製品概要

機能と利点

  • 16 個の電源をシーケンスして監視
  • 9個の電源をトリムしてマージン付け
  • 内部 EEPROM に自動的に障害ログを記録
  • 追加ソフトウェアなしで自動動作
  • PMバス・インターフェースはすべてのデバイス関連ソフトウェアをサポートします
  • チップ間バスはマルチデバイスのカスケードとシーケンシング動作を単純化します
  • 入力エミュレーションのための16個の電圧リファレンス
  • GPIOを使用した信号エミュレーションのためのスイッチとLED

製品概要

ADM1266-EVALZ は ADM1266 16-チャンネル I2C/SMBus/PMBus スーパー・シーケンサのためのデモンストレーション・システムです。ADM1266 は16個の電源レールを監視し制御します。ADM1266-EVALZ は16個の電源レールをシーケンス/トリム/マージン付け、監視、モニターし、故障ログを作成する ADM1266 の能力を実証します。各電源チャンネル’の出力電圧がモニターされます。

ADM1266-EVALZ は、 ADM1266が制御するように構成された14個の ADP1710 150mA リニア・レギュレータと2個の ADP7102 300mA リニア・レギュレータを含む単一回路ボードです。このボードは、高度な16チャンネルのデジタルにプログラマブルな電源システムを提供します。

この評価システムは、ADM1266 のフル機能を完全に制御することを可能にするアナログ・デバイセズ Power Studio™ グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)によってサポートされています。合わせて、アナログ・デバイセズ Power Studio ソフトウェアと ADM1266-EVALZ ハードウェア・システムは、ADM1266の構成設定値を設計しテストするための強力な開発環境を作り出します。これらの設定値は、デバイス’の内部 EEPROM またはファイルに保存できる。このファイルは前もってプログラムされたデバイスの発注に、また生産環境の中でデバイスをプログラムするために後で使用できる。ソフトウェアは構成設定値と ADM1266 からのリアルタイム計測のすべてを表示します。遠隔測定が容易なアクセスと ADM1266 が作成する障害ログのデコーディングを可能にします。ボードは、ADM1266-EVALZ上で使用される16個の電源に適正なEEPROMの値で前もってプログラムされています。

複数の ADM1266-EVALZ ボードを一緒にカスケードして、多チャンネル電源を形成できます(マルチボード・アレイを参照)。カスケードされた構成は、シーケンシングと異常履歴を複数のICの間で共有できるようにする ADM1266 の機能を実証します。16 個までの ADM1266-EVALZ ボード、したがって 256 個の個別電源レールを制御するために構成できます。より大きい ADM1266 のアレイが、プログラマブルな I2C ベースのアドレスによりサポートされます。ADM1266-EVALZ デモボードは、 +12VDC 電源などの外部電源で駆動できます。ソフトウェアとの通信は EVAL-ADP-I2C-USB により提供されます。

対象となる製品

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。