製品概要

機能と利点

  • 0.1dB利得平坦性:>30MHz
  • チャネル・セパレーション(10MHz):90dB
  • 入力基準のスイッチング・トランジェント:40mV
  • -3dBバンド幅(AV=2、RL=150Ω):75MHz
  • チャネル間スイッチング時間:120ns
  • 入力の拡張が容易
  • 大きな入力範囲:±6V
  • 微分利得エラー(RL=150Ω):0.04%
  • 微分位相エラー(RL=150Ω):0.06°
  • 高スルーレート:1000V/μs
  • 出力振幅(RL=400Ω):±13V
  • 広い電源範囲:±5V~±15V

製品概要

LT1204は75Ωケーブルをドライブし、より大きなルーチング・システムに容易に拡張できるように設計された4入力ビデオ・マルチプレクサです。LT1204は、広いバンド幅、高スルーレート、そして低微分利得および微分位相などの特長を備えているため、放送品質の信号ルーチングに最適です。チャネル・セパレーションおよびディスエーブル時の分離は、10MHzまで90dB以上あります。チャネル間の出力スイッチング・トランジェントはわずか40mVP-P・50nsであるため、高解像度モニタでも変化が感じられません。

LT1204のユニークな特長は、より大きなルーチング・マトリクスに拡張できることです。これはディスエーブル状態で帰還抵抗をブートストラップして、回路の真の出力インピーダンスを高める特許申請中の回路によって達成されています。この機能の効果は、大規模システムにおいてケーブルの誤終端を防止できることです。

LT1204は±15V電源で動作するときには、大きな入力および出力信号レベルに対応できるため、汎用アナログ信号の選択や多重化に最適です。シャットダウン機能によって、消費電流が15mAまで減少します。


アプリケーション

  • 放送品質ビデオ・マルチプレクシング
  • 大マトリクス・ルーチング
  • 医療画像処理
  • 大振幅信号マルチプレクシング
  • プログラマブル・ゲイン・アンプ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明