製品概要

機能と利点

  • ADSP-21569 SHARC+ Audio Processor (400-pin, 17×17mm BGA)
  • 8 Gb DDR3 (1.35V) Memory
  • 512Mb SPI Flash Quad Memory
  • Power Solution based on LT components
  • FTDI USB-to-UART
  • Debug Interface (JTAG)
  • SOM Interface Connector

製品概要

The EV-21569-SOM enables customers with low-cost evaluation and rapid prototyping of the ADSP-2156× Family (ADSP-21562/21563/21565/21566/21567/21569) of SHARC audio processors. It provides an easy-to-use plug-n-play reference design with all the key interfaces made available for customers to interface to from their own custom hardware ahead of the release of the processor itself. The EV-21569-SOM can also be plugged into the EV-SOMCRR-EZKIT carrier board for fast and easy evaluation of the processor core and system peripherals/interfaces. The EV-21569-SOM and EV-SOMCRR-EZKIT boards may be purchased as a bundle (EV-21569-EZKIT), providing a full evaluation system.

The EV-21569-SOM ships with all of the necessary hardware to get the user up and running to enable fast prototyping for a wide range of applications including immersive 3D sound and personal audio zones (PAZ), automotive active and road noise cancellation (ANC/RNC), voice-based user-interfaces and in-car communications (ICC), engine sound synthesis (ESS) and electric vehicle warning sound systems (EVWSS/AVAS). Additional applications include professional audio and soundbars / home AVRs (with 3D Object and Multi-Channel Audio) and enhanced conferencing systems. ADI offers several software modules (e.g., AEC/NR, microphone beamforming, pitch shifting, harmonic generators, wave players etc.), as well as complete software solutions that can be licensed, where users can develop/evaluate their audio and voice processing applications. ADI also offers 3rd party surround sound solutions that can be licensed on ADI’s SHARC processor families. Please visit ADI’s Software Solutions page for more information.

The EV-21569-SOM module utilizes the CrossCore® Embedded Studio (CCES) development tools to enable developers to achieve faster time to market. The development environment aids advanced application code development and debug, such as:

  • Create, compile, assemble, and link application programs written in C++, C, and assembly
  • Load, run, step, halt, and set breakpoints in application programs
  • Read and write data and program memory
  • Read and write core and peripheral registers

推奨システム動作環境

Verify that your PC has these minimum requirements for the CCES installation:

  • 2 GHz single core processor; 3.3GHz dual core or better recommended
  • 4 GB RAM; 8GB or more recommended
  • 2 GB available disk space
  • One open USB port
  • CrossCore® Embedded Studio 2.9.3 or later

Note: Please see the CrossCore® Embedded Studio Release Notes for the latest information about System Requirements.

ソフトウェア

Product Downloads

EV-21569-EZKIT Board Support Package – Current Release (Rev. 1.0.0)

Middleware

HCC EmbeddedのUSBスタックは、幅広く使用されている成熟したスタックで、ほぼあらゆるUSB構成に対応しています。

HCC EmbeddedのTCP/IPスタックは、主要なプロトコルをすべて備え、IPv4とIPv6の両方をサポートしています。

HCC EmbeddedのFATシステムは、FAT 12/16/32準拠のメディアを製品に取り付ける必要のある組み込みアプリケーションで使用するために、全機能を装備し最適化されています。

ADSP-SC5xxプロセッサ・ファミリ向けのLinuxカーネルおよび開発ツール
アナログ・デバイセズのプロセッサ向けFreeRTOSは、アナログ・デバイセズのプロセッサ用のリアルタイム・オペレーティング・システムです。
CrossCore Embedded Studio向け軽量TCP/IP(lwIP)スタックは、組み込みプラットフォーム用に広く採用されているTCP/IPスタックの実装の1つで、TCP/IPセットの大半のネットワーキング・プロトコルに対応しています。

Software Development Tools

今後リリースされるCrossCoreシリアル・フラッシュ・プログラマは、CrossCoreユーティリティ製品の一部として販売されます。CrossCoreユーティリティは、Cortex-Mプロセッサを使用するためのいくつかの機能を備えています。これまでこのようなユーティリティはIARおよびKeilツールチェーン向けの様々なボード・サポート・パッケージの中で販売されてきましたが、維持管理の利便性向上のため、本製品に集約されました。

CrossCore Embedded Studioは、アナログ・デバイセズのBlackfin®、SHARC®、Arm®の各プロセッサ・ファミリ向けに用意された、世界トップクラスの統合開発環境(IDE)です。

ハードウェア (1)

EZ-Kits

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。