製造工程の戦略的アップグレードを完了

米国とアイルランドのファブにおけるアップグレードを予定前倒しで終了
十分な在庫と生産能力の増強により顧客に短納期のデリバリーを保証

東京 (2009年12月18日) -

アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、同社独自のアナログ、ミックスドシグナル、およびMEMS製品の製造プロセス技術に関するコスト低減とウェハ製造効率の向上を目的としたオペレーションのアップグレードを成功裏に終了しました。米国マサチューセッツ州ウィルミントンの施設は2009年11月1日に、アイルランドのリムリックの施設は2009年初めにアップグレードを完了しました。このアップグレードは、先にADIが発表した中長期計画の一部で、顧客が、コスト効率が良くフレキシブルなグローバル製造インフラストラクチャの恩恵を受けられることを保証するための取り組みです。

ウィルミントンの施設はRF製品、リニア製品、その他のアナログ製品に加え、MEMS製品の生産も行います。リムリックの施設は全生産を大容量の8インチ・ウェハ・ファブに移行しました。その結果、生産能力が増大し、稼働効率も改善され、独自のMEMSやCMOS、BiCMOS、バイポーラ、SiGeプロセスなどの高性能アナログ・プロセス技術を用いたADIの生産能力が強化されました。

ADIの製造戦略においては、自社と外部双方の生産設備を活用することで、一貫した短納期を維持しつつ、市場要求の変動に対応できるフレキシビリティのあるサプライ・チェーンを構築しています。高性能アナログ技術の革新には、単に回路設計面での技術革新だけでなく、独自のアナログおよびミックスドシグナルのプロセス技術、パッケージング技術、そしてテストにおける進歩が必要です。さらにADIは、ディープ・サブミクロン・プロセス技術と最大300mm(12インチ)のウェハ製造を使用している外部のファウンドリとの戦略的な提携も長年行っています。

完成品およびダイバンクによる在庫確保により、ADI製品の98%は代理店経由を含め4週間から8週間のリードタイムで納品できます。

アナログ・デバイセズ社 コア・プロダクツ&テクノロジー(CPT)グループのヴァイス・プレジデント、ロビー・マッカダム(Robbie McAdam)は次のように述べています。「当社は、このたびの製造設備のアップグレードにより、国内外の製造施設間のバランスをとりながら、一貫した短納期と十分な供給能力を維持できるようになりました。スケジュールの前倒しが実現したことで、当社は、全世界の顧客が、サプライ・チェーンの中断というリスクに直面することなく、増加する需要に対応していくのを支援するための要員、製造装置、およびクリーンルームのキャパシティを確保することができました。チャレンジングであった今年1年を通じて、この重要なアップグレードの円滑な遂行に取り組み、成し遂げてくれた製造および企画部門の担当チームに、感謝しています。ADIは、製造とカスタマ・サービスでの卓越性の追及は、革新的な製品設計と同様に重要ととらえています。高性能アナログ設計は、革新的なプロセス技術、パッケージング、テスト、そして世界でもトップクラスのオンタイムの供給体制と同調して進んでいくからです」

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる