マルチバンド通信向けに業界初のワイドバンド性能のミキサー「ADL5811」「ADL5812」を発表

ワイヤレス・インフラストラクチャおよびソフトウェア無線アプリケーション向け

東京 (2011年06月01日) - アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、通信アプリケーション向けに、業界でトップクラスの高集積ワイドバンド・パッシブ・ミキサー「ADL5811」(シングルチャネル)と「ADL5812」(デュアルチャネル)を発表しました。ADL5811とADL5812は、卓越した直線性(リニアリティ)、低歪、および低ノイズ性能を、ワイドバンド(広帯域)周波数性能とあわせて提供します。この新しいパッシブ・ミキサーは、ワイドバンドLO(ローカル・オシレータ)アンプ、プログラマブルRFバラン、ハイリニアリティ・ミキサー・コア、プログラマブルIFフィルタ、およびIFアンプの組み合わせにより、マルチバンドのシングルボード・レシーバ設計を可能にします。

ADL5811およびADL5812パッシブ・ミキサーは、周波数範囲が700MHzから2800MHzと広く、同時に、+24dBmという高いIIP3(入力3次インターセプト)、11dBというSSBノイズ・フィギュア、および7dBという電力変換ゲインを提供します。これらの性能仕様は全動作周波数範囲にわたって保たれます。これらのパッシブ・ミキサーは、マルチバンド/マルチスタンダードへの対応が求められる携帯電話基地局、業務用無線などの広帯域無線通信用ダウン・コンバータ、マルチモード携帯電話用リピータ、およびピコセルを含む、ワイヤレス・インフラストラクチャ・アプリケーションおよびソフトウェア無線アプリケーション向けに設計されています。

アナログ・デバイセズ社 リニアおよびRFグループ担当ヴァイス・プレジデント、ピーター・リアル(Peter Real)は次のように述べています。「これまで、ワイヤレス・レシーバの設計者は、優れたワイドバンド動作とほどほどのスプリアス・フリー・ダイナミック・レンジ(SFDR)を提供するアクティブ・ミキサーか、SFDRは大きいが動作帯域幅の狭いパッシブ・ミキサーのどちらかを選択するしかありませんでした。今回、当社が市場に投入したADL5811とADL5812パッシブ・ミキサーは、このトレードオフを不要にし、真のワイドバンド周波数動作をサポートしつつ、技術者が必要とする高いリニアリティ、歪、およびノイズ性能を提供します」

この700MHzから2800MHzをカバーするパッシブ・ミキサーの優れた性能は、3つの最新技術によって実現しました。中でも最も重要なのは、リミットLOアンプの開発です。これにより、既存のナローバンド(狭帯域)ミキサーに比べ、消費電流を増加することなく、広い帯域幅にわたって、安定したミキシング性能を提供する事が可能となりました。

2番目の技術は、RFバランの集積です。これにより、バランスのとれたRF信号がFETミキサーに印加されます。これまでは、ナローバンド・ミキサーが、磁気トランスまたはトランスミッション・ライン・トランスで構成されるRFバランを内蔵していましたが、損失こそ低いものの、帯域幅はそう広くはありませんでした。

3番目の技術は、パッシブ・ミキサーが生成する不要な合成波によりIFアンプの直線性が低下し、早期飽和の原因となる問題に対応するものです。ADIは、適切な終端をRFおよびLO周波数の関数として提供する同調フィルタ・ネットワークを設計し、不要なサイドバンド(側帯)の振幅を減らしました。

ADL5811ADL5812の周波数はSPI(シリアル・ポート・インターフェース)を用いて容易に変えることができるため、外付けのインピーダンス・マッチング部品を用いることなく、ミキサーをチューニングすることができます。さらに、パッシブ・ミキサーのDCバイアス電圧(ゲート電圧)をデジタル調節することで、性能を最適化することができます。デュアルチャネルのADL5812は、消費電力を最適化するために、各チャネルを独立にイネーブルまたはディスエーブルすることができます。DPD(デジタル・プリディストーション)のオブザーベーション・レシーバあるいはノンダイバーシティ・アプリケーション向けには、シングルチャネルのADL5811にて、マルチチャネルまたはマルチバンド・プラットフォームに、単体にて対応することができます。

ADL5811、ADL5812の特長

  • LOアンプが広帯域特性を実現
  • 可変バランがバランスのとれたRF信号を保証
  • 可変IFフィルタが適切な周波数特性を提供
  • RFおよびLO入力は、シングルエンド50Ω
  • 700MHzから2800MHzまでの広帯域な周波数範囲
  • 入力IP3:+24dBm
  • SSBノイズ・フィギュア:11dB
  • 電力変換利得:+7dB

供給、価格、および関連製品について

下記表中の価格は、米国での販売価格です。

製品 サンプル 量産出荷 1,000個受注時の単価 パッケージ
ADL5811 出荷中 2011年7~9月 8.03ドル 32ピンLFCSP
ADL5812 出荷中 2011年7~9月 10.98ドル 40ピンLFCSP
ADL5811およびADL5812パッシブ・ミキサーは、ADIのIF デジタル可変ゲインアンプ「AD8375/AD8376」または差動アンプ「ADL5561/ADL5562」およびシンセサイザ・シリーズ「ADF4350/ADF4351」とあわせて組み込むことで、完全なレシーバ・シグナル・チェーンを構成することができます。

全てのRFシグナル・チェーンをカバーするADIのRF IC製品群

ADIは、設計スキル、システムに対する理解、そしてプロセス技術をユニークに組合せて活用することで、業界をリードする高性能のRF機能ブロックから、高集積の多機能シングルチップRFソリューションまで、すべてのRFシグナル・チェーンをカバーする最も広範なRF IC製品群を提供しています。これらの製品は、RFシステムの開発を容易にする無償の設計ツール、評価ボード、およびその他の設計リソースによってサポートされています。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる