製品概要

機能と利点

  • 4チャンネル
  • 高速10ビットA/Dコンバータ
  • 5V電源
  • ハーフ・スケール変換のオプション
  • 高速インターフェース・ポート
  • パワーダウン・モード

製品概要

AD7777/AD7778は、高密度のハードディスク・ドライブに組み込まれるリード/ライト・ヘッド位置決めサーボでの使用を意図した高速、マルチチャンネルの10ビットA/Dコンバータ(ADC)ファミリーです。単電源アプリケーションでの使用に最適な独自の入力信号コンディショニング機能を備えています。

4チャンネルのAD7777と8チャンネルのAD7778に内蔵されているコントロール・レジスタのビットを設定することで、複数の入力チャンネルを個別にサンプリングすること、もしくは任意の2チャンネルを同時にサンプリングすることができます。 AD7777とAD7778のいずれについても、仕様規定された入力信号範囲はVBIAS ± VSWINGです。ただし、RTNピンを、例えば2Vにバイアスすると、アナログ入力信号範囲はすべての入力チャンネルで0V~2Vになります(アナログ入力電圧範囲の変更のセクションを参照)。VBIAS電圧はグラウンドからのADCのミッドポイント・コードのオフセットで、ユーザーは内部電圧リファレンス(REFOUT)を使用するか、またはREFINに電圧リファレンスを外付けする方法で電圧を供給します。ADCのフルスケール・レンジ(FSR)は2VSWINGに等しく、VSWINGの公称値はREFIN/2に等しい数値です。さらに、ハーフスケール変換モードの設定時にはREFINの値を変換し、チャンネル・オフセットの計測が可能になります。

コントロール・レジスタへのデータのロードとADCレジスタからの読み出し、チャンネル選択、変換開始はマイクロプロセッサの制御によって実行します。各ADCは2の補数コード出力で、10ビット・データ・ポートおよび標準的なマイクロプロセッサ制御ラインを介してして標準の16ビットMPUバスに容易にインターフェースします。

AD7777/AD7778は、高精度のバイポーラ回路と低消費電力のCMOSロジックを集積化する最新のミックスド技術プロセスであるリニア・コンパチブルCMOS(LC2MOS)プロセスにより製造されています。

AD7777は28ピン・ワイドボディSOICパッケージを、AD7778は44ピンMQFPパッケージを採用しています。

アプリケーション

  • 計測器

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明