(電流伝達率)が経時劣化したり、動作温度が85℃までで制限されたりすることはありません。1.225V出力の高精度な基準電圧源と、帯域幅が広いオペアンプを一緒に集積しました。これらの回路は、電源のループ補償に一般的に用いられるさまざまな回路手法に適用可能です。

    絶縁型リニア・エラーアンプ「ADuM3190/4190」の主な特長:

    • 帯域幅:400kHz
    • 25°Cにおいて、0.5%の初期精度
    • –40˚C〜+125˚Cにわたって1%のトータル精度
    • 低電力動作:<7mA(消費電流)
    • アイソレーション(絶縁)電圧:
      • ADuM3190:2.5kVrms
      • 2×インターポレーションモード:DCから1.0GHz
      • ADuM4190:5kVrms(絶縁強化版)

    価格、供給、および関連製品について

    下記の価格は、米国での販売価格です。


    製品
    供給 1000個受注時の単価
    パッケージ 動作温度範囲(℃)
     ADuM3190A
    出荷中
     $1.04
     QSOP-16
     –40 to +85
     ADuM3190B
    出荷中
     $1.12
     QSOP-16
     –40 to +85
     ADuM3190S
    出荷中
     $1.14
     QSOP-16
    –40 to +125
     ADuM3190T
    出荷中
     $1.23
     QSOP-16
     –40 to +125
     ADuM4190A
    2013年4月
     $1.20
    広幅SO-16
     –40 to +85
     ADuM4190S
    2013年4月
     $1.30
     広幅SO-16
     –40 to +125
     ADuM4190T
    2013年4月
     $1.39
     広幅SO-16
     –40 to +125
     EVAL-ADUM3190EBZ
    出荷中
     $49 per
     -  -


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed