過密な無線周波数帯で使われる車載レーダー・センサー、都市部は“電子戦場”に

車載レーダーの普及が進むにつれ、もともとRF帯域が混み合っていた都市環境は、いわば“電子戦場”とでも呼ぶべき状況に陥りつつあります。このような環境下では、レーダーは、意図的なもの、そうでないものを含めて各種の電波妨害を受けるようになります。そのため、レーダー・システムの開発者は、電子戦争(EW:Electronic Warfare) の分野で使われるような電波妨害対策を実装する必要があります。

一般に、車載レーダーは、否定妨害(Denial Jamming)または欺瞞妨害(Deceptive Jamming)を受ける可能性があります。否定妨害は、レーダーの視界を妨害するというものです。S/N比を劣化させ、ターゲットを検出できる確率を低下させます。一方の欺瞞妨害とは・・・・・・

 

続きはこちら
(個人情報の入力が必要です)

著者

Sefa Tanis

Sefa Tanis

Sefa Tanis is a senior RF systems engineer at Analog Devices specializing in digital predistortion algorithm development for small cell transceivers, researching signal processing techniques for automotive radars, and evaluating system in a package RF modules for wireless infrastructures. Prior to joining ADI in 2012, he held a lead RF engineer role for an F-16 aircraft electronic warfare program, AN/ALQ-178 V(5)+, jointly developed by ASELSAN of Turkey and BAE Systems in North America. He has 15+ years of expertise in system-level design, and algorithm development, test, and integration of microwave products in telecommunications and the defense/aerospace industries. He received his B.S.E.E. from Cukurova University in Turkey in 2000.