ADASカメラ・ソリューション

Autonomous vehicle interior with heads-up display showing traffic information

先進運転支援システム(ADAS)におけるカメラは、車両周辺の重要な情報をADASプロセッサに伝え、必要時にはこのプロセッサが車両安全システムにその情報を伝達および展開します。そのためには、必然的に、安全に関する計測がまさに必要なタイミングと方法で実行されるよう、最高度の精度と正確性が必要になります。

カメラが重要な視覚データをキャプチャすると、このビデオ・データは処理のために車のECUに確実に送信される必要があります。アナログ・デバイセズのギガビット・マルチメディア・シリアル・リンク(GMSL)技術は、この極めて重要なカメラ・データを、電気的ノイズの多い環境の中、シールド・ツイスト・ペア(STP)または同軸ケーブルで最長15メートルもの距離を伝送します。GMSLリンクは、カメラおよび末端でのシリアライザと、ECUでのデシリアライザで構成されています。アナログ・デバイセズは、各ピクセルを正確に到達させながら、カメラ・データのルーティングに柔軟性を提供することもできる、業界最先端の技術を開発しました。

MAX96705およびMAX96706でGMSL SERDESペアをセットアップする方法

このビデオでは、SunhoがMAX96705とMAX96706の間のGMSL1リンクを手早くセットアップする方法を紹介し、またグラフィカル・ユーザ・インターフェースの概要を説明します。

ADAS/カメラ・アプリケーション向けオートモーティブ電力&GMSLソリューション

高分解能マシン・ビジョンのフロント・カメラ、リアビュー・カメラ、サラウンド・ビュー・カメラがますます新しい車に搭載されるようになり、電力条件も次第に厳しくなっています。アナログ・デバイセズのオートモーティブGMSLおよびパワー・マネージメント・ソリューションは、卓越した性能、極めて小さなソリューション・サイズ、およびBOMコストの削減を実現します。アナログ・デバイセズの高電力密度ソリューションにより、システム・インテグレータは設計のフットプリントを更に縮小し、より高レベルの統合を実現できます。自動車安全水準(ASIL)準拠のトータル・ソリューションは、エンジニアがこれらのシステムに要求される機能安全上の設計課題を解決する際に役に立ちます。 

C2B車載カメラ・バス

アナログ・デバイセズの車載カメラ・バス(C2B)は、アナログ・デバイセズによる革新的なカメラ・リンク技術で、非シールド・ツイスト・ペア(UTP)ケーブルと非シールド・コネクタを使用してHDビデオを実現します。このバスにより、既存のケーブルやコネクタのインフラストラクチャを変更することなく、SDカメラをHDカメラに簡単にアップグレードできます。C2Bは、システムのコストと重量を削減すると共に、同じUTPケーブルでのサイドバンド通信を可能にすることで堅牢性と柔軟性を向上させます。

Diagram showing cameras and connectors for C2B in a car
C²Bはカメラ・システムに多くの利点を提供します。

アナログ・デバイセズは、様々な高性能電力ソリューション、プロセッサ、エンコーダ、デコーダを提供し、ADASアプリケーションで用いられる業界最先端のカメラ物体検知および分類を可能にします。高品質ハードウェアおよびセキュアなオートモーティブ認証製品を用いたアナログ・デバイセズのOEM認証済みADASカメラは、最も重要なときに信頼できる性能と精度を提供します。

シグナル・チェーン

(2)

下ブロック図中の各パーツをクリックしてください。