新しいフラクショナルN (FRACTIONAL-N)PLLシンセサイザ「ADF4151」と「ADF4196」を発表

高いフレキシビリティと位相ノイズ性能を実現

東京 (2012年01月10日) - アナログ・デバイセズ社は、本日、高いフレキシビリティと位相ノイズ性能を実現する、フラクショナルN (Fractional-N) PLLシンセサイザADF4151」と「ADF4196」を発表しました。ADF4151とADF4196は、携帯電話基地局などの通信インフラ、レーダー・アプリケーション、計測機器、マイクロ波ポイントtoポイント・システム、PMR(プロ用携帯無線)、VSAT(超小型地上局)、航空宇宙システムなど様々なアプリケーションにおいて、設計を簡素化します。

ADF4151は、RF帯域幅 3.5GHzの、フラクショナルN (Fractional-N)(分数型)またはインテジャーN(Integer-N)(整数型) PLLシンセサイザで、SPI(3線シリアル・インターフェイス)にて制御可能です。低ノイズの位相周波数検出器(PFD)、高精度のチャージ・ポンプ、およびプログラマブル・リファレンス分周器で構成され、広く用いられている弊社のVCO内蔵PLL「ADF4350」 (最大出力周波数:4.4GHz PLL)とピンおよびソフトウェア互換になっています。よって、位相ノイズを大幅に改善する要求に対し、外部の電圧制御発振器(VCO)が必要な場合においても、ADF4151を用いることで、ADF4350と同一のソフトウェアで、ボードに大きな修正を加えずに対応することができます。

ADF4151フラクショナルN/インテジャーN (Fractional-N/Integer-N) PLLシンセサイザの 主な特長

  • +3.0~+3.6V電源
  • +1.8Vロジック互換性
  • チャージ・ポンプの電源を分離したことにより、3V系システムで+5Vまでのチューニング電圧が使用可能
  • 4/5または8/9のプログラマブル・デュアルモジュラス・プリスケーラ
  • プログラマブルRF出力位相
  • 3線式シリアル・インターフェース

ADF4196は、超高速セトリングの6GHzフラクショナルN (Fractional-N) PLLで、とくに、通信インフラストラクチャおよびパルス・ドップラー・レーダー・アプリケーション向けのGSM/EDGEロック時間要件に適合する設計になっています。外付けのループ・フィルタおよびVCOとの組合せにおいて、ADF4196 PLLは5μs未満のロック時間を実現します。ADF4196は、低ノイズのデジタル位相周波数検出器(PFD)と高精度の差動チャージ・ポンプで構成されています。

ADF4196フラクショナルN (Fractional-N)PLLシンセサイザの主な特長

  • GSM帯域を5µsで周波数ホッピングし、位相を20µs内にセットリング
  • 位相誤差: 1◦ rms(4GHz RF出力時)
  • 出力位相はデジタル・プログラミング可能
  • 3線シリアル・インターフェース
  • オンチップ低ノイズ位相アンプ
  • 正規化位相ノイズ・フロア:-216dBc/Hz

ADIは、本日、総合的なPLLシンセサイザ設計/シミュレーション・ツールADIsimPLL™の新バージョン「ADIsimPLLバージョン3.41」もあわせて発表しました。ADIsimPLLバージョン3.41には、ADIの最新のPLL製品が加えられ、いくつかの機能が強化されています。ADIsimPLLバージョン3.41は、無償の開発ツールで、www.analog.com/adisimpllからダウンロードできます。

価格、供給、および関連製品について

下記表中の価格は、米国での販売価格です。

製品 サンプル供給 量産出荷 10,000個受注時の単価 パッケージ
ADF4151 出荷中 出荷中 2.43ドル 32ピンLFCSP
製品 サンプル供給 量産出荷 1,000個受注時の単価 パッケージ
ADF4196 出荷中 出荷中 9.35ドル 32ピンLFCSP

PLLシンセサイザ「ADF4151」は、ADIのRFミキサ「ADL5801」および「ADL5802」と組合せて使うのに適しており、VCO内蔵のPLLシンセサイザ「ADF4350」および「ADF4351」を補完します。
「ADF4196」は「ADL5375」変調器などと組合せると効果的に動作し、PLLシンセサイザ「ADF4193」を補完します。

全てのRFシグナル・チェーンをカバーするADIのRF IC製品群
ADIは、設計スキル、システムに対する知識、そしてプロセス技術をユニークに組合せて活用することで、業界をリードする高性能のRF機能ブロックから、高集積の短距離無線や3G/4G用のシングルチップ・トランシーバ・ソリューションまで、全RFシグナル・チェーンをカバーする最も広範なRF IC製品群を提供しています。RF機能ブロックとしては、PLL、集積PLL/VCOおよびDDSシンセサイザ、TruPwr™ RMSパワー検出器やログアンプ、可変ゲインアンプ、パワーアンプ、ローノイズアンプ、およびその他のアンプ、RFミキサーさらにダイレクト・コンバージョン変調器や復調器製品があります。これらの製品は、無償の設計ツール、Circuits from the Lab™/実用回路集、およびアナログ電子回路コミュニティ(日本語)を含む、広範囲の設計リソースによってサポートされていて、RFシステムの開発を容易にします。詳細情報については、ウェブサイトをご覧下さい。

【詳細情報】

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

※ ADIsimPLL™、TruPwr™ はアナログ・デバイセズ社の商標です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる