製品概要

機能と利点

  • HPへのダイナミックレンジ102dBのステレオDAC (8kHz < fS < 96kHz)
  • ステレオ再生時消費電力:3.6mW
  • ダイナミックレンジ99dBのステレオADC (8kHz < fS < 96kHz)
  • ステレオ録音時消費電力:4.2mW
  • 3つのステレオシングルエンド/差動のアナログマイクロフォン/ライン入力(WLPバージョン)
  • ステレオPDMデジタルマイクロフォン入力
  • マスタークロック周波数:256 x fS~60MHz
  • I2S/LJ/RJ/TDMデジタルオーディオインタフェース
  • FlexSound技術による信号処理
    • 録音経路のバイクワッドフィルタ
    • 再生経路の7バンドパラメトリックEQ
    • 再生経路の自動レベル制御
    • デジタルフィルタおよびゲイン/レベル制御
  • 低EMIステレオD級スピーカアンプ
    • 3.2W/チャネル(RL = 4Ω、VSPK_VDD = 5V、WLP)
    • 1.8W/チャネル (RL = 8Ω、VSPK_VDD = 5V、WLP)
  • DirectDriveステレオH級ヘッドフォンアンプジャック検出および識別
  • 差動レシーバアンプ/ステレオライン出力
  • 強力なクリック/ポップ低減回路
  • RF耐性を備えたアナログ入力および出力
  • 設定可能なマイクロフォンバイアス
  • 2つのアドレスオプションを備えたI2C制御インタフェース
  • 49ピン0.4mm WLPおよび40ピンTQFNパッケージ

製品概要

MAX98090は全機能内蔵のオーディオコーデックで、高性能、超低消費電力、および小型実装面積によりポータブルアプリケーションに最適です。

MAX98090でヒアラブルとウェアラブルのバッテリ寿命と音質を強化

MAX98090の機能についてハイライトしたビデオをご覧ください。

MAX98090の評価キットのセットアップ方法についてのビデオをご覧ください。

このデバイスは非常にフレキシブルな入力構成を備え、6つの入力端子(WLP)をアナログまたはデジタルマイクロフォン入力、差動またはシングルエンドライン入力、またはフルスケール直接差動入力として設定可能です。アナログ入力は、録音経路のADCまたは直接任意のアナログ出力ミキサに接続することができます。

このデバイスは、256 x fSまたは10MHz~60MHzのマスタークロック周波数で動作します。デジタルオーディオインタフェースは、マスターまたはスレーブモード動作、8kHz~96kHzのサンプルレート、およびI2S、左詰め/右詰め、TDMなどの標準PCM形式をサポートしています。

録音/再生経路は、FlexSound®技術のDSPを備えています。これには、デジタルゲイン/フィルタ、バイクワッドフィルタ(録音)、ダイナミックレンジ制御(再生)、および周波数応答の最適化によってスピーカの性能を向上させることが可能な7バンドパラメトリックイコライザ(再生)が含まれています。

ステレオD級スピーカアンプは効率的な増幅を提供し、低電磁放射が特長で、フィルタレス動作に対応し、4Ωと8Ωの両方の負荷を駆動可能です。DirectDrive®ステレオH級ヘッドフォンアンプはグランド基準の出力を提供するため、大型のDCブロッキングコンデンサが不要です。このデバイスは、ステレオシングルエンドライン出力として再構成可能な差動レシーバ(イヤホン)アンプも内蔵しています。

アプリケーション

  • スマートフォン
  • タブレット

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (2)

ツールおよびシミュレーション

Software Development

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information