signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

      詳細については、「個人情報保護とセキュリティに関する方針」をご覧ください。
      プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

      ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

      世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

      閉じる

      REUTERS:時代を超えたヘルスケアシステム

      在宅医療は、医療分野において最適な方法になりつつあります。新たな機能や業界の文化の変化により、技術を使用したより良い医療サービスが実現しています。アナログ・デバイセズの医療用製品担当マネージング・ディレクタ兼フェローのVenu Gopinathan博士がCVSヘルス、アメリカ医師会、メイヨー・クリニック、ホームインステッドの専門家とともに、この技術を既存のヘルスケアシステムに最適な形で融合する方法について話し合います。

      参加者:

      • Jack Resneck博士、アメリカ医師会(AMA)、会長
      • Kent Thielen博士、フロリダ州メイヨー・クリニック、CEO
      • Venu Gopinathan博士、アナログ・デバイセズ、医療用製品およびデジタル・ヘルスケア担当マネージング・ディレクタ、フェロー
      • Sree Chaguturu博士、CVSヘルス、エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高医療責任者
      • Jisella Dolan(モデレータ)、ホームインステッド、グローバル・アドボカシー最高責任者

      ビデオの各章:

      在宅医療の状況


      在宅医療が今後の医療となることは疑う余地がありません。しかし、どのように現在のシステムと統合できるのでしょうか。高い技術と、密接な人とのつながりを組み合わせ、患者やその家族、医療従事者にメリットをもたらす方法についてパネリストが議論します。

      初期の遠隔医療から得た知見


      医師、患者、制度提供者は皆、同じ疑問を抱いています。「私にとって効果はありますか?」、「私の患者集団に対して効果はありますか?」、「医療の質を向上させることができますか?」

      人とのつながりと技術の融合


      医師や看護師は、新たなシステムやツールを学ぶよりも、患者の診療に時間を使うことを望んでいます。彼らが新しい技術を採用するかどうかは、臨床的に認められていることと、慎重な変更管理によって決まります。

      デジタル医療を介した医療の公平性


      パネリストは皆、新しい技術は公平性に焦点を当てて設計する必要があると述べています。AIは使い方次第で良くも悪くもなります。

      州境を越えた医療サービス


      仮想医療の素晴らしい点であり、課題でもある点は、場所を問わずに実施できるところです。患者のニーズと州医事審議会の役割との間でバランスを取る方法についてパネリストが議論します。