高速クロック技術を有するマルチギグ社(MULTIGIG, INC.)を買収

東京 (2012年04月06日) - アナログ・デバイセズ社は、カリフォルニア州サンノゼを拠点とするマルチギグ社(Multigig, Inc. 株式非公開)を買収したことを発表しました。マルチギグ社は、小規模ながら最先端の高性能クロック技術に特化した企業です。今回の買収により、スタンドアローンおよび組込みアプリケーションにおけるADIのクロック技術が強化され、顧客に今まで以上に高性能のデータ・コンバータおよび信号処理ソリューションを提供できるようになります。
ADIのクロック&タイミング製品についてはウェブサイトをご覧ください:
http://www.analog.com/jp/clock-and-timing/products/index.html

アナログ・デバイセズ社 リニア&RF担当ヴァイス・プレジデント、ピーター・リアル(Peter Real)は次のように述べています。「マルチギグ社の買収は、当社の高速信号処理事業戦略にまさしく合致するもので、当社の超高性能のスタンドアローンおよび集積化されたクロック・ソリューション製品がより強化されます。ワイヤレスや有線通信のように進化の速い製品市場では、信号処理ソリューションに対し極めて厳しい要求が課せられています。そして、高性能のクロック機能が、顧客のシステム要件に適合するために不可欠なものとなっています。」

アナログ・デバイセズは、2012年3月30日に現金取引でマルチギグ社の買収を完了しました。同社の従業員はADIの既存のクロック・デザイン・チームに所属することになり、ADIのカリフォルニア州サンノゼにあるオフィスで勤務することになります。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

本プレスリリースはアナログ・デバイセズ社より2012年3月30日に配信されたものの日本語訳です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる