SIGNALS+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

プライバシー設定 個人情報保護とセキュリティに関する方針 その代理店

ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

閉じる

ネットワーク・ディスアグリゲーション(ハードウェアとソフトウェアの分離):それに伴う混乱、機会、およびOpen-RANへの期待


最新世代のワイヤレス・ネットワークが具体化し、5Gによる影響が明らかになってきていますが、このことはネットワーク全体に極めて大きな、また広い範囲にわたる変化を引き起こします。ハードウェアとソフトウェアの分離がこのシフトを進める原動力となっており、O-RANによってエコシステムの様相が変化し、それに参加するにあたっての障壁が引き下げられ、また新しいテクノロジーと、インフラストラクチャへの新しいオープンなアプローチが生み出されています。

最近になりADIの経営陣は、Facebook Connectivity、Vodafone、およびMarvellを含む5Gエコシステムの最大手企業のいくつかと共に、ネットワーク・ディスアグリゲーションに伴う変化と、それによって業界には今後どのような機会が生まれるかを検証しました。

参加者は以下のとおりです:

  • ジョー・バリー(Joe Barry):アナログ・デバイセズ、ワイヤレス通信担当VP
  • グレッグ・ヘンダーソン(Greg Henderson):アナログ・デバイセズ、オートモーティブ、通信、 航空宇宙&防衛担当シニアVP
  • パコ・マーチン( Paco Martin):Vodafone、ネットワーク・プランニング担当責任者
  • ジェイディープ・ラナーデ(Jaydeep Ranade):Facebook Connectivity、ワイヤレス・エンジニアリング担当ディレクター
  • ラジ・シン(Raj Singh):Marvell、プロセッサ事業部担当エグゼクティブVP
  • モデレータ:キャロライン・ガブリエル(Caroline Gabriel):Rethink Technology Research、共同創立者兼リサーチ・ディレクター
Network Disaggregation Panelist Logos

ネットワーク・ディスアグリゲーションがもたらす機会


パネリストらは、ネットワーク・ディスアグリゲーションがもたらす最大の課題に加え、それによって得られる、サプライチェーンの柔軟性と多様性、性能、パートナーからの貢献やパートナーとの共同による創造的活動、規模の経済効果、資本支出の削減、新たなサービスや収益源、投資機会、および技術的イノベーションなどをはじめとした可能性について協議しました。

備えるべき落とし穴


パネリストらは、関連企業が協力して克服しようとしている、機能等価性(feature parity)の欠落、エコシステムにおけるコーディネーション、および互換性試験など、大きな落とし穴と課題のいくつかについて検証しました。

オープン・ネットワーク実現に必要な、重要な次のステップ


パネリストらは、O-RAN実現に必要な、サポートと需要を示すこと、ネットワーク構築を通じた現状への挑戦、標準規格の構築、および共通性の推進を含む重要なステップについて協議しました。

ネットワーク・ディスアグリゲーションと5Gの未来:フル・ディスカッション(英語)


ADI、Facebook Connectivity、Vodafone、Marvell、およびRethink Technology Researchのトップ経営陣により、ネットワーク・ディスアグリゲーションと5Gの未来が詳細に検証されました。