BLACKFIN®プロセッサをヤマハがNEOHDメディア・コントローラに採用

Blackfinプロセッサが、ネットワーク、USB、GUI機能を1つのプロセッサで提供し、低消費電力化を実現

東京 (2010年04月16日) -

アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、本日、音楽機器や家庭用AVシステムのグローバル・リーダーであるヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:梅村 充、以下、ヤマハ)が、同社の新しいneoHDメディア・コントローラ「YMC-500」および「YMC-700」にアナログ・デバイセズのBlackfin®プロセッサ「ADSP-BF533」を採用したことを発表します。ヤマハは、Blackfinプロセッサの卓越した性能、スタンバイ・モード時の低消費電力特性などの優れた特長と、ADIの提供するきめ細かいオンサイトの技術サポートにより、この新製品の設計目標を実現できることから今回の採用を決定しました。

ヤマハのneoHDメディア・コントローラは、ホーム・シアター・システムに接続されたあらゆる家庭用機器およびインターネット機器/ソースを完璧に制御できます。これにより、リモコン1台と画面上の直感的なメニューでホーム・シアターのすべての入力を簡単に操作できるだけでなく、複数のデバイスに保存されているコンテンツにも容易にアクセスできます。neoHDは、メディア・コントローラの背面にある3つのIR出力とリモコンで、テレビやブルーレイディスク、セットトップボックスなど最大6台のAV機器を制御できます。

Blackfinプロセッサ ADSP-BF533は、neoHDメディア・コントローラ・システムの中核となるデバイスとして、ネットワーク、USB、グラフィカル・ユーザ・インターフェース(GUI)機能のすべてを1つのプロセッサで提供します。16/32ビットBlackfinプロセッサの高性能コアは500MHz以上で動作し、高度な機能セットを備えた新しいタイプのメディア・コントローラの設計上の課題への対応を、その優れた演算処理能力でサポートしました。Blackfinプロセッサは、クラス最高レベルのDSP性能とマイクロコントローラ機能の両方を兼ね備えているため、シングルチップのメディア・ソリューションを実現できるだけでなく、ソフトウェアの拡張アップグレードによって常に最先端の技術を取り込むことができます。これらのBlackfinプロセッサ特有の特長により、ヤマハではBOMコストも低減することができました。

ヤマハの設計チームは、neoHDの設計に際してADIのVisualDSP++®ソフトウェア開発/デバッグ統合環境も使用しました。これにより、プロジェクトの最初から最後まで同一のインターフェースで効率的にプロジェクトを管理することができました。VisualDSP++には、ネイティブC/C++コンパイラ、高度なグラフ描画ツール、統計的プロファイリング、VisualDSP++カーネル(VDK)といった重要な機能が組み込まれています。また、ヤマハの設計チームは、ADIのエンジニアがその経験と知識を提供するオンサイト技術サポートによって、複雑なハードウェアとレイアウトの問題を解決しました。

機能の統合化によって今後求められるBlackfinの処理性能
アナログ・デバイセズの16/32ビットBlackfin組込みプロセッサは、デジタル信号処理と制御処理を一体化した統合アーキテクチャが求められるアプリケーションにおいて、インテリジェンス、機能性、接続性などの性能を向上させます。Blackfinプロセッサは、卓越した価格性能比とエネルギー効率の実現だけでなく、開発ツール、アプリケーション、そしてサード・パーティのサポートという優れたエコシステムによって、産業、医用、オートモーティブ、セキュリティ、デジタル・ホーム・エンターテインメント、携帯機器など広範な革新的アプリケーションに最適です。

ヤマハ株式会社について
ヤマハは1887年の創業以来、世界有数の総合楽器メーカーとして活躍するとともに、AV機器、半導体、情報機器などのさまざまな事業活動を展開しております。AV機器においては、長年培った建築音響、半導体技術、音響設計ノウハウをベースに、独自に開発したシネマDSP(デジタル・サウンドフィールド・プロセッシング)をフルに生かしたデジタルホームシアターシステムを提案しております。ヤマハは静岡県浜松市に本社を置き、ヤマハグループの販売、製造関連会社は102社に達します。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

BlackfinおよびVisualDSP++はアナログ・デバイセズ社の登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる