再生可能エネルギー

発電所監視用ワイヤレス・センサー・ネットワーク

再生可能エネルギー太陽光発電または集光型太陽熱発電用の大規模に導入されるワイヤレス・センサー・ネットワークは、装置をリアルタイムで監視するために使用され、発電所の稼働時間を維持するために不可欠です。バッテリ寿命が長く、過酷な条件に耐えることができるため、この技術は再生可能エネルギー用アプリケーションに最適です。

再生可能エネルギー用ワイヤレス・センサー・ネットワーク(WSN)には、以下の利点があります。

  • リアルタイムで監視するため、装置のダウンタイムが低減される
  • ケーブル配線が不要で導入コストが削減されるため、広いエリアにわたる導入コストが低減される
  • 最も過酷な外気条件でも信頼性の高い接続が提供される
  • バッテリ寿命が長いため、交換の労力とコストが削減される

太陽発電施設の監視​

太陽発電システムの大規模な導入に関連する課題があるため、ワイヤレス・センサー・ネットワークを利用せざるを得ません。これらのシステムの成功には、運用効率を最大限に高めながら導入コストを削減することが不可欠です。これらのシステムの規模を変更する際に唯一かつ最大の要素は、ネットワーク通信インフラストラクチャの装置のコスト、導入にかかる人件費、および複雑さです。

太陽光発電(PV)か、集光型太陽熱発電(CSP)かにかかわらず、重要な性能指標をリアルタイムで監視する必要があり、インバータ、トラッカーのモーター、ヘリオスタット照準システムなどの装置の健全性は、発電施設の安定した稼働時間を維持するために不可欠です。監視および制御のための非常に信頼性の高い双方向通信の条件は、業界で実績のある SmartMesh の WSN ソリューションによって簡単に満たされます。