高速A/Dコンバータ ( ADC ) の評価用ボード / ソフトウェア / ビヘイビア・モデル

高速A/Dコンバータ ( ADC ) の評価用ボード / ソフトウェア / ビヘイビア・モデル

ADIsimADC™ は、アナログ・デバイセズのアナログ/デジタル挙動モデルであり、多くの高速コンバータの代表的な性能特性を正確にモデル化します。このモデルは、静的機能と動的機能の両方に伴う誤差(AC直線性、クロック・ジッタ、その他さまざまな製品固有の偏差など)を忠実に再現します。More

ADIsimADC™を使用するには、3つの方法があります。簡単な製品選択の場合は、Webベースのアプリケーションを使用して、ADCの性能をオンラインで解析できます。このツールはダウンロード不要で利用でき、特定の性能をグラフで表すことが可能です。ADC Analyzer™は、挙動モデルを実行し、評価用ボードを構成するためのツールであり、ダウンロードによって入手できます。VisualAnalog™はADC Analyzerのコンセプトをさらに発展させたものであり、設計者は入力信号とデータ解析をカスタマイズできます。入力信号は、サイン波、ノイズ源、ベクトル・データで構成でき、ADCが実際の状況でどのように動作するかを確認できます。Less

ツール・カテゴリー

高速ADC モデル

オンラインADC解析

Online ADC Analysis簡単な製品選択の場合は、Webベースの単純なアプリケーションを使用します。これは、ADIsimADC™がサポートするデバイスの製品ページからアクセスできます。このツールはダウンロード不要で利用でき、テスト条件を制御したり、設計固有の性能をグラフ化したりできます。結果はグラフで表示されるため、ある要素のアプリケーション上での挙動の不確実性を最小限に抑えることができます。このツールは目標の動作条件や必要な性能レベルを入力することも可能で、用途に適したデバイスを推奨します。

  • 最新オンライン製品選択ツール
  • 入力振幅と入力周波数の変更
  • シングルトーンまたはツートーンのFFT解析
  • 振幅と周波数のスイープ
  • 信号処理要件を満たすADCリストを作成
日本語のADIsimADC使用説明はこちらをご覧ください。
オンライン
ADCコンバータ解析
VisualAnalog™

VisualAnalog™VisualAnalog™は、高速ADCの選択や評価を行う設計者向けに、強力なシミュレーション/データ解析ツール・セットとユーザ・フレンドリなグラフィカル・インターフェースを組み合わせたソフトウェア・パッケージです。 多くの設計者が使い慣れているADCAnalyzerは、さまざまな入力周波数とサンプル・レートを用いてADC性能をモデル化するツールです。VisualAnalogはADCAnalyzerのコンセプトをさらに発展させたものであり、設計者は入力信号とデータ解析をカスタマイズできます。入力信号は、サイン波、ノイズ源、ベクトル・データで構成でき、ADCが実際の状況でどのように動作するのかを確認できます。データ解析機能は、ADCAnalyzerツールにある基本FFTを拡張したものです。計算をカスタマイズすることが可能であるため、設計者は隣接チャンネル漏洩電力比(ACPR)を予測でき、またシミュレートしたADC出力や評価用ボードから収集したデータの上にI/Q配置のグラフを表示できます。 VisualAnalog™は、新しいデータ・キャプチャ・ボードのコントローラとしても使用されます(HSC-ADC-EVALCZ)。

  • HSC-ADC-EVALC または HSC-ADC-EVALBのデータ・キャプチャ・キットを用いてADC評価用ボードを構成
  • HSC-ADC-EVALCからデータを解析
  • 複合入力波形を用いてADC性能をモデル化
  • IとQの配置をグラフ化
  • カスタマイズされた電力計算を構築
    • - NPR
    • - ACPRL
  • VidualAnalogの特長や利点、またどのように評価用ボードに接続するかを説明した3種類のビデオ(英語)をご参照ください。
VisualAnalog™
をダウンロード

AN-905 VisualAnalog™コンバータ評価用ツールVer 1.0ユーザ・マニュアル (pdf)

SPI コントロ-ラ

SPIController
高速ADC SPIプログラムにより、SPI機能を備えた高速ADコンバータ(ADC)の拡張機能を制御できるようになります。機能の一覧は各製品のデータシート、および High Speed ADCs via SPI® (英語:pdf)をご覧ください。

SPIControllerの自動アップデートをするには、FTPサイトのfile/downloadファイルをクリックしてください。

  • SPI を使った高速 ADC へのインターフェース (pdf)
  • このプログラムでは、Microsoft .NET Framework3.5が必要となります。インストールされていない場合は、対象マシンにインストールしてください。
  • 最終用途のCソース・コードを生成
  • PIC12F629用のアセンブリ・コードを生成
  • USBポートの標準インターフェースを使用
  • HSC-ADC-EVALBとHSC-ADC-EVALCのデータ収集キットを用いて作業
SPIコントローラをダウンロード
(.exe)

その他のリソース

アプリケーション・ノート
Circuits from the Lab / 実用回路集
ミニ・チュートリアル
セミナー
その他の資料
ウェブキャスト

サードパーティ製ツール

デバイスの選択が完了したら、以下に挙げたツールの1つを使用してシステム・レベルのシミュレーションを実行します。プロセス全体にわたって同じモデル・ファイルが使用されるため、ウェブ・アプリケーションからサードパーティのシミュレーションまで一貫した結果が得られ、また部品の選択から最終的な設計の検証に至るまでシームレスな開発の流れが得られます。この他のサードパーティ製ツールは現在開発中であり、今後利用できる予定です。

    • Agilent Technologies
    • アジレント・テクノロジー

      アナログ・デバイセズの高速ADCモデルは、アジレント・テクノロジー社のADS(Advanced Design System)と互換性があります。アジレント社のADSは、第4世代(4G)のシステム、WiMAX、および各種RFソリューションを含むすべてのワイヤレス・システムに対して完全な標準準拠の評価を提供します。このシステムにより、高コストの仕様変更や設計変更の手順が不要となります。ADSの詳細については、アジレントの担当窓口にお問い合わせください。

    • Applied Wave Research
    • アプライド・ウェーブ・リサーチ

      アプライド・ウェーブ・リサーチ社(AWR)が提供するVisual System Simulator (VSS)

    • National Instruments
    • ナショナルインスツルメンツ

      ADIsimADCは、ナショナルインスツルメンツ(NI)のSignalExpress対話式計測ソフトウェアにプラグインされます。NIのSignalExpressとともにADIsimADCを使用することにより、カスタム入力をモデルに適用でき、またアナログ・デバイセズのさまざまなADC製品に対して対話式のシグナル・チェーン解析を行うことができます。また、コンポーネントのシグナル・チェーンのシミュレーションから物理的な評価への移行をシームレスに行うことができ、シミュレーション結果と比較して実際の性能を検証できます。NI SignalExpressのADIsimADCプラグイン手順の詳細については、ナショナルインスツルメンツ社にお問い合わせください。

    • Agilent Technologies
    • マスワークス

      PCプラットフォーム上のMatlabでADIsimADCを使用できます。取扱説明書と適切なデバイス・ドライバのファイルをダウンロードしてください。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる