アナログ・デバイセズのデジタル・アイソレータを三菱自動車が新世代電気自動車「I-MIEV」に採用

アナログ・デバイセズのiCoupler®技術を使ったデジタル・アイソレータが、 三菱自動車i-MiEVの高電圧下での安全性や信頼性の向上に貢献
i-MiEV

東京 (2010年03月25日) -

アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI、以下ADI)は、本日、三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:益子 修、以下、三菱自動車)の新世代電気自動車で、初の100%電気自動車である「i-MiEV」の安全で信頼性が高く効率の良いリチウムイオン電池パワーシステムに、ADIのデジタル・アイソレータ「ADuM1402W」「ADuM1201W」が採用されたことを発表しました。三菱自動車は i-MiEVを、100%電気で走るため走行中のCO2排出がゼロで、160kmの走行距離があり*(国土交通省審査値)、自宅でも外出先でも充電できる充電システムを採用した究極の環境対応車と位置付けています。i-MiEV は「2009-2010 日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞 Most Advanced Technology」や、「2009 日本自動車殿堂 カーテクノロジーオブザイヤー」をはじめ国内外の数々の賞を受賞しており、2010年度から日本で個人向けに販売開始される予定です。

高電圧がかかるリチウムイオンバッテリシステム部とフロントパネル部の間に、絶縁バリアが必要となりますが、ここにADIのiCoupler®デジタル・アイソレータが採用されました。iCouplerとはチップスケール・トランスを用いたADI独自の絶縁技術で、一般的な絶縁ソリューションであるフォトカプラに比べて小型で、高速処理ができ、比較できる信号データレートでフォトカプラの10分の1という低消費電力であることが特長です。より長い走行距離を確保するため、個々の部材も消費電力をできるだけ低減し、かつ長寿命であることが求められましたが、iCouplerデジタル・アイソレータはそれらを満たす点が評価されました。パッケージは、小型のRoHS対応SOICです。

ADI オートモーティブ・グループのヴァイス・プレジデントであるトーマス・ヴェッセル(Thomas Wessel)は次のように述べています。「三菱自動車は電気自動車の設計においてリーダーシップを発揮し、革新的な試みを行っています。ADIのiCouplerデジタル・アイソレータをi-MiEVにご採用いただけたことは、大きな喜びです。ハイブリッド・カーや電気自動車のバッテリー技術の進化には、高いレベルの集積や、温度への耐性、外付けの信号処理を不要とするデジタル・インターフェースが求められますが、ADIのデジタル・アイソレーション技術はこれらの厳しい要求に応える製品です」

iCoupler技術について
3億チャンネル以上の採用実績がありその性能が実証されているADIのiCoupler技術は、フォトカプラのようにLEDやフォトダイオードをベースとしたものではなく、チップスケール・トランスを用いています。トランスは、LEDやフォトダイオードに比べて、高データ・レート、低消費電力、経年変化が少ない安定した性能を実現します。トランスは、ウェハレベル・プロセスを用いて、直接チップ上に形成され、複数のiCouplerチャンネル、または他の半導体機能を低コストで絶縁することができます。iCouplerトランスは、CMOSメタル層と金メタル層で構成された平面構造になっています。金メタル層の下にある絶縁破壊電圧の高いポリイミド層が、トランスの上部コイルと下部コイルを絶縁します。上部コイルと下部コイルに接続されたCMOS回路は、各トランスとその外部信号とのインターフェースを提供します。オートモーティブ対応製品は、AEC-Q100による125℃動作の認証を取得しています。ADIのiCouplerデジタル・アイソレーション技術の詳細情報については、iCouplerのページをご覧ください。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

*10・15モード-充電走行距離(国土交通省審査値)。満充電の状態から走行可能な距離。10・15モードは定められた試験条件での値で、ユーザーの使用状況(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて値は異なります。

iCouplerはアナログ・デバイセズ社の登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる