製品概要

製品概要

デモ回路2719Aは、出力電力より高い/低い/等しい入力電圧で動作可能なLT8708/LT8708-1を搭載した、高性能の双方向昇降圧コンバータです。このデモ用ボードの入力範囲は10.5V~14.5Vです(25VMAX)。出力電圧は14.5Vに、出力電流制限値は40Aに設定されています。ボードは、順方向/逆方向モードの両方で動作可能です。

このコントローラは、入力電圧/出力電圧レギュレータ、順方向および逆方向の電流の流れを制御する入出力電流レギュレータ2セットを内蔵しています。VIN、VOUT、IIN、IOUTのレギュレーションを必要とするバッテリ/コンデンサ・バックアップ・システムやその他のアプリケーションでの双方向電力変換を簡素化する機能が搭載されています。

電流モード制御は、順方向/逆方向両方のインダクタ電流を制限しますが、これらの電流制限値は入出力電圧の変化に応じて、ある程度変動します。順方向および逆方向の入出力電流レギュレータにより、4種類の電流制限値を個別に設定し、正確に制御することができます。

入力電圧レギュレータは、高インピーダンス電源アプリケーションに利用されることが多く、入力電圧が設定値を下回ると、順方向電流を低減させます。逆方向電流で動作している場合、入力電圧レギュレータは入力側の電圧を制御します。

コントローラの動作モードは、MODEピン(ジャンパJP9の5~12番目のピン)によって指定し、不連続モード(DCM)、ハイブリッド不連続モード(HCM)、強制連続モード、バースト・モード®動作を選択できます。

LT8708は、連続導通モード(CCM)動作時の双方向動作に対応しています。DCM/HCM/バースト・モード動作では、電力の流れが一方向に限定されます。アプリケーションによっては、追加の回路が必要になる場合があります。

対象となる製品