signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

      詳細については、「個人情報保護とセキュリティに関する方針」をご覧ください。
      プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

      ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

      世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

      閉じる

      インテリジェント・エッジを活用し、ソフトウェア定義型車両の未来を加速

      ソフトウェア定義型車両は、これまで以上に安全性、没入性、カスタム性を高めており、毎秒数十から数百ギガビットもの膨大なデータを生成、分析し、運転者と同乗者の双方に次世代のエクスペリエンスを実現します。

      カメラやセンサー、車載インフォテインメント、運転支援に加えて、自己診断や遠隔更新などの機能すべてに対応するのは、簡単な作業でありません。ワイヤレス・ネットワークを介して膨大な量のデータを転送することは現実的ではなく、ブレーキなど一瞬の遅れが致命的となる重要な決定に悪影響を及ぼす可能性があります。

      インテリジェント・エッジ処理は、データの一部を車内ですぐに分析、適用する手段を提供します。実現するには、高品質なセンサー機能、エッジ処理、スケーラブルで柔軟な技術プラットフォーム、センサー to クラウドの接続性、ゾーン・アーキテクチャなど、車内の電気システムのアーキテクチャを革新する必要があります。

      この前例のない規模のリアルタイム・コンピューティングとデータ転送を実現するために必要なことを見つけ出し、そのすべてを可能にする電気システムについて学んでいきましょう。

      参加者:

      • Geir Ostrem、アナログ・デバイセズ、オートモーティブ・キャビン・エクスペリエンス担当技術フェロー
      • Leonardo Lara、Stellantis、EEアーキテクチャ&HWエンジニアリング担当バイス・プレジデント
      • Prashant Tiwari、Volkswagen of America、ソフトウェア・プラットフォーム&エンジニアリング担当ディレクタ

      ソフトウェア定義型車両テクノロジーが搭乗者に及ぼす影響


      ソフトウェア定義型車両は、ソフトウェアのアップデートや新機能、遠隔診断を受信する車両と車両システムについて、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供する対象の運転手について、そしてソフトウェア定義型車両がますます多くの役割を担うであろうデジタル・エコシステムについて、常に学習しています。

      車両の知見の創出と活用における課題


      クラウド・サービスと連動した精巧なエッジ処理が、カメラやセンサー、レーダー、LIDARなどから生成された膨大なデータをより適切に処理し、高度なアプリケーションを車内で利用できる新たな機会をもたらします。

      自動車をモバイル・インテリジェンス・センターにするための協業


      ソフトウェア定義型車両には、車両全体にわたる様々なシステムの相互運用性に対応する、スケーラブルで柔軟なバックボーンとなるハードウェアと、長期間にわたって車両を最高の動作状態に保つソフトウェア・アップデートが必要です。

      スケーラブルでセキュアなソフトウェアの実装に向けた最先端のハードウェア・プラットフォーム


      柔軟で簡略化されたハードウェア・アーキテクチャの設計は、OTA(オーバー・ジ・エア)での安全なソフトウェアの実装に役立ちます。データの品質と入手、サイバーセキュリティ、IP保護などは、設計者が次世代の車両を創り出す上で直面する主な課題です。