製品概要

機能と利点

  • Wolfspeed SiC MOSFETおよびパワー・モジュールで使用するように最適化
  • Wolfspeed CILテスト・ボードおよびハーフ・ブリッジ評価用ボードとの互換性
  • 高周波数、超高速スイッチング動作
  • 入出力側UVLO
  • 短絡保護
  • シュートスルー保護インターロック
  • ミラー・クランプ内蔵
  • ノイズ耐性向上のための差動入力
  • 故障インジケータおよびレディ・インジケータ
  • 絶縁型NTCサーミスタ計測

製品概要

EVAL-ADuM4146WHB1Zは、ハーフ・ブリッジ・ゲート・ドライブ・ボードであり、先進的なWolfspeed第三世代C3M炭化ケイ素(SiC)金属酸化膜半導体電界効果トランジスタ(MOSFET)およびパワー・モジュールを駆動する際にADuM4146の性能を簡単に評価できます。EVAL-ADuM4146WHB1Zは、Wolfspeedクランプ誘導負荷(CIL)テスト・ボードまたはハーフ・ブリッジ評価用ボードと、差動トランシーバー・ボードと一緒に使用するために設計されています。

EVAL-ADuM4146WHB1Zには、負温度係数(NTC)サーミスタの抵抗を取得し、NTCの抵抗および温度に対応する可変周波数出力を提供するように設定された、絶縁型リターン・チャンネルがあります。

EVAL-ADuM4146WHB1Zの制御および入力インターフェースは、ノイズおよび外乱に対する耐性を高めるためにRS-422信号を使用し、EVAL-ADuM4146WHB1Z用の12V消費電力入力を内蔵しています。

ADuM4146の詳細については、ADuM4146のデータシートを参照してください。EVAL-ADuM4146WHB1Zを使用する際は、データシートと併せてこのユーザ・ガイドを参照してください。

発売前の注意事項

EVAL-ADuM4146WHB1Zには、発売前のバージョンのADuM4146が内蔵されています。バス電圧が600Vを超える場合は、短絡保護(SCP)機能を使用しないでください。リリース・バージョンのADuM4146には、SCPに関するこの制限はありません。

対象となる製品

はじめに

必要な装置

  • Wolfspeed差動トランシーバー・ボード(CGD12HB00D)
  • Wolfspeedハーフ・ブリッジ・モジュールの性能を評価する場合
    • CAB011M12FM3またはCAB016M12FM3
    • Wolfspeed CILボード(KIT-CRD-CIL12N-FMA)
  • Wolfspeedシックスパック・モジュールの性能を評価する場合
    • CCB021M12FM3またはCCB032M12FM3
    • Wolfspeed CILボード(KIT-CRD-CIL12N-FMC)

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。