多相電力量計向けに高精度の高調波解析機能を提供する電力量計IC「ADE7880」を発表

63次の高調波成分まで、ダイナミック・レンジ2000:1にわたって、1%よりも良好な精度を実現
20110915_ADE7880

東京 (2011年09月15日) - アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、本日、電力量計および電力品質監視機器向けに、リアルタイムの高調波解析を提供する電力量計ICADE7880」を発表しました。ADE7880は、多相電力量計向けに設計されており、電力の量と位相に関する情報を含めた包括的な高調波解析を提供します。また、63次の高調波成分まで、ダイナミック・レンジ2000:1にわたって、<1%という高精度を実現します。ADE7880には、ADIの独自技術、ARTM(Adaptive Real-Time Monitoring:適応リアルタイム・モニタリング)高調波解析技術が初めて採用され、これにより顧客は複雑なデジタル信号処理の開発で煩わされることもなくなり、システム・マイクロコントローラも不要になります。

アナログ・デバイセズ社 エネルギー・グループのディレクタ、ロン・クリガー(Ronn Kliger)は次のように述べています。「高調波は、その過剰な電流によって電力トランスの過熱や保護継電器の誤遮断を誘発することがあることから、エネルギー・システムで関心が高まっています。グリッドに接続される負荷や電源が、高調波成分のパワーを発生もしくは消費するパワー・エレクトロニクスに依存するようになるのに伴い、高調波成分増加によるラインの品質劣化も増大しています。ADE7880により、スマートグリッド・システムが高調波によるライン品質の劣化を正確に監視できるようになり、電力事業者やその顧客は必要に応じた修正措置を講じることができるようにします」

スマートメータに特化したリーディング・メーカ、ADDグルップ社は、同社の新しい三相工業用メータにADE7880を採用しました。ADDグルップの電気計器設計部長Vladimir Culiuc氏は次のように述べています。「当社は、ハイエンドの工業用メータの開発にあたり、従来の電力量測定や電力品質機能だけでなく、高調波解析を必要としていました。アナログ・デバイセズのADE7880を選んだ理由は、まさにこのニーズに応えるソリューションだったからです。ADE7880の採用により、当社はソフトウェアの開発や検証時間を大幅に節減し、市場投入までのアグレッシブなタイムスケジュールに対応できるようになります」

現在、世界中で何百万のスマートメータが設置されています。それに伴って、電力の品質管理がますます重要になっています。エネルギー関連の市場調査会社である、パイク・リサーチ社は、2015年までに、世界で2億5千万以上のスマートメータが設置されると予測しています。スマートメータは、電気の消費量や生成量を正確に測定・監視・課金などの目的で設置され、地域電力事業者との通信をおこないます。通信と電力品質解析の両方ができるスマートメータは、分散監視デバイスとして重要な役割を果たすことで、電気事業者が設置しているメータに新たな価値をもたらします。

電力量計IC「ADE7880」の特長

  • 三相構成用として定評のある高精度電力量計ICファミリ「ADE78xx」とピン互換
  • ARTMにより基本周波数の変化を自動的に追従。周波数ドリフトの測定精度に対する影響も除去
  • 各高調波について、電圧や電流のrms値、力率、有効/無効電力、さらに皮相電力を計算
  • THD+N(全高調波歪+ノイズ)比、さらに高調波歪の基本周波数に対する比も計算
  • ダイナミック・レンジ5000:1にわたって<0.2%というも良好な有効/無効エネルギー測定精度を提供。ゲインのキャリブレーションのみで、ダイナミック・レンジ1000:1にわたって、<0.1%の高精度が実現
  • 7個のシグマ・デルタADC(A/Dコンバータ)、1個のデジタル積分器、電圧リファレンス、そしてすべての計測信号処理機能を内蔵。クラス0.2規格のメータに適合

価格と供給について

下記表中の価格は、米国での販売価格です。

製品 サンプル供給 量産出荷 1,000個受注時の単価 パッケージ
ADE7880 出荷中 2011年11月 9.47ドル 40ピンLFCSP

参考情報
ADIの高調波解析法と既存の解析法とを比較したホワイトペーパー(英文)

ADIの電力量計ICについて

ADIのエネルギー・ソリューションについて

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

※すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる