ADRV9002トランシーバーIC

ADRV9002は、30MHz~6GHzで動作する業界で初めての高性能高集積化トランシーバーICであり、12kHz~40MHzの狭帯域および広帯域信号に対応できます。

レシーバーは、要件の厳しい高ダイナミック・レンジ(150dBc/Hz)および直線性アプリケーションで使用するように設計されており、それによってこの部品は大きいブロッカが存在する場合でも必要なRF信号を解読および吸収できます。

トランスミッタは、最小限のノイズ・フロアで最大限の直線性および出力電力を供給し(7dBmで−155dBFS/Hz)、最適なトランスミッタ信号純度および範囲を実現します。

ユニークなシステム機能と電力/性能トレードオフ構成が備わっているため、ADRV9002は消費電力条件の厳しい市場とアプリケーションで使用できます。

ADRV9002の機能

ADRV9002の機能ブロック図

30MHz~6GHzで動作する業界で初めての高性能高集積化トランシーバー

  • 2 × 2高集積化(RFからデジタル)トランシーバー
    • 2つの独立した高性能オンチップRF LO
  • チャンネルあたり12kHz~40MHzのスケーラブルな帯域幅
  • ユーザ選択可能な独立した各チャンネルのデータ・インターフェース
    • ユーザ設定可能なシリアルLVDSまたはCMOSモード
  • 個別のフレキシブル・クロッキングPLL
    • RF LOおよびリファレンス・クロックから独立したユーザ選択可能なサンプル・レートおよびクロッキング

デジタル積分

  • IF動作用のデジタル・ダウンコンバータ(DDC)内蔵
  • TxおよびRxの128タップ・プログラマブルFIR
  • ユーザ設定可能な内蔵初期/追跡キャリブレーション・アルゴリズム
  • コントロールを管理するARM M4を搭載

高度なシステム機能

  • ダイナミック・データ・レートおよびサンプル・レート向け高速プロファイル切り替え
  • アナログおよびデジタル回路内における柔軟な電力消費モードと高性能電力消費モードの比較
  • システム消費電力/スリープ・モードの最適化向けモニタ・モード
  • マルチチップ同期
  • 高速周波数ホッピング
  • NBおよびWB波形向けデジタル・プリディストーション
  • 独立した補助システム/制御機能

ADRV9002の詳細

アプリケーション:タクティカルな最初のレスポンダ無線、衛星通信、スモール・セル

Radio
Satellite
Cellular

ADRV9002は、TDDまたはFDD動作に対応しています。VHF、UHF、最大6GHzのセルラ帯域内の過酷でミッション・クリティカルなポータブルおよびネットワーキング・アプリケーションでの使用に最適です。

ADRV9002:狭帯域~広帯域集積化RFトランシーバー

ADRV9002 RFトランシーバーは、狭帯域および広帯域信号向け高ダイナミック・レンジおよびクラス最高のブロッカ許容誤差を提供します。高性能で汎用性が非常に高く、低消費電力であり、TDDまたはFDDモードで動作します。

ADRV9002評価用ボード/システム

ADRV9002評価ボードは、ADRV9001トランシーバー評価ソフトウェア(TES)で使用されます。全体的なセットアップとシステムの詳細は、ADRV9001システム開発ユーザ・ガイドとADRV9002評価ボード・ページに記載されています。

ADRV9002評価用ボードの詳細

ADRV9002設計ファイル・パッケージ

ADRV9002設計ファイル・パッケージをダウンロードしてパッケージの内容を確認し、設計プロセスの第一歩を踏み出しましょう。

ADRV9002設計ファイル・パッケージをダウンロード

ADRV9002テクニカル・サポート

テクニカル・サポートについては、EngineerZone®フォーラムに質問を直接投稿してください。