はじめに

今年のアナログ技術セミナーは、「センサーソリューションを支えるコア技術と新技術」をテーマとし、IoTソリューションの構築に欠かせないセンシング技術や計測技術、コネクト技術について取り上げます。

 

東京会場 9月28日(木) ・ 29日(金)   大阪会場 10月3日(火)
UDXギャラリーNEXT 梅田センタービル
(クリスタルホール)

 

今年のセミナーのポイント
1. システムを含めたセッションを多数ご用意
センサー、アナログ信号処理に関するものから、故障予知の導入やスマート農業での気温測定の実際、レーダーセンサーの応用技術や社会インフラ分野におけるセンシング技術などのセッションをご用意しています。
2. センサーソリューションを支える技術に関するデモをご用意
セッションで取り上げているセンシング技術の応用デモを多数ご紹介いたします。セッションで知識を得るだけでなく、具体的な解決策をデモ展示会場で見つけてください。

 

 

9月28日(木)
東京会場
受講申し込み
9月29日(金)
東京会場
受講申し込み
10月3日(火)
大阪会場
受講申し込み

 

セミナープログラム、デモ展示にて使用されているアイコン

Sense

センシング Measure 計測 Interpret 信号処理 Connect 通信 Analyze 分析、予測、学習 Act_and_Optimize 実行と最適化

セミナープログラム



Room A
Room B

9:30
|
10:30
  アナログ・システムの測定精度の考え方
±1%の壁、±0.1%の壁
  レーダーセンサー技術が切り拓く、
新たなセンシングワールド
Measure Interpret Act_and_Optimize アナログ・デバイセズ(株)
藤森 弘己
  Sense Measure Interpret サクラテック(株)
酒井 文則 氏

  10:30 - 10:40       【休憩】

10:40
|
11:40
  低レベル電気量の計測限界への挑戦(前編)   IoTの事始め:
センサーノードでの温度計測の実際
Sense Measure アナログ・デバイセズ(株)
石井 聡
  Sense Measure Act_and_Optimize アナログ・デバイセズ(株)
祖父江 達也


  11:40 - 12:40


【休憩(昼食) / デモ展示】
軽食とお飲み物をご用意いたします
  11:40 - 11:50       【休憩】

11:50
|
12:35
ランチセッション  (軽食とお飲み物をご用意いたします)
半導体アプリケーションエンジニアによる
IoTビジネスの課題の掘り下げ
Sense Measure Connect アナログ・デバイセズ(株)
柿沼 淳


12:35 - 12:40       【休憩】

12:40
|
13:40
  低レベル電気量の計測限界への挑戦(後編)   ラインダウンを未然に防ぐ、
加速度センサーの活用
Sense Measure アナログ・デバイセズ(株)
石井 聡
  Sense Interpret Connect アナログ・デバイセズ(株)
小林 純一

  13:40 - 13:50       【休憩】

13:50
|
14:50
  故障予知における
パワーシステムマネージメントの役割
  インフラモニタリングの実践と課題
Sense Measure Analyze アナログ・デバイセズ(株)
色川 健美 (東京会場)
古川 敦彦 (大阪会場)
  Sense Measure Interpret
(株)TTES
菅沼 久忠 氏

  14:50 - 15:20
 【休憩 / デモ展示】

15:20
|
16:20
  役立つフィルタ設計法   AIを応用したエッジコンピューティングを
起点とするIoTシステム開発
Sense Measure Interpret Connect (有)レムフクラフト
浜田 智 氏
  Sense Measure Interpret Analyze MathWorks Japan
柴田 克久 氏

  16:20 - 16:30      【休憩】

16:30
|
17:30
  アナログ回路の落とし穴、グランディングとレイアウト、そしてクロック   センサー to クラウドをカバーする
センシング・ソリューション紹介
Sense Measure Interpret アナログ・デバイセズ(株)
笹岡 宏
  Sense Measure Interpret 通信 アナログ・デバイセズ(株)
高松 創

デモ展示

各デモの内容・詳細は、タイトルをクリックしてご覧ください。

1.コンディション・モニタリングで注目される加速度センサーの性能比較
2.温度センサーを用いた「気温」測定の実際
3.IoT実証実験とパートナー企業様の紹介
4.PoE(Power over Ethernet)の採用事例
「高画質リモートカメラシステム参考展示(協力:パナソニック様)」
 センシング 計測 信号処理 通信 分析、予測、学習 実行と最適化
 アナログ・デバイセズ(株)
1. 超小型・薄型の絆創膏型ウェアラブル生体センサー
2. 小型・低消費電力 動画分析カメラADIS17001のご紹介
 センシング 計測 信号処理 分析、予測、学習
 ダイトロン(株)
~振動センシングによる見える化と故障予測~ 
<振動センシングデータをクラウド上にてAI分析>
 センシング 計測 信号処理 通信 分析、予測、学習 実行と最適化
 東京エレクトロン デバイス(株)
センサーと無線による認証システムと
ヘルスケア・モニタリングのインテリジェント・ソリューション
 センシング 計測 通信
 富士エレクトロニクス(株)
インテリジェントな新BOMツールFORTE 
優れた機能であなたの部品表を自在に活用
 分析、予測、学習
 Mouser Japan GK
1. センシングに寄り添う技術~温度変動に強いゼロドリフト・アンプ実演~
2. 止まらない工場をアナログで実現!~アナログセンサー活用事例~
3. 超低消費電力で実現する、物流における荷物の衝撃検知ロギング
 センシング 計測 分析、予測、学習
(株)マクニカ テクスターカンパニー / (株)エルセナ
24GHzレーダー検出と画像検出の融合デモ“miRadar 8”
 センシング 計測
 サクラテック(株)
パネルdeボードで実現した超低レベル電気量の見える化!  計測
 (株)ピーバンドットコム
MATLAB®/Simulink®による IoTシステムの構築とスマート化  センシング 信号処理 分析、予測、学習
 MathWorks Japan

開催概要


対象者
  • 基礎からアナログ回路を学びたい方
  • ミックスド・シグナル回路に関わるエンジニア
  • 信号処理技術に関わるハードウェア/ソフトウェアエンジニア
  • IoT(センサーtoクラウド)システム構築に関わる方
※半導体メーカー、ならびにその販社の方の受講はお断り申し上げます。
受講料
無料(テキスト、お昼の軽食をご用意します)
※ お申し込み時のアンケートに全問ご回答いただく必要があります。
会場 / 会期 / 時間
東京 : UDXギャラリーNEXT 9月28日(木)
9月29日(金)
9:30~17:30
大阪 : 梅田センタービル クリスタルホール 10月3日(火)
講師 サクラテック株式会社 酒井 文則 氏
株式会社TTES 菅沼 久忠 氏
MathWorks Japan 柴田 克久 氏
有限会社レムフクラフト 浜田 智 氏
アナログ・デバイセズ(株)
      石井 聡 / 色川 健美 / 柿沼 淳 / 小林 純一 / 笹岡 宏 / 祖父江 達也 / 高松 創 /
      藤森 弘己 / 古川 敦彦
主催 アナログ・デバイセズ株式会社
協賛

アナログ・デバイセズ 正規販売代理店 (順不同、2017年7月時点の情報です)

  • 株式会社エルセナ
  • 東京エレクトロン デバイス株式会社
  • 富士エレクトロニクス株式会社
  • 株式会社マクニカ テクスターカンパニー
  • ダイトロン株式会社
  • Mouser Japan GK
お申込期限 2017年8月31日(木)
※ただし、定員になり次第、締め切らせていただきます。
お申し込みいただいている途中で定員になりました場合は、お断りさせていただくことがございます。

注意事項

以下の事項をご確認の上、お申し込みください。

  • 都合により、プログラムまたはデモの一部が予告なく変更になる場合があります。
  • 本セミナーは無料ですが、お申し込み時のアンケートに全問ご回答いただくことが受講の条件となります。
  • 定員になり次第、応募を締め切らせていただきます。セッションごとに定員を設定しています。
  • 同じ時間帯に複数のセッションを同時に受講することはできません。
  • 半導体メーカー、ならびにその販社の方の受講は、お断り申し上げます。
  • 同一企業より複数名のお申し込みをいただいた場合には、個別に人数調整を行わせていただく場合がございます。
  • 同一メールアドレスでの複数名のお申し込みは、システム上取り消される場合がございます。個別のメールアドレスでお申し込みください。
  • お預かりしたお客様の個人情報は、アナログ・デバイセズの規定に則り、アナログ・デバイセズと、アナログ・デバイセズの正規販売代理店、それらの委託企業が厳正な管理の下で保管します。 その情報は、セミナーの受講者リスト作成のほか、アナログ・デバイセズと、アナログ・デバイセズの正規販売代理店のセールス/マーケティング活動に利用させて頂きます。
  • 個人情報保護方針については、アナログ・デバイセズの個人情報保護方針をご覧ください。

リーフレットダウンロード


AnalogTechSeminar2017

セッションプログラム、デモ展示の情報が記載されたリーフレットPDF
ダウンロードいただけます。

 

お問い合わせ



 アナログ技術セミナー2017 事務局

   Mail:  analogdevices@jp-seminar.com
   Tel:  03-5774-7012  受付時間 10:00~17:00(12:00~13:00、土日祝日除く )