アナログ・デバイセズ、業界最高速レベル、1NV/√HZ(低ノイズ)、低消費電力のレールTOレール・出力アンプ4製品を発表

  • 電力計測機器やヘルスケア機器向けに設計
  • レールtoレール・出力アンプ:
    「ADA4896-2」(デュアル)、「ADA4897-1」(シングル)、「ADA4897-2」(デュアル)
    「ADA4895-2」(デュアル・非補償)
20110929_ADA4895

東京 (2011年09月29日) - アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、本日、高速で低ノイズ、かつ低消費電力という最高レベルの性能を組み合わせた、高速アンプ・シリーズを発表しました。今回発表した低ノイズ高速アンプ、「ADA4896-2」(デュアル)、「ADA4897-1」(シングル)、および「ADA4897-2」(デュアル)は、携帯型のマルチチャンネル低消費電力計測機器やヘルスケア機器向けに設計されています。現在、市場にある消費電流が10mA以下のレールtoレール・アンプの中でも、最高レベルの大信号帯域幅とスルーレート、そして最高水準の低ノイズという優れた性能を実現しています。また、いずれのアンプも1nV/√Hzの低ノイズと120V/μsというスルーレートのみならず、わずか3mAという電源電流消費も特長です。さらに1/fノイズは2.4nV/√Hz(@10Hz)という低さになっています。

またADIは、この高速アンプ・シリーズとあわせ、デュアル非補償高速アンプ「ADA4895-2」も発表しました。これはゲイン+10以上において1.5GHzのゲイン帯域幅積が得られ、高速でかつ高ゲインのプリアンプとして最適です。

これらの新しいレールtoレール・出力アンプは拡張工業用温度範囲-40˚Cから+125˚Cで動作し、電源電圧範囲は3Vから10Vとなっています。ADA4895-2およびADA4897-1/-2には出力ディスエーブル機能が搭載されています。

レールtoレール・アンプの特長について

  • 低ワイドバンド・ノイズ:1 nV/√Hz
  • 低1/fノイズ:2.4 nV/√Hz @ 10Hz
  • 低歪:−115dBc @ 100 kHz、Vo=2Vp-p
  • 低消費電力:<3mA
  • 高速
    ADA4896-2、ADA4897-1、ADA4897-2
    • 230MHzの小信号帯域幅
    •  
    • 35MHzの大信号帯域幅
    •  
    • 120V/μsのスルーレート

    ADA4895-2(非補償)
    • 1.5GHzのゲイン帯域幅積(ゲイン ≥+10)
    • 500V/μsのスルーレート

供給、価格、および関連製品について

下記表中の価格は、米国での参考価格です。

製品 特長 供給 1,000個受注時の単価 パッケージ
ADA4897-1 シングル,ディスエーブル 量産出荷中 1.89ドル 8ピン SOIC
6ピン SOT
ADA4897-2 デュアル,ディスエーブル サンプル出荷中 3.20ドル 10ピン MSOP
ADA4896-2 デュアル 量産出荷中 3.20ドル 8ピン LFCSP
8ピン MSOP
ADA4895-2 デュアル, ディスエーブル (ゲイン ≥+10) Samples Now 3.20ドル 10ピン MSOP
これらのアンプには関連製品として、18ビットA/Dコンバータ「AD7982」およびオクタル(8チャンネル)超音波レシーバ「AD9279」があります。

【詳細情報】
ADIの計測機器向け製品について
ADIのヘルスケア・アプリケーション向け製品について
ADIの高速低ノイズ・アンプについて

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる