signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

      詳細については、「個人情報保護とセキュリティに関する方針」をご覧ください。
      プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

      ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

      世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

      閉じる

      MOBILE WORLD CONGRESS:地球規模のサステナブルな接続性

      コネクティビティはもはや贅沢なオプションではなく、人類の権利となっています。リモート・ワークやリモート学習、遠隔医療は新たな日常となり、コネクティビティは、このグローバル社会で生活する上で欠かせないものとなりました。5Gのコネクティビティとインテリジェンスを融合することで、ブロードバンドへのアクセスを持たない世界の29億人の人々にもコネクティビティを提供できるようになります。

      しかし、ユビキタスなコネクティビティを実現するには、エネルギーの消費や効率性から産業改革やコラボレーションまで、数多くの課題を解決しなければなりません。通信業界は、カーボン・フットプリントの削減に取り組んでいますが、5G(間もなく6G)の規模には膨大なエネルギーが求められるため、新たなソリューションが必要です。産業界では、2020年代の終わりにはコネクテッド・デバイスの数が1,500億になると見込んでいます。電力消費を削減し、カーボン・フットプリントを抑えるためには、複数のイノベーターが互いに緊密に連携することが必要不可欠です。

      参加者:

      • Andy McLean、アナログ・デバイセズ、通信およびクラウド担当バイス・プレジデント
      • Mike Robuck、Mobile World Live、米国編集者

      コネクティビティの更なる進化、エネルギー節約が人類のカーボン・フットプリント削減に貢献する方法、Open RANとコラボレーションの可能性についての詳細は、こちらをご覧ください。