製品概要

機能と利点

  • 1D非スキャン探知装置
  • 波長905nm
  • レンジ:1~10m(光不使用時。光使用時は60m以上に延長可能)
  • 水平解像度16ピクセル
  • FOV:レーザーFOV 15(水平)x 30(垂直)
  • 4チャンネルで最大1GSPSのデータ・サンプリング
  • クラスIレーザー安全基準に準拠
  • 標準化されたFMCハイ・ピン・カウント(HPC)コネクタを選択したFPGAボードにプラグイン可能
  • 顧客設計と統合可能な完全オープン・ソースのソフトウェア・フレームワーク
  • ライセンス可能なJESD204インターフェース・フレームワーク
  • MatlabおよびPythonのラッパー
  • 探知装置専用システム制御およびデータ・アクイジションAPI
  • Linux、Windows、Mac OSのサポート
  • MATLAB®、Simulink®、C/C++、Pythonのサンプル・アプリケーション
  • 0日での開発を可能にするHDLリファレンス設計およびドライバ

製品概要

AD-FMCLIDAR1-EBZは、優れた実績を持つ1D非スキャン探知装置開発用モジュラー・ハードウェア・プラットフォームです。個別の設計ニーズを充たし、市場投入までの時間を短縮して、探知装置開発の複雑さを低減する柔軟性ができます。その中には、顧客設計やMatlabおよびPythonのラッパーと統合可能なオープン・ソース・ソフトウェアのフレームワークが含まれます。FMCコネクタが接続されたFGPAと組み合わせて、探知装置ソフトウェアやアルゴリズムの開発に利用できます。ソフトウェアやアルゴリズムの開発中は、ハードウェア設計の製品化に向けた注力が可能な期間となります。

お客様のお好みや開発経験に応じて、様々なFPGA開発プラットフォームを使用できます。システムは、Intel Arria10 SoCとXilinx ZC706の両方のプラットフォームでテストされています。

アプリケーション

  • ADAS
  • ドローン/UAV
  • ロボット
  • 工業用オートメーション
  • SLAM(同時自己位置地図獲得)

Markets and Technologies

Package Contents

  • データ・キャプチャ・ボードDAQ
  • レーザ・ボード
  • AFEボード
  • レーザ電源、SMAケーブル、SDカード
  • 入門ガイド
  • 光の受信

はじめに

詳細については、AD-FMCLIDAR1-EBZ Wikiページを参照してください。

推奨システム動作環境

AD-FMCLIDAR1-EBZは、FMC HPCコネクタとJESD204Bサポート機能でイネーブルされたFPGA開発ボードで使用できます。また、Intel Arria10 SoCおよびXilinx ZC706プラットフォームでテストされています。

詳細については、AD-FMCLIDAR1-EBZ Wikiサイトを参照してください