広帯域ソリューション


RadioVerse SDR トランシーバ技術は、プロトタイピング・プラットフォーム、フル機能の評価システム、ソフトウェア・シミュレーション・ツール、デバイス・ドライバ、その他様々な評価オプションを利用できます。要求事項や設計サイクルの段階によって最も適した評価オプションをお選びください。

また、RadioVerse では、迅速なプロトタイピングや、コンセプトから市場投入までスムーズに移行できる リファレンス・デザインとサード・パーティ・ハードウェア も提供しています。

設計ファイル・パッケージ

AD9361、AD9363、AD9364、AD9371、AD9375、または ADRV9008/9 設計ファイル・パッケージをダウンロードしてパッケージの内容を十分に確認し、設計プロセスの第一歩を踏み出しましょう。


ダウンロード・ページにアクセス


ADRV9009 Evaluation Board

AD9375 Evaluation Boards

AD9371 Evaluation Boards

評価オプション

AD9371 集積化 RF トランシーバには、複数の評価オプションがあります。フル機能の製品評価システムとプロトタイピング・プラットフォームがあり、狭いチューニング範囲(ADRV9371-N/PCBZ)か、広いチューニング範囲(ADRV9371-W/PCBZ)を選ぶことができます。

  FMC-Compatible Mezzanine Cards FMC Motherboards FPGA Design Control and Data Capture
Evaluation System
  • ADRV9371-N/PCBZ
  • ADRV9371-W/PCBZ
  • Xilinx® ZC706
  • Provided binary, verified with Xilinx JESD204B IP
  • Binary used to characterize IC performance
  • Operating system-agnostic API source in ANSI C
  • Command/control and data capture via Windows GUI
Prototyping Platform
  • ADRV9371-N/PCBZ
  • ADRV9371-W/PCBZ
  • Xilinx Development Boards
  • Publicly available HDL on GitHub, verified with Xilinx and Altera JESD204B cores
  • Open-source GUI, Windows®, Linux,® and OS-X
  • Open-source Linux IIO device driver
  • Streams data to GNU radio, MATLAB, and Simulink
ソフトウェア シミュレーション 
ツール
フィルタ・デザイナー

周波数を設定し、フィルタ係数とサンプル・レートをセットアップし、わずかなトライ・アンド・エラーでフィルタを設計できます。また、カスタム・フィルタを簡単に作成し、フィルタ性能をチェックし、Simulink モデルやハードウェアに入力するための実装用の係数を迅速に生成できます。


AD9361 Evaluation Boards

AD9364 Evaluation Boards

ソフトウェア無線 (SDR) モジュール

RF Front-End Reference Designs

 

ソフトウェア

Evaluation Software

X+

SoftwareThis system is a software package consisting of a powerful Windows GUI, API source code, DLL, and Hardware Abstraction Layer (HAL). Additionally, the system includes a TCP/IP server that allows customer applications written in C#, MATLAB, LabView, Python, etc. to interface to the eval board. From there the customer may run automated testing. The OS- and platform-independent API will integrate into the customer’s software, eliminating the need to write device-specific code.


Two download options are available. One option is the full package including the GUI, HAL, DLL, API binary, etc. used with the evaluation hardware. The other option, intended to be integrated into the customer system, includes only API source code and the ARM firmware. Both are available via the download link below.


Download (for AD9371/AD9375 and ADRV9008/9)

Prototyping Software

X+
Prototyping SystemThis software package is available in binary and a publically maintained source (in github, for complete transparency and revision control). It includes a powerful multi-platform GUI (Windows, Linux, OS X), HDL for Xilinx, and Altera SoC and fabric-only devices. Also provided is Linux kernel device driver code (in the Linux Industrial Input/Output [IIO] framework) and multi-platform (Windows, Linux, OS X) library support with multiple back ends (local, network, USB, etc.). In addition are multiple language/framework bindings (C, C++, C#, MATLAB, Simulink, Python, GNURadio) to interface to the eval board for waveform development and automated testing. A customer can integrate any part of the prototyping platform (HDL, driver, or library) into his or her systems with permissive licenses. The prototype is extensible to accept custom IP (physical layers, or full modems for end systems). The system includes a Board Support Package (BSP) for MathWorks HDL Workflow Advisor.

AD9361 & AD9364: AD-FMCOMMS3-EBZ User Guide (Wiki)

AD9371 & AD9375: Prototyping Platform User Guide (Wiki)

ADRV9008 & ADRV9009: Prototyping Platform User Guide (Wiki)

No O/S ソフトウェア・ドライバ

X+
No OS Software Driverこのソフトウェアは、ベアメタルでNo-OSの環境向けの一般的なANSI-C(iso9899:1990仕様を満たすほとんどのANSI Cコンパイラと互換)のみで記述された汎用デバイス・ドライバで構成されています。これらのドライバは、様々な環境に移植可能で、一般的な16ビットMCUから64ビット・プロセッサまでの多様なプロセッサ上で動作させることができます。このNo-OSドライバは、アナログ・デバイセズのHDLリファレンス設計上で動作するように設計されていますが、FPGAとは別のプロセッサやSoC(FPGA + CPU)デバイスに(ハード的またはソフト的に)統合されたプロセッサ上でも動作可能です。このNo-OSドライバを使用することで、デバイス固有のコードの記述が不要となり、最終製品のソフトウェアに直接統合できます。

ダウンロード (AD9361 のみ) (Wiki)
ダウンロード (AD9371 & AD9375) (Wiki)
ダウンロード (ADRV9008/9) (Wiki)

 

ソフトウェア設計ツール

JESD204/JESD204B

X+
JESD204/JESD204B

The JESD204 and the JESD204B revision data converter serial interface standard was created through the JEDEC committee to standardize and reduce the number of data inputs/outputs between high-speed data converters and other devices such as FPGAs (field-programmable gate arrays). Analog Devices is an original participating member of the JEDEC JESD204 standards committee, and we have concurrently developed compliant data converter technology and tools and a comprehensive product roadmap to fully enable our customers to take advantage of this significant interfacing breakthrough. Analog Devices’ JESD204 Interface Framework is a system-level software and HDL package targeted at simplifying system development by providing a performance-optimized IP framework that integrates complex hardware such as high speed converters, transceivers, and clocks with various FPGA platforms.


Learn more - JESD204 Serial Interface Resources.

Altera FPGA Interoperability Report for AD9371/AD9375 (PDF)

MicroSemi FPGA Interoperability Report for AD9371/AD9375

Learn more about the JESD204 Interface Framework

Filter Design

X+
最小の試行錯誤でフィルタを設計

AD9361フィルタ・デザイナ
  • カスタム・フィルタを容易に作製
  • フィルタ性能を検証
  • 実装用係数を手早く生成
  • Simulink®モデルやハードウェアに入力

Learn More - AD9371 & AD9375 (required)

Learn More - AD9361 (Wiki)

Learn More ADRV9009 &ADRV9008-1/-2 (required)

Model Based Design and Simulation

X+
Model Based Design

Simulate and verify AD9361 and AD9371 RF transceivers designs with RF Blockset (formerly SimRF) models, and predict the impact of RF imperfections on your test signals. You can rapidly design and test communications systems by performing system-level simulation, stream RF data, and use standard compliant communication signals with MATLAB® and Simulink®.


Learn More - AD9361 and AD9371

Xilinx Zynq SDR Support from MathWorks Communications System Toolbox

X+
Zynq-SDR-SupportPrototype and test Xilinx Zynq-based software-defined radio (SDR) systems using MATLAB and Simulink.

Learn More - AD9361

サードパーティ参考回路、ハードウェア

Arrow | AD9361 HSMC カード

X+
ARRadio BoardArrow、アナログ・デバイセズ、Terasic のコラボレーションによって生まれた ARRadio ボードは、HSMC コネクタによる次世代の FPGA 接続を実現し、無線システム全体のプロトタイピングと開発を促進します。アナログ・デバイセズの AD9361 RF Agile Transceiver™ を搭載した Terasic のトランシーバー・ボードは、アルテラの Cyclone V SoC キットと組み合わせることで、包括的な SDR 開発プラットフォームとなり、市場投入までの時間を大幅に短縮し、プロジェクトの成功を最大限に高めます。

詳細またはボードのご注文については、ARRadio (英語)をご覧ください。

Benetel | AD9375を使用した3.5GHz無線ヘッドのリファレンス・デザイン

X+

Benetal24dBm出力のAD9375 TDDは、TDD-LTE周波数帯48(TX/RX: 3550~3700MHz)に対応し、アンテナ・ポートあたり最大+24dBm(250mW)の出力電力を提供するRFフロントエンド・モジュールで、デジタル・プリディストーション(DPD)を搭載したアナログ・デバイセズの広帯域RFトランシーバーAD9375専用に設計されています。このRFモジュールは、同時に提供されるインターポーザを介してXilinxのZYNQに接続することができます。


詳細については、www.benetel.com を参照するか、sales@benetel.comへ英語でお問い合わせください。

BERTEN | 移動体用IP長距離データリンク

X+

BertenS-6000デュアル・トランシーバーは、高速・高機動(>2000 Km/h、>10 g)で信頼性の高い広帯域通信を行うことができる小型のIPデータリンクです。2つの全二重チャンネルは70 MHz ~ 6 GHzの任意の周波数で使用でき、データ・レートは700 Kbps ~ 80 Mbpsの範囲で設定可能です。S-6000の堅牢性、柔軟性、先進的機能によってあらゆる戦術システム、商用アプリケーション、空中プラットフォーム用の移動体通信を実現できます。


詳細は BERTEN社のホームページ S-6000をご覧ください。

BOELINK | AD9361 SDR Platform for Public Security

X+

BOELINK SDR platform combines Analog Device’s AD9361 RF agile transceiver and NXP/Freescale B4860 baseband processing SoC, which is an ideal solution for public security industry, such as electronic-fence, IMSI-catcher of 4G wireless communication system, mobile phone radio signal detector, wireless signal shielding/blocking and so on. The excellent capabilities of bi-directional communications, long range, NLOS performance and mobile reception enable this platform to be used in different scenarios. This SDR platform provides a recommended starting point for new product design, dramatically reducing time to market and risk.


For more information, please visit www.boelink.com

Deepwave Digital | Deep-Learning SDR platform with AD9371

X+

AIR-TThe Artificial Intelligence Radio Transceiver (AIR-T) is a fully integrated, single-board, artificial intelligence equipped, software defined radio platform with continuous frequency coverage from 300 MHz to 6 GHz. Designed for new engineers with little wireless experience to advanced engineers and researchers who develop low-cost AI, deep learning, and high-performance wireless systems, AIR-T combines the AD9371 RFIC transceiver providing up to 2 x 2 MIMO of 100 MHz of receiving bandwidth, 100 MHz of transmitting bandwidth in an open and reprogrammable Xilinx 7 FPGA, with fast USB 3.0 connectivity.

The AIR-T has custom and open Ubuntu software and custom FPGA blocks interfacing with GNU Radio, allowing you to immediately begin developing without having to make changes to existing code. With 256 NVIDIA cores, you can develop and deploy your AI application on hardware without having to code CUDA or VHDL. Freed from the limited compute power of a single CPU, with AIR-T, you can get right to work pushing your telecom, defense, or wireless systems to the limit of what’s possible.


For more information, please visit Deepwave Digital.

Divimath | ほぼゼロ遅延のワイヤレスビデオ伝送ソリューション

X+
divimath-logoDivimathは、遅延がほぼゼロのワイヤレスHDビデオ・トランシーバーIC、DM5680を発表しました。2個のDM5680をトランスミッタとレシーバーに利用することで、比類のない堅牢性を備えたビデオ/オーディオ/データ用の安全なリンクを空中と地上の間に実現できます。DM5680は、未圧縮のビデオ・ストリームを1ミリ秒未満の遅延で伝送します。優れた干渉防止機能があり、低消費電力、小フットプリントのDM5680は、FPV(First Person View:一人称視点)アプリケーションに最適なソリューションです。DM5680はAD936Xとシームレスに連携して、全機能を完備したビデオ・ワイヤレス・リンク・ソリューションとなります。詳細については、 DM5680ソリューションのパンフレットをご覧ください。

Epiq Solutions | デュアル ADRV9009 FMC カード

X+

epiq-boardSidekiq X4 マルチチューナ RF トランシーバー・カードは、高性能でフレキシブルな最先端の RF トランシーバー・カードです。アナログ・デバイセズの ADRV9009 広帯域トランシーバーをデュアル実装した X4 は、圧倒的な RF 性能を実現し、量産可能な RF トランシーバー・ソリューションを VITA 57.1 FPGA メザニン・カード(FMC)準拠のフォーム・ファクタで提供します。Sidekiq X4 は、マルチバンド、サブオクターブのプリセレクション・フィルタを 4 つすべての受信経路に搭載しています。


詳細については、https://epiqsolutions.com/sidekiq-x4/を参照してください。

Ettus Research™ | デュアル AD9371 ソフトウェア無線(SDR)

X+
Universal Software Radio Peripheral PlatformEttus Research は、USRP N310 ソフトウェア無線(SDR)を発表しました。この SDR は、大規模な分散ワイヤレス・システムを配備する際に求められる信頼性とフォールトトレランスを実現します。USRP N310 は、ソフトウェアの更新、再起動、出荷時の設定へのリセット、セルフテスト、ホスト PC/ARM のデバッグ、システムの状態監視などを遠隔操作で実行できる独自の機能を導入して、無線ネットワークの制御と管理を簡素化します。

USRP N310 は SDR 市場で最もチャンネル密度の高いデバイスの 1 つであり、1/2 幅の RU フォーム・ファクタで 4 つの RX チャンネルと 4 つの TX チャンネルを提供します。RF フロント・エンドには、アナログ・デバイセズの最新の RFIC 製品である AD9371 トランシーバーが 2 台使用されています。各チャンネルの瞬時帯域幅は最大 100MHz で、10MHz から 6GHz の広い周波数範囲に対応します。

詳細については、 USRP N310 の製品ページを参照してください。

HJX | AD9361/AD9371 SDR 開発ボード

X+
HJX-AD9371-SDRHJX は、アナログ・デバイセズの RadioVerse テクノロジーの AD9371 をベースにした高性能 SDR 開発ボードである HJX-AD9371-SDR をリリースしました。HJX-AD9371-SDR 開発ボードは、高いプログラマビリティを持つフル機能の RF/ベースバンド・ソリューションで、無線設計のコンセプトから製品化までを短時間に実行できます。

HJX-AD9371-SDR の詳細.についてはこちらを参照してください。

AD9361 ベースの 2 つの SDR プラットフォームはオンラインでも公開されています。:

LPA Concepts | Band 7 and Band 41 PIM3D Reference Design with AD9375

X+
Band 7 and band 41 PIM3D Reference Design with AD9375The PIM3 modules are RF front-end cable-less modules that integrate RF high efficiency power amplifier module and all necessary RF functions required close to the antenna in 3G-4G-5G RF heads. The PIM3 modules are available as Tx only modules (PIM3B) or Tx-Rx modules (PIM3D) for all major cellular bands ranging from 1800MHz to 3600MHz at power levels ranging from 50Wpeak to 150Wpeak. Complete functional evaluation of PIM3D modules is done on assemblies including radio boards with AD9375 wideband RF transceiver with integrated DPD from Analog Devices and connections to the filter assembly. Demonstration kits are available for FDD BAND 7 and TDD BAND 41.

For more information, please visit PIM3D product list or contact info@lpaconcepts.fr.

PanaTeQ | ADRV9009 FMC Card

X+

Panateq-boardFMC-ZU2RF-A は、アナログ・デバイセズの ADRV9009 コンポーネントをベースにした、RF ワイヤレス通信アプリケーション向け FMC です。この FMC は、アナログ・デバイセズの ADRV9009 評価用ボードと完全なハードウェアおよびソフトウェア互換性があります。

PanaTeQ は、一般的なソフトウェア無線アプリケーション向けの VPX3-ZU1 3U OpenVPX Zynq Ultrascale+ および FMC-ZU2RF-A をベースにした VPX3-ZU1-SDR-C 開発システムを提供します。


詳細については、http://www.panateq.com/fmc-rf.htm を参照してください。

 

RF DSP | AD9361 8x8 SDR モジュール & M-MIMO RF チャネル エミュレータ

X+

8T8R_RMBRF DSPのRMB-101Aは、4個のAD9361チップで構成された高性能ソフトウェア無線(SDR)用8T8Rマルチチャンネル・トランシーバー・モジュールです。C-RANネットワーク内の無線から数メートルから10 km以上離れた場所に設置されたベースバンド・ユニット(BBU)向け、あるいは分散型Massive MIMO(大規模MIMO)向けのリモート無線ユニットになります。RMB-101AモジュールはTDD動作とFDD動作の両方に対応し、汎用マルチ無線SDRアプリケーションのほか、LTE-A、LTE、WiFi、WiMAX、GSM、CDMA、WCDMAなどに使用できます。クロック再生とPLL回路は、CPRIリンクからのクロックを再生して、8つの無線すべての周波数と位相を同期します。RD DSPは、リモートSDRモジュール用のベースバンド処理エンジンにもなります。


詳細については、8T8RリモートSDRモジュールのサイトを参照してください。
RF DSPは、64T64Rリモート無線/スマート・アンテナ・ユニットと、64×8、64×16 Massive MIMO RFチャンネル・エミュレータも提供しています。

Richardson RFPD | AD9375 RFフロント・エンド・カード

X+
RF Front End Card for AD9375DE705は、LTEバンド14および18のFDD動作を対象としたフル機能のRFフロント・エンド評価用プラットフォームです。この開発プラットフォームはライセンス可能な設計として提供していますが、広範な動作条件に対応するために変更を加えることもできます。すべてのLTEバンドに同じPCB寸法を利用できるよう、汎用サイズの厳選された部品を使用しています。アナログ・デバイセズのAD9375 RFアジャイル・トランシーバICを搭載したこのカードは、中電力セルラーSDRプロジェクトに最適な設計のスタートラインとなります。製品の市場投入までの時間を劇的に短縮し、リスクを大幅に軽減できます。

詳細については、FDD-LTEバンド14および28用のスモールセル開発キット、DE705 および ADI-DPD-DEVKITをご覧ください。

Rincon Research | AD9361 SDR 開発ボード

X+
RaptorRaptor は、アナログ・デバイセズの AD9361 RF Agile Transceiver の柔軟性とザイリンクスの Zynq UltraScale+ MPSoC の処理性能を組み合わせた次世代のソフトウェア無線(SDR)開発ボードです。小さくコンパクトなフォーム・ファクタを維持しながら、70MHz から 6GHz の周波数範囲で動作するフル機能の堅牢な無線ソリューションに必要な重要なシグナル・コンディショニング機能を提供します。アナログ・デバイセズとザイリンクスの両方のドライバとリファレンス設計を利用できるキットには、GitLab から入手可能なオープンソースの BSP が含まれており、MATLAB の GNU 無線へのデータ・ストリームにも対応します。

詳細については、Raptor SDR 開発キットを参照してください。

SIHID | AD936X ワイヤレス・ビデオ伝送ソリューション

X+
SIHIDSIHID RCB 送信モジュールは、UAV(無人航空機)、ワイヤレス情報収集のための HD デジタル・ビデオ伝送ソリューションです。AD936x により、小さいフォーム・ファクタで、70MHz から 6GHz の周波数範囲で COFDM 変調 RF ビデオ信号を伝送できます。

SIHID RCB COFDM 送信モジュールの詳細についてはこちらを参照してください。

Simpulse | AD936x モバイル・データリンク・モデム

X+
Simpulse SL200モバイル・データリンク・モデムは、過酷な環境下でのモバイル双方向データ/ビデオ送信専用のソリューションです。高性能で信頼性の高い安全なデータリンクを提供します。ビットレートは10 kbps ~ 5 Mbpsで、LOSおよびNLOS条件の長距離送信に対応します。洋上監視ミッションでSimpulseの追跡アンテナを地上に設置し、0.4 Wの送信出力で55 km離れた場所へビデオ・データを3 Mbpsで送信した実績があります。

SL200モバイル・データリンク・モデムの詳細


新ホワイト・ペーパー:L100モデルを使用して前例のない長距離データリンクを実現する方法
(Simpulse、2017年9月 英語)

TaiSync | AD936x ワイヤレス・ビデオ伝送ソリューション

X+
Taisync digital HD wireless linkTaiSync のデジタル HD ワイヤレス・リンクは、無人移動体、産業ロボット、ビデオ監視などのミッション・クリティカルなタスクに最適なソリューションです。アナログ・デバイセズの AD936x と独自の波形により、優れた RF 性能、サブ 6GHz 帯のフルサポート、柔軟なデータ・インターフェースを実現します。双方向通信、ロングレンジ、NLOS 性能、モバイル受信といった優れた機能により、様々なシナリオでビデオと制御リンクの利用が可能です。また、システムの設定により、ポイント to ポイント、ポイント to マルチポイントの両方のアプリケーションに対応できます。

詳細については、 2.4GHz HDMI-USB ワイヤレス・モジュールを参照してください。

VadaTech | クワッド AD9371 SDR AMC カード

X+

VadaTechVadaTech は、AD9371 と AD9361 をベースにした多様なフォーム・ファクタの SDR モジュールをリリースしました。4 台の AD9371 を Kintex UltraScale™ FPGA に接続し、8 つのトランシーバー・チャンネルを提供する AMC597 は、信号 SDR、BTS、アンテナ・システム、研究、計測器に適しています。FMC214 は、RF フロント・エンド、Rx および Tx 周波数シンセサイザ、ミックスド・シグナル・ベースバンド・セクション、LPC コネクタを介したホスト・プロセッサへの柔軟なデジタル・インターフェースを提供します。AD9361 を利用した FMC214 は、70MHz から 6.0GHz の周波数範囲で動作し、認可および無認可の帯域の大部分に対応します。また、瞬間帯域幅は 200KHz から 56MHz の範囲で設定可能です。


詳しい製品情報およびデータシートについては、 AMC597, VPX597, FMC214を参照してください。

Vanteon | AD9361シングルモジュール SDR プラットフォーム

X+

Vanteon vPrisum™ ソフトウェア無線(SDR)プラットフォームは、高性能な信号処理アプリケーション用の小型で柔軟性に優れた高集積化システムを低価格で提供します。1 つのモジュールにフル機能の SDR を実装するためのすべてのデジタルおよび RF 回路が組み込まれています。Vanteon は、コアとなるRF トランシーバーとして AD9361 を選択しました。これは、70MHz から 6GHz の広い周波数範囲により、最小限のハードウェアの変更でカスタム・ソリューションに対応できるためです。vPrisum の設計は、スマートメーター収集システム、低コストのセルラ基地局、セキュリティ製品、カスタマイズ可能な産業、医療、防衛用無線、試験装置など、特に複数の波形を同時に通信する必要がある多くのアプリケーションに利用できます。


Vanteon と vPrisum™ の詳細については、 PartnerZoneを参照してください。

V3Tech | 5Gソリューション向け クアッド ADRV9009 SDR

X+

YunSDR Y590YunSDR Y590V3Techは、様々なフォーム・ファクタのADRV9009、AD9371、AD9361をベースにした、SDRソリューションをリリースしました。YunSDR Y590のソフトウェア無線(SDR)は、5Gの評価およびテスト用の最新ソリューションです。このSDRは5Gワイヤレス・システムの展開に対し、信頼性と多くのリファレンス設計を提供するものです。これは、XilinxのVU9P FPGAとIntelのx86プロセッサをベースとするBBUに接続する、RRUとして使用できます。

YunSDR Y590は、SDR市場において最も高いチャンネル密度を有するデバイスの1つで、1Uのフォーム・ファクタで8つのRXチャンネルと8つのTXチャンネルを提供します。RFフロント・エンドにはADRV9009トランシーバーが2個使用されています。各チャンネルの瞬時帯域幅は最大200MHzにもなり、75MHz~6GHzの幅広い周波数範囲に対応します。


詳細については、YunSDR Y590 の製品ページを参照してください。

アナログ・デバイセズ パートナー・プログラム

Partners アナログ・デバイセズのパートナー・プログラムには、広範な市場と産業分野において様々な設計プロジェクトを支援したいと考える数多くの協力パートナーが、幅広く参加しています。パートナーのハードウェアとソフトウェア、高品質の設計サービスによって、お客様は設計上のニーズと課題に最も適した、優れたソリューションを見つけることができます。

パートナー・プログラムの詳細

Participants of the RadioVerse



MathWorksAltera

epiqArrow

EttusXilinxBenetel