ARCTURUS NETWORKSと協業し、BLACKFINプロセッサ・ベースのIP対応メディア開発キットと組込み用モジュールを発売

産業用機器、ヘルスケア、ビル安全管理、運輸やポイント・オブ・サービス向けSIP/VoIPベースのアプリケーションの開発時間を短縮し、リスクを低減

東京 (2009年09月17日) -

アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)とArcturus Networks Inc.(以下、アークツーリス社)は、本日、IPネットワーク上でのマルチメディア通信を実現するセッション初期化プロトコル(SIP)の普及を受けて、マルチチャンネル音声機能、ミニPBXやIPビデオ機能を特長とする組込みメディア機器の開発時間を短縮する「uCBF54x」スタート・キット(「ADSP-3PARCBF548E02」)とシステム・モジュール(「ADSP-3PARCBF548M01」)を発売しました。uCBF54xをベースとしたSIP対応の双方向音声通信やビデオ通信は、出入者管理やパブリック・アドレスといったビルや産業用安全システム、公共交通機関の乗客支援アプリケーション、ヘルスケア監視、ファストフード店における集中注文処理に用いられるポイント・オブ・サービス(POS)をはじめとした業務用や産業用アプリケーションに活用できます。

ADIのBlackfin®プロセッサと、アークツーリス社の音声、メディア、管理ソフトウェアやそのサポートをベースにしたuCBF54xソリューションには、実装例をセットした開発キット(スタート・キット)の一部としての形式と、最終製品へ直接組込むのに適したシステム・オン・ア・モジュール(システム・モジュール)形式の2つのタイプがあります。uCBF54xスタート・キットとシステム・モジュールは、ADIの正規販売代理店のDigi-Key(以下、デジキー社)より提供します。デジキー社は、アークツーリス社のキットとモジュールの詳細を記載したプロダクト・トレーニング用のモジュールも提供します。

uCBF54xスタート・キットとシステム・モジュールは、最高6チャンネルまでのオーディオに対応できる533MHzの高性能Blackfinプロセッサ「ADSP-BF548」を用いた小型の組込みプロセッサ・モジュールをベースにしています。このシステムレベルのソリューションには、メモリ、コーデック(ADIの低消費電力オーディオ・コーデック「SSM2603」)、トランシーバ(送受信回路)、ネットワーク・コントローラなどのすべてのサブシステム部品が集積されているので、最小限の外部回路を追加するだけで、ほとんどのアプリケーションの開発が可能になります。ソフトウェアは、オープン・ソースのuClinux™ BSP(ボード・サポート・パッケージ)と、完全なSIPとRTPスタックを備えたアークツーリス社の音声およびマネジメント・ミドルウェアで構成されています。ホスト・ボードはスタート・キットの一部として提供され、ハードウェアおよびソフトウェア開発のリファレンスとして利用できます。

ベンダーによりその性能が実証されているハードウェア、オープン・ソースのソフトウェアとミドルウェアの組み合せにより、技術者はソフトウェアのカスタマイズ、統合、制御を柔軟に行うことができるだけでなく、アークツーリス社によるシステム統合のサポートを受けることが可能です。

アークツーリス社のプロダクト・マネージャ、David Steele氏は次のように述べています。「アナログ・デバイセズとの連携により、uCBF54xを開発できたことで、当社はマルチチャンネル組込み音声アプリケーション向けのきわめてコスト効率の優れたソリューションを提供できるようになりました。Blackfinによって、アークツーリス社が実現できた優れた性能はさらに強固なものとなり、この製品はミニPBXサーバやビデオ機器といった組込みメディア・システムのあらゆる領域のアプリケーションを完備した、非常に強力なプラットフォームを提供します。こうした包括的な機能は、業務用および産業用アプリケーション向けの新たなレベルでの機能統合に向けた当社の取り組みを推進してくれると確信しています。」

アナログ・デバイセズ社 汎用DSP事業部チャンネル・マーケティング・ディレクタ、ステファン・ダリー(Stephen Daly)は次のように述べています。「老朽化するアナログ・システムを置き換え、より質の高い通信機能を実現するために、デジタル音声機器は複数のオーディオ・チャンネルへの対応だけでなく、アプリケーションによっては、ビデオへの対応も必要となります。このような組込みメディア・アプリケーションはまさにBlackfinがその性能を最も発揮できる分野です。Blackfinは、デジタル信号処理とマイクロコントローラ機能をシングル・プロセッサに統合し、さらに、制御、ネットワーク、マルチメディアや信号処理のタスク間のフレキシブルなパーティショニングも可能にしています」

価格、オプション、リソースについて
uCBF54xスタート・キット ADSP-3PARCBF548E02の単価は615ドルで、システム・モジュール ADSP-3PARCBF548M01の単価は、1,000個受注時で、130ドルです(米国における販売価格)。2009年後半には、ビデオのVGA変換用および4ポート・ギガビット・イーサネット(GbE)用ドータ・カードを特長とする、拡張パックを提供する予定です。Blackfin プロセッサ「ADSP-BF542」をベースにしたuCBF54xスタート・キットおよびシステム・モジュールの発売は2010年前半の予定です。

詳細情報については、下記ウェブサイトをご覧ください。

ADIのuCBF54xスタート・キットおよびシステム・ジュール:
http://www.analog.com/jp/uCBF54x_start_kit

アークツーリス社のuCBF54x:
http://www.arcturusnetworks.com/products/uCBF54x/

アークツーリス社によるビデオ・デモ:
http://www.youtube.com/watch?v=J8-A-pVDvBc

アークツーリス(Arcturus Networks)社について
Arcturus Networks Inc.は、通信および産業用アプリケーション向け組込みソリューションの市場リーダーです。アークツーリス社はuClinuxのパイオニアとして、世界で数々の製品の革新に貢献し、組み込みLinuxソリューションが事実上の世界標準となるのに大きな貢献を果たしてきました。2002年以来、アークツーリス社は製品開発者向けにすぐに製品に組み込むことができるハードウェア・モジュール、対応するオープンソースOSパッケージやミドルウェア・ソリューションなどの一連の技術開発に注力をしてきました。アークツーリス社のミドルウェアは、機器の管理やメディア向けの総合的なサブシステムを提供することで、製品開発の簡素化を実現します。アークツーリス社のミドルウェアは、主要インフラストラクチャ・ベンダーによって相互運用性が認証されています。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

Blackfinはアナログ・デバイセズ社の登録商標です。ここに挙げたその他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる