日本のARIB STD-T96規格向けに信頼性の高いリモート・データの伝送を実現するRFトランシーバ「ADF7023-J」を発表

スマートグリッド・データ伝送向けに902-958MHz帯域動作、優れた無線性能を業界最高クラスの低消費電力で提供
20110304_ADF7023-J

東京 (2011年03月04日) - アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、本日、日本のARIB STD-T96ワイヤレス・データ伝送プロトコルに対応した、スマートグリッド向けの新しいRFトランシーバADF7023-J」を発表しました。ARIB STD-T96は、日本の社団法人電波産業会(ARIB)によって制定された、低電力無線機器によるデータ伝送における標準規格です。この規格におけるスマートグリッド・エネルギー測定アプリケーションは、電気、水道、ガスなど公益事業のメータシステム、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)業界、およびビル・アプリケーションでの普及が進んでいます。

ADF7023-Jはフィールド実証済みの最先端RFトランシーバ技術を駆使して、ADIが日本のARIB STD-T96向けに開発したRFトランシーバです。優れた無線性能を、12.8mAという低消費電力(受信時)で提供します。システムの消費電力を最適化するため、ADF7023-Jには、無線制御やパケット・マネジメントなどのRF機能をサポートする、超低消費電力のカスタム8ビット・プロセッサを搭載しました。この8ビット・プロセッサはプログラムRAMメモリにダウンローダブルファームウェア・モジュールを読みこむことで、システムパッチの実行や、エラー訂正や暗号化、イメージ除去キャリブレーションといった機能モジュールの追加ができます。これにより、設計者は信頼性の高いシステムを柔軟に設計できるようになります。また、ADF7023-Jは、自律パケット・モードやバイパス・モードでも用いることができます。

これらの機能は、電力会社が電力を供給する際のエネルギーやコストの低減だけでなく、高い信頼性の元で、電力消費量や時間、価格を測定する必要があるスマートグリッド・システムのようなアプリケーション向けには、特に重要です。RFトランシーバは、この測定データをノイズの多い環境の中でも安全かつ、高精度に伝送し、その情報を保管し、ワイヤレス・ネットワークで電力会社やガス会社などのコンピュータと交信するのに必要です。最近の調査会社の報告によれば、世界のスマートグリッド市場は推定で、2010年の1兆3千億円から、2020年には5兆8千億円と、ほぼ5倍に成長すると予測されています。特に日本は最も急速に成長している地域の1つで、大量の風力や太陽発電が新たに送電網に加わると、どのようにして全国に安定した電力供給を行えるようにするかという課題に直面しています。

「ADF7023-J」902-958MHz周波数帯向けの完全な短距離RFトランシーバについて

ADF7023-J RFトランシーバは、日本の規格である950MHz帯のARIB STD-T96規格で動作するように設計された低消費電力のLow IFトランシーバです。ADF7023-Jは、ADIが海外のISMバンド向けに2009年に発表し、市場で実績のあるRFトランシーバ「ADF7023」をベースにした派生製品で、性能面で強化されたベースバンド機能を内蔵、送受信電流ともに低く、かつ2 FSK/GFSKで最高300kbpsという高いデータレートを提供するのが特長です。送受信電流がきわめて低いだけでなく、業界をリードするブロッキング性能と受信感度を提供します。動作電源範囲は1.8Vから3.6Vと広く、かつ送受信ともに低消費電力なので、バッテリの長寿命化に貢献します。さらに、ADF7023-J RFトランシーバは低位相雑音設計であるため、ARIB STD-T96の規格要求に対し優れた性能でこれを満たしつつ、余裕の送信パワーで無線機器を開発できるようになります。

価格、供給、および関連製品について

ADF7023-Jは現在サンプル出荷中で、量産開始は2011年4月末頃を予定しています。単価は1,000個受注時で2.62ドルです。(米国における販売価格)ADF7023-Jはアナログ・デバイセズのBlackfinRプロセッサや監視回路の「ADM6320」を含むパワーマネジメント製品、さらに「ADP120」、「ADP150」、および「ADP160」リニア・レギュレータと組み合わせてお使いいただけます。

アナログ・デバイセズ社リニアおよびRFグループ担当ヴァイス・プレジデント、ピーター・リアル(Peter Real)は次のように述べています。「スマートグリッド・ネットワークは、全世界中で需要が急速に拡大しています。RF技術はこれらのシステムの制御や監視のために、さまざまなシステムの中核的な役割を担います。ADIのADF7023-Jは、ARIB STD-T96という日本の規格向けに最適化された、完全な無線ソリューションです。日本のスマートグリッド市場でデータ転送を保証するのに必要不可欠な性能や高集積化、さらに低消費電力という特長を完備しています。ADF7023-Jは、フィールド実証済みのRF技術をベースとして開発されたため、信頼性が高く、設計リスクやシステム・コストの低減に貢献します」

全てのRFシグナル・チェーンをカバーするADIのRF IC製品群

ADIは、設計スキル、システムに対する理解、そしてプロセス技術をユニークに組合せて活用することで、業界をリードする高性能のRF機能ブロックから、高集積の多機能シングルチップRFソリューションまで、すべてのRFシグナル・チェーンをカバーする最も広範なRF IC製品群を提供しています。これらの製品は、RFシステムの開発を容易にする無償の設計ツール、評価ボード、およびその他の設計リソースによってサポートされています。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

※Blackfinはアナログ・デバイセズ社の登録商標です。ここに挙げた商標はすべてそれぞれの所有者の財産です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる