製品概要

機能と利点

  • ADSP-21569 SHARC+ Audio Processor (400-pin, 17×17mm BGA)
  • 8 Gb DDR3 (1.35V) Memory
  • 512Mb SPI Flash Quad Memory
  • Power Solution based on LT components
  • FTDI USB-to-UART
  • Debug Interface (JTAG)
  • SOM Interface Connector
  • CCES Kit License

製品概要

The EV-21569-SOM with low-cost evaluation and rapid prototyping of the ADSP-2156× Family (ADSP-21562/21563/21565/21566/21567/21569) of SHARC+ audio processors. It features the processor, memory, and power portions of the design and provides an easy-to-use plug-n-play reference design with all the key interfaces made available on three connectors for marrying to either the EV-SOMCRR-EZKIT carrier board or a custom carrier board. The EV-21569-SOM and EV-SOMCRR-EZKIT boards may be purchased as a bundle (EV-21569-EZKIT), providing fast and easy evaluation of the processor core and system peripherals/interfaces.

The EV-21569-SOM module requires the CrossCore® Embedded Studio (CCES) development tools to enable developers to achieve faster time to market. The development environment aids advanced application code development and debug, such as:

  • Create, compile, assemble, and link application programs written in C++, C, and assembly
  • Load, run, step, halt, and set breakpoints in application programs
  • Read and write data and program memory
  • Read and write core and peripheral registers

When used without the EV-SOMCRR-EZKIT carrier board, the EV-21569-SOM board requires an external in-circuit emulator (ICE-1000 or ICE-2000) be connected to the JTAG header.

推奨システム動作環境

Verify that your PC has these minimum requirements for the CCES installation:

  • 2 GHz single core processor; 3.3GHz dual core or better recommended
  • 4 GB RAM; 8GB or more recommended
  • 2 GB available disk space
  • One open USB port
  • CrossCore® Embedded Studio 2.9.3 or later

Note: Please see the CrossCore® Embedded Studio Release Notes for the latest information about System Requirements.

ソフトウェア

Middleware

Operating Systems and Middleware
Analog Devices, in collaboration with several Alliance partners, provides the following operating system and middleware offerings to enable a user-friendly programming environment for applications developed using the Blackfin® and SHARC® processor families. These real-time kernels and services software seamlessly integrate with CrossCore® Embedded Studio.

Product Downloads

EV-21569-EZKIT Board Support Package – Current Release (Rev. 1.0.1)

Middleware

ADSP-SC5xxプロセッサ・ファミリ向けのLinuxカーネルおよび開発ツール
CrossCore Embedded Studio向け軽量TCP/IP(lwIP)スタックは、組み込みプラットフォーム用に広く採用されているTCP/IPスタックの実装の1つで、TCP/IPセットの大半のネットワーキング・プロトコルに対応しています。
アナログ・デバイセズのプロセッサ向けFreeRTOSは、アナログ・デバイセズのプロセッサ用のリアルタイム・オペレーティング・システムです。

Software Development Tools

今後リリースされるCrossCoreシリアル・フラッシュ・プログラマは、CrossCoreユーティリティ製品の一部として販売されます。CrossCoreユーティリティは、Cortex-Mプロセッサを使用するためのいくつかの機能を備えています。これまでこのようなユーティリティはIARおよびKeilツールチェーン向けの様々なボード・サポート・パッケージの中で販売されてきましたが、維持管理の利便性向上のため、本製品に集約されました。

CrossCore Embedded Studioは、アナログ・デバイセズのBlackfin®、SHARC®、Arm®の各プロセッサ・ファミリ向けに用意された、世界トップクラスの統合開発環境(IDE)です。

ハードウェア (2)

ドーター・ボード

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。