アナログ、RF、およびミックスド・シグナル信号処理における複雑な設計課題を解決する
「CIRCUITS FROM THE LAB/実用回路集」をアップグレード

検証済み回路に加え、回路図、部品表、PCBレイアウト・データデバイス・ドライバ、評価用ハードウェアを提供することで、開発者の設計期間の節減に貢献
20110330_CFTL

東京 (2011年03月30日) - アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、同社のアナログ・エンジニアにより動作検証済のアナログ・デバイセズ製品の組み合わせ回路例である「Circuits from the LabTM/実用回路集」の内容を大幅に拡張したことを発表します。従来のCircuits from the Lab/実用回路集では、製品の組み合わせ例とその検証済み回路を紹介していましたが、今回これに加え、新たに回路図や部品表、PCBレイアウト・データ、デバイス・ドライバ、さらに評価用ハードウェアなども合わせて提供することになりました。このCircuits from the Lab/実用回路集は、アナログ・デバイセズのウェブサイトから無償でダウンロードできます。(ダウンロード用URLはリリース本文末尾に記載しています)また、評価用ハードウェアはアナログ・デバイセズの正規販売代理店を通じてご注文頂けます。

今日のシステム設計者は、開発の後戻りを防ぎつつ、従来よりも短期間でかつ、アナログ、RF、電源、ミックスド・シグナルなど幅広い専門技術を用いた製品設計の必要性に迫られています。ADIは、今回のCircuits from the Lab/実用回路集のアップグレードにより、設計時間の大幅な短縮を実現することで、システム設計者を支援します。

Circuits from the Lab/実用回路集は、現在150本以上が公開されています。これらはお客様のシステムに、すぐに展開できるように具体的でかつわかり易く、充分に検証されたリファレンス・データになっています。またそれぞれの実用回路集は、設計上のトレードオフ、アナログ設計におけるガイドライン、テストデータをベースに慎重にドキュメントが作成されてきましたが、最新の実用回路集では、新たに回路図や部品表、PCBレイアウト・データ、デバイス・ドライバ、さらには評価ハードウェアまで用意しています。

アナログ・デバイセズ社 コアマーケットおよびマーケティング担当ヴァイス・プレジデント、エムレ・オンダ(Emre Onder)は次のように述べています。「あらゆるお客様が設計対象となるシステムの範囲の広がりや、求められる技術レベルのより一層の高度化、設計時間の短縮というさまざまな厳しい要求に直面しています。つまり、システム設計者に今求められているのは、試行錯誤の繰り返しや、十分な動作確認が済んでいない提案ではない、新たな設計手法です。ADIはこうした設計者のことを常に念頭に置き、またADIのアプリケーション・エンジニアは、お客様が抱えている設計上の課題を十分に理解したうえで、検証済み回路を提供しています」

顧客のニーズから生まれたCircuits from the Lab/実用回路

Circuits from the Lab/実用回路集は、最短の設計時間で設計から実際の製造段階で発生する可能性のある現実的な課題を予測してあります。ADIの定評ある技術サポート・チームによって、どのような回路やアプリケーションがシステム設計者にとって最も困難な課題になるかを特定しています。Circuits from the Lab/実用回路集は多くのADIのコア技術に対応しており、産業用オートメーションや計装システムなどといったさまざまなアプリケーション向けも用意しています。

Circuits from the Lab/実用回路集について

Circuits from the Lab/実用回路集にあるすべての回路にはサーキット・ノートが含まれており、システム設計者が迅速かつ正確に部品を選択できるように、テストデータを提供しています。さらに、多くの回路においては、以下の資料も用意しています。これにより、何週間にもおよぶ設計時間の低減に貢献します。

  • 設計および集積化ファイル:回路図、PCBおよびEDAインターフェース・ファイル、能動/受動部品などの部品表
  • デバイス・ドライバ:外部プロセッサによる制御や通信が可能
  • 評価ボード:回路に負荷をかけた状態で、性能検証が可能

【詳細情報】

Circuits from the Lab/実用回路集 紹介ビデオ(1分間)

【実用回路例】

ブロードバンド、低誤差のベクトル・マグニチュード(EVM)ダイレクト・コンバージョン・トランスミッタ(CN0134)

USB(ユニバーサル・シリアル・バス)ハブの絶縁回路(CN0158)

工業向けレベルの信号に対する、高精度・単電源・差動ADCのドライバ回路(CN0180)

アナログ・デバイセズによるラボ・テストについて

ADIのCircuits from the Lab/実用回路集は、完全にドキュメント化されたテストベンチ・コンフィギュレーションと動作パラメータで構成されているため、システム設計は迅速に回路設計を再現したり、カスタマイズ、または自身の回路と統合することもできます。Circuits from the Lab/実用回路集は、個別の技術やアプリケーションごとにカスタマイズされたテスト用プロトコルを用いています。このテス用プロトコルは、顧客のニーズを予測し、最も基準に近い性能特性でテストします。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

※Circuits from the Labはアナログ・デバイセズ社の商標です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる