signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

      詳細については、「個人情報保護とセキュリティに関する方針」をご覧ください。
      プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

      ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

      世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

      閉じる

      アセットを解釈するAIとの対話の準備はできていますか?


      CES 2021では、ADI OtoSense™のバイスプレジデントであるケビン・カーリン(Kevin Carlin)と、ADI Engineeringのディレクターであるセバスチャン・クリスチャン(Sebastien Christian)が基調講演を行いました。この講演ではマシン稼働時間の改善、ADI OtoSenseによるコンディション・モニタリング、および意味あるインサイト取得のためのセンシングデータ活用が取り上げられ、それぞれ下記の抜粋版ビデオで紹介されています。

      ビデオ一覧:

      インダストリー4.0がビジネスにもたらす課題:マシンの稼働時間を最大化する


      企業がどのようにしてAIを活用し、品質管理向上に伴う複雑な問題を解決できるかを、アナログ・デバイセズのケビン・カーリンとセバスチャン・クリスチャンが検証します。

      ADI OtoSenseは人とマシンとのコミュニケーションに存在するギャップを解消します。ADI OtoSenseプラットフォーム活用を通じて得られる価値と良き影響について、ケビン・カーリンとセバスチャン・クリスチャンがさらに踏み込んだインサイトを提供します。ADI OtoSenseの紹介ページを参照してください。

      ADI OtoSense

      信号のセンシングから意味あるインサイトへ


      アナログ・デバイセズのこの分野の専門家らが、センシングデータの自動分析に伴う複雑な問題、およびADI OtoSenseがこの作業をどのように合理化できるかを事例を通じて説明します。