業界初の、基板データ・ファイル無料提供によるプリント基板製造サービス「パネルDEボード」をP板.COMと連携し開始

●ガーバー・データと設計CADデータをデータベースに蓄積、システム設計者に無料提供
●試作評価用プリント基板の設計から調達にいたるプロセスを大幅に簡略化

東京 (2010年11月11日) - アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)の日本法人であるアナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区海岸1丁目16番1号、代表取締役社長:馬渡 修)は、新サービス「パネルdeボード」を本日、開始しました。本サービスは株式会社インフロー(本社:東京都千代田区五番町14、代表取締役 : 田坂 正樹、以下、インフロー)が運営するプリント基板(PCB)のネット通販サイト P板.com(ピーバンドットコム)上で、両社が協力して製作したPCB設計製造データ・ファイル(ガーバー・データとPCB設計CADデータ)を、無料でシステム設計者に提供し、試作評価用PCBの設計・調達を支援するものです。このサービスを活用することで、システム設計者は簡単に所望のアナログ回路評価用PCBを設計できるようになり、評価用PCBの製造と調達が容易になります。 「パネルdeボード」は本日よりP板.comのウェブサイト 「http://www.p-ban.com/panel_de_board/」、 およびアナログ・デバイセズ株式会社のウェブサイトで公開されます。このようなサービスは業界初の試みとなり、アナログ・デバイセズ株式会社は本件につき特許を出願中です。

アナログICを用いたシステム設計では、ICが所望の性能を発揮できるかどうかを、試作により早い段階で性能評価することが極めて重要です。ほとんどのシステム設計者は、市販のフット・プリント変換用PCBや汎用PCBを用いて試作評価を行っていますが、ICのパッケージ・サイズの小型化や信号の高速化が進むに伴い、市販のフット・プリント変換用PCBや汎用PCBによる試作評価では、実装ができなかったり、求める性能が満たされなかったりするという問題が生じています。一方、性能重視のために、システム設計者が自分で試作評価専用PCBをCAD設計するには、多くの手間とコストがかかってしまいます。

今回開始する新サービス「パネルdeボード」では、ADKKとインフローの連携によりアナログ回路用に最適設計されたPCBのガーバー・データとPCB設計CADデータのファイルを、P板.comのウェブサイト上にあるデータベースにあらかじめ格納しておきます。システム設計者は、まず、設計の核となるアナログ素子として使いたいADIのICを選択します。そして、データベースにアクセスすると、そのIC用のフット・プリントを持つガーバー・データ・ファイルが提示されます。さらに関連するICなど複数のガーバー・データ・ファイルを選び、それらをパネルとして組み合わせ一枚のPCB作画データとしてP板.comに製造発注します。この簡単な手順により、所望のアナログ性能が実現可能な、試作評価用PCBを容易に調達することができます。また、このデータベースには、ガーバー・データ・ファイルとあわせてPCB設計CADデータも納められているので、システム設計者は個々の必要に応じて微調整を加えたり、目的に適合するように変更することもできます。微調整や、変更作業をP板.comに委託することも可能です。

新サービス「パネルdeボード」により、試作評価用PCB設計と調達の手間が大幅に低減されるため、システム設計者は、設計初期段階で迅速にアナログICの評価ができるようになり、非常に短期間で次工程であるシステム全体の設計に取り掛かることができます。さらに設計コストも削減できるようになります。

調整・変更されたPCB設計製造データ・ファイルは、データベース上に追加登録できるので、以降は他のユーザーがこのデータベースにアクセスしたときに、これらを登録済みデータ・ファイルとして活用できます。

アナログ・デバイセズのコアマーケット戦略
アナログ・デバイセズ株式会社では、日本の産業基盤を支える、比較的規模が小さいながらも技術力と専門性に優れた、製品の開発・設計・製造を手がける多数の企業の市場を『コアマーケット』と呼び、注力市場の一つと位置づけています。コアマーケット市場のシステム設計者が最適なADI製品の選択、サンプルの入手、試作評価用PCBによる性能評価という、一連の流れをすべてウェブサイトで完結できるようにするのを目標に、2009年1月に専任のサポート・グループを立ち上げました。同7月には日本法人のエンジニアが日本の顧客のために厳選した「おススメ製品」プログラムを開始しました。2009年9月には同社アプリケーション・エンジニアも参加する技術者同士の掲示板サイト「アナログ電子回路コニュニティ」を開設、顧客からの技術的な質問に迅速に答えるだけでなく、技術者同士が意見交換できるコミュニティサイトを立ち上げました。そして、今回の「パネルdeボード」サービスの開始によって、システム設計者はより容易に、コストをかけずにICの性能評価を行えるようになり、アナログ・デバイセズの日本のコアマーケット支援はさらに磐石なものとなります。

アナログ・デバイセズ株式会社、コアマーケット統括部 ディレクター 殿村 裕は次のように述べています。「2009年1月に立ち上げた『コアマーケット戦略』は、約2年が経とうとしている今、新たな進捗をみせつつあります。アナログICの試作評価は、システム設計者にとって最も難しく、かつ非常に重要な工程ですが、これまでは適切な解決方法がありませんでした。当社が開始した新サービス「パネルdeボード」により、試作評価用PCBの設計から調達いたるプロセスの作業が簡素化され、システム設計者の皆様により重要な課題に取り組んで頂くための一助となることを確信しています」

Panel_de_Board

パネルdeボードのロゴマーク


P板.com ウェブサイトでの表示
 
アナログ・デバイセズ ウェブサイトでの表示


P板.comについて
P板.comは、株式会社インフローが運営する国内初の専業プリント基板ネット通販サービスです。プリント基板とは、電気製品の中に入っている電子部品同士を繋ぐケーブルとなる緑色の板で、その製造プロセス上、1デザインごとにフィルムや版を作成するため多額の初期費用が必要となります。小ロットの商品開発・製造ではその初期費用コストを回収できないという課題がありましたが、P板.comでは、効率化された製造工程を構築し、初期費用の完全無料化の独自の価格体系を実現しました。 2010年9月現在でユーザー登録数は19,974名、実績取引社数は8,513社に達しました。 株式会社インフローは、『開発環境をイノベーションする』をスローガンとし、同サイトの普及によりユーザーとなる電子電気エンジニアの問題解決および作業環境の改善・向上を支援し、少量多品種時代における電子機器業界の製品開発サイクルを加速させることで、モノづくり産業の推進に協力しています。http://www.p-ban.com/

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる