signals header
Image shows two people sitting on a couch looking at a computer laptop monitor while one one points at the screen.
Image shows two people sitting on a couch looking at a computer laptop monitor while one one points at the screen.
 

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

プライバシー設定 個人情報保護とセキュリティに関する方針 その代理店

ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

閉じる

Vitruvian Shieldがバイタルサインの監視用のスマートウォッチを開発、てんかんの患者に大きな安心感をもたらす


てんかんの患者が、発作が起きる兆候を察知して予防策を講じることができるようになったら、どれだけ大きな安心感が得られるでしょうか。あるいは、医療従事者が、てんかんの患者のバイタルサインを監視して必要なデータを取得し、パーソナライズされた行動指針を自宅にいる患者に直接提供できるようになったとしたら、どれだけ異なる世界が訪れるでしょう。

これらは、はるか先の未来の話ではありません。そうしたデジタル医療技術は、既にVitruvian Shieldのスマートウォッチ/アプリによって提供されています。

現在、てんかんの患者は、腕に装着したスマートウォッチやアプリをちらりと見るだけで、臨床グレードのバイタルサイン監視(VSM:Vital Signs Monitoring)データを確認することができます。それにより、自分の健康状態を連続的にモニタリングし、従来よりも格段に高い安心感を得ることが可能になります。

Vitruvian Shieldの概要

事業内容

Vitruvian Shieldは、スイスに拠点を置く新興企業。健康に関する事象を医学的に認められた精度で監視可能なソリューションを提供している。それにより、病院外の日常生活における患者の生活の質を大きく改善することを目指している。

アプリケーション

患者の遠隔監視、診断、医療分野の研究のためのe-ヘルスSaaS(Software as a Service)を実現する。

課題

てんかんの症状を検出するための医療グレードのプラットフォームを迅速に開発し、スケーリングし、商品化する。

目標

重要なすべての生理学的なバイオマーカーを包括的に監視可能なスマートウォッチと使いやすいアプリによって、患者がてんかんの発作を先見的に制御できるようにする。

6500万人
世界のてんかん患者数1
年間千人に1人
SUDEP(Sudden Unexpected Death in Epilepsy:てんかん患者の突然死)2

てんかんの患者を救うこと、それこそがVitruvian Shieldの使命

Paulo Martins氏は、世界中をターゲットとするプライベート・ブランドのスイス製腕時計の開発に乗り出していました。その直後、同氏は2型糖尿病との診断を受けました。更にその数ヵ月後、同氏の妻がてんかん発作を引き起こす脳腫瘍を患っていることが判明しました。Martins氏はVitruvian Shieldを創設し、バイタルサインの監視に使用するスマートウォッチとアプリの開発に着手しました。その背景には、このような人生を一変させるような出来事があったのです。

2018年に、Vitruvian Shieldはアナログ・デバイセズのプロトタイプをベースとして概念実証機を構築しました。それに続き、モバイル・アプリ、ウェブ・アプリ、API(Application Programming Interface)を開発しました。

Vitruvian Shieldが製品開発に向けて採用したのは、アナログ・デバイセズのプラットフォーム・デバイスであるVSMウォッチです。このプラットフォームは、急成長するリモート・ケアの市場において、新たなウェアラブル監視技術を開発する取り組みに活用されています。

アナログ・デバイセズのVSMウォッチは、あらゆる種類のバイタルサインを監視し、同期のとれたデータとして出力します。そのため、Vitruvian Shieldによるスマートウォッチの開発にとって理想的なものでした。Vitruvian Shieldが開発していた製品は、時間の情報を含むデータを見やすい形で表示するという点で、多くのスマートウォッチとよく似ています。しかし、民生用のスマートウォッチとは全く異なる側面も持っています。

Image shows a woman smiling and enjoying a cup of coffee. She is wearing a Vitruvian Shield monitoring watch.
Vitruvian Shieldが開発したバイタルサイン監視用のスマートウォッチ。アナログ・デバイセズのVSMウォッチをベースとしています。

よりインテリジェントなスマートウォッチの設計

一般的なスマートウォッチは、測定によって得た未処理のデータをそのまま提供するということはありません。独自のアルゴリズムを適用し、未処理のデータを、歩数、心拍数、体温といったパラメータ値の集合に変換して提供します。

それに対し、アナログ・デバイセズのVSMウォッチが提供するのは未処理のデータです。光学センサーや電気センサーからの同期信号に含まれるデータがそのまま提供されます。Vitruvian Shieldは、それらのデータを基にして、てんかんに対応する完全な監視用エコシステムを開発しました。Vitruvian Shieldの製品は機械学習のアルゴリズムを備えています。それにより、VSMウォッチによって生成された生理信号のパターンをスキャンし、てんかんの主な症状である焦点性/全般性の強直間代発作(GTCS:Generalized Tonic-clonic Seizures)によって生じる典型的なデジタル・シグネチャを検出します。

一般的なスマートウォッチと比較した場合、Vitruvian Shieldの製品が生成するのは臨床グレードのデータだという点が大きく異なります。つまり、健康状態の指標となる詳細な情報についての分析結果が得られるということです。例えば、歩いた歩数がわかるだけでなく、どのようにしてそれだけの歩数を歩いたのかといった微妙なニュアンスまで得ることができます。

Image shows a woman sitting on a couch while looking her cel phone. The Cel Phone screen shows data from the Vitruvian Shield Monitoring Application.
Vitruvian Shieldが開発したバイタルサイン監視用のスマートウォッチ/アプリは、てんかんの患者と担当医療従事者に対して治療に関する支援を提供します。

また、Vitruvian Shieldのアプリは、以下のような機能をてんかんの患者に提供します。

  • バイタルサイン監視のリアルタイムのデータといった主要な情報を表示する
  • 投薬に関する追跡を行う
  • 医師が治療の追跡/調整を行えるようにするために、発作の履歴を作成する
  • 医師によるオンライン診療の予約を行うための機能を提供する
  • てんかんの発作が生じた場合や、健康状態の確認が行われなかった場合に、音声による医療支援を行う

このような機能を備えることから、Vitruvian Shieldの製品は、一般的なスマートウォッチに、より多くの知性を与えたものだと言えるでしょう。アナログ・デバイセズのVSMウォッチとVitruvian Shieldのアルゴリズムを組み合わせることにより、てんかんの発作の兆候を早期に検出できる完全なプラットフォームが実現されました。それにより、患者のバイタルサインを24時間体制で監視し、収集したデータを包括的に表示することができます。その結果、医療従事者に対し、患者の反応により適した形に治療内容を調整/変更するための優れた洞察が提供されます。患者が診療所を訪れる必要はありません。

A Graphic image showing a watch and cel phone. The visuals show the connectivity between the Vitruvian Shield Watch and the Vitruvian Shield cel phone application.
スマートフォンで稼働するアプリと医療従事者にリアルタイムで提供される臨床グレードのデータによって、てんかんの患者はこれまでにない安心感を得ることができます。

アナログ・デバイセズとVitruvian Shieldのパートナーシップがイノベーションを促進

Image shows two men collaborating in an office-setting. They are discussing and writing technical data on a whiteboard located on a wall infront of them.

アナログ・デバイセズのVSMウォッチは、超高性能のセンサーとセンシング用のフロント・エンドを備えています。それらをベースとし、測定結果を基にして臨床グレードの出力を生成します。このような出力が得られることから、VSMウォッチはVitruvian Shieldにとって理想的な開発プラットフォームとなりました。VSMウォッチは、てんかんの患者と医療従事者に優れた洞察を提供します。それだけでなく、製薬会社による臨床試験をサポートするという目的で利用することも可能です。病院でモニタリングするだけの場合と比べて早期に異常を検出できる可能性が生まれるからです。また、実験や研究を目的とした監視デバイスとして患者に装着してもらうことにより、科学的な研究を直接サポートする目的で利用することもできます。

アナログ・デバイセズのVSMウォッチは、ハードウェアを独自開発しなければならないという足かせから開発者を解放します。VSMウォッチをVitruvian Shieldのような起業家精神あふれる企業に提供することにより、アナログ・デバイセズはイノベーションの力強いイネーブラとしての役割を果たすことができます。実際、VSMウォッチによって、Vitruvian Shieldが製品を市場に投入するまでの時間は大幅に短縮されました。また、開発上のリスクとコストの削減も果たされました。Vitruvian Shieldに限らず、このプラットフォームを利用する企業は、その名称をVSMウォッチから変更して大量に出荷することも可能です。何よりも重要なのは、独自のソフトウェアやシステムの開発に集中できるようになることです。

アナログ・デバイセズが提供する臨床グレードのVSMウォッチが存在しなければ、Vitruvian Shieldの製品が日の目を見ることはなかったかもしれません。

アナログ・デバイセズでEMEA(欧州、中東、アフリカ)地区担当ヘルスケア事業開発マネージャを務めるJan-Hein Broedersは、アナログ・デバイセズとVitruvian Shieldの関係について、「私は、自分の役割は当社のお客様が成功するよう支援することだと考えています。また、急成長を遂げた他の新興企業を見てきた経験から、集中こそが成功の秘訣であると考えるようになりました。Vitruvian Shieldは当社のアドバイスに従い、てんかんという病を明確かつ重要なターゲットとして定めました。それにより、てんかんを対象とした開発作業に集中することができたのです」と説明しています。現在、Vitruvian Shieldはバイタルサイン監視用の実証済みハードウェアを基盤とし、次世代品の開発に取り組んでいます。

The image shows a headshot image of Paulo Martins, the Founder and CEO of Vitruvian Shield and the company logo.
「バイタルサイン監視に使用する第1世代のスマートウォッチにより、てんかんの患者に対し、当社の技術によって生活の質を抜本的に改善できるということを示せるはずです。今後は、そのハードウェア設計とそれに含まれるすべてのセンサーを利用することで、より多くの通信機能や診断機能を備える新たな製品を開発することができます。アナログ・デバイセズのVSMウォッチと同社の素晴らしいサポートがなければ、このレベルの成果を得ることはできなかったでしょう。」

Paulo Martins

創設者/最高経営責任者(CEO) | Vitruvian Shield

てんかんの患者の腕に、安心とサポートを

患者の遠隔監視については、他にも多くのイノベーションが実現されています。それらと同様に、Vitruvian Shieldが提供するバイタルサイン監視用のスマートウォッチは、患者(ここではてんかんの患者)に対して新たな生活が得られることを約束するものです。重度のてんかんに苦しむ患者は、いつ起きるかわからない次の発作に絶えず怯える日々を過ごしています。介護者や医療従事者がそばにいる安全な場所で発作が起きたのであれば、通常は穏やかな経過をたどることができます。しかし、次の発作が時間と場所の面で都合の悪いタイミングで発生したら、肉体的な損傷かそれ以上の悪い結果につながってしまうかもしれません。患者には、「そのような事態に陥ったらどうしよう」という不安が常に付きまとっているのです。

Vitruvian Shieldのスマートウォッチは、発作が始まる可能性を示す初期の兆候を検出します。それによって、てんかんの患者とその介護者は大きな安心感を得られるようになります。また、健康に関するリアルタイムの情報が提供されることから、介護者は患者の状態を効果的に管理できるようになります。てんかんの患者は、医療支援が得られない場所で、いつ何の前触れもなく発作が起きるかわからないという不安から解放されます。そのような生活を送れることは、患者にとって非常に大きなメリットになります。Vitruvian Shieldの製品は、同社とその研究パートナーの生物医学に関する専門知識の深さと、アナログ・デバイセズのVSMウォッチが備える臨床グレードの能力の高さを証明するものです。

Image shows two people sitting on a couch enjoying a TV show about cooking. One woman is wear the Vitruvian Shield Monitoring watch on her wrist.

参考資料
1, 2: Early Death and SUDEP(早期死亡とSUDEP) | Epilepsy Foundation