プレス・リリース

Contact John Hamburger
Contact Doug Dickinson

低電圧光学システム向け小型µModule昇圧レギュレータ「LTM4661」を発表

~小型かつ薄型のパッケージ、広い入出力電圧範囲で動作~

2018年04月09日 - 東京
  • LTM4661

    アナログ・デバイセズ社(NASDAQADIは本日6.25mm × 6.25mm × 2.42mmBGAパッケージに収容された低消費電力の昇圧µModule® レギュレータ「LTM4661の販売を開始しました。コンデンサ数個と抵抗1本のみで回路設計が可能で、さらにソリューションの実装面積は片面PCBでは1cm²未満、両面PCBでは0.5 cm²未満です。LTM4661は、スイッチングDC/DCコントローラ、MOSFET、インダクタ、および周辺部品を内蔵しています。LTM46611.8V5.5Vの入力電源電圧で起動・動作し、起動後は最小0.7Vの入力電圧まで動作し続けます。出力電圧は、1本の抵抗により2.5V15Vの範囲に設定できます。小型で薄型のパッケージと広い入出力電圧範囲を兼ね備えているので、光学モジュール、バッテリ駆動機器、バッテリ・ベースのバックアップ・システム、パワー・アンプやレーザー・ダイオードのバイアス電圧、小型DCモーターなど、広範囲のアプリケーションに最適です。


    ■LTM4661の特長

    • 実装面積が1cm²(片面PCB)または0.5cm²(両面PCB)以内で完結する電源ソリューション

    • 起動時入力電圧範囲:1.8V5.5V、起動後は最小0.7V

    • 出力電圧範囲:2.5V15V

    • DC出力電流:最大4A

    • 負荷、入力、温度の全範囲での全DC出力電圧レギュレーション:最大±3%

    • シャットダウン時の出力切り離し

    • 突入電流の制限

    • 外部周波数同期

    • 選択可能なBurst Mode®(バーストモード)動作

    • 出力過電圧保護と過熱保護

    • 6.25mm × 6.25mm × 2.42mmの超薄型BGAパッケージ


    LTM4661は、3.3V入力、5V出力の条件では4Aを連続して供給可能であり、3.3V入力、12V出力の条件では0.7Aを連続して供給可能です。LTM4661は同期整流方式を採用しており、変換効率は92%に達します(3.3V入力、5V出力)。内部スイッチング周波数は1MHzで、500kHz1.5MHzの範囲の外部クロックに同期させることもできます。LTM46611MHzのスイッチング周波数とデュアル・フェーズ・シングル出力アーキテクチャにより、入力変動および負荷変動に対する高速トランジェント応答が可能であり、出力リップル電圧を大幅に低減できます。LTM4661には、Burst Mode® (バーストモード)動作、強制連続モード、外部同期モードの3種類の動作モードがあります。Burst Mode動作での自己消費電流はわずか25µAなので、バッテリの動作時間を長くすることができます。ノイズを最小限に抑える必要があるアプリケーションでは、強制連続モードまたは外部同期モードにより、発生し得るスイッチング・ノイズの干渉を最小限に抑えます。

    LTM4661は、シャットダウン時の出力切断機能と、起動時の突入電流制限機能を内蔵しています。フォルト保護機能としては、短絡保護、過電圧保護、過熱保護を備えており、-40℃~125℃の動作温度範囲で動作します。


    価格と提供時期

    製品 量産出荷 1,000
    受注時の単価
    パッケージ
    LTM4661 製造中 6.98ドルから 6.25 x 6.25 x 2.42mm BGA


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • 本リリース中に記載されている全ての登録商標や商標は、それぞれの所有者の所有物です。
  • Editor's Contact Information
Stay Informed