ADG774A
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

ADG774A

アナログ・マルチプレクサ(2:1)、クワッド、低電圧、スイッチング時間3ns、400MHz

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 5
1Ku当たりの価格 最低価格:$2.03
特長
  • 帯域幅:>400MHz
  • 低い挿入損失とオン抵抗値:2.2Ω(typ)
  • オン抵抗平坦特性:0.3Ω(typ)
  • 3V / 5Vの単電源動作
  • 非常に低い歪み特性:<0.3%
  • 低い静止時供給電流:1nA(typ)
  • 高速スイッチング時間:
    • tON=6ns
    • tOFF=3ns
  • TTL/CMOS互換
  • 鉛フリー・パッケージ
    • 16ピンQSSOP
    • 16ピン3mm×3mm LFCSP
製品概要
show more Icon

ADG774Aは、高出力インピーダンスを持った4個の2:1マルチプレクサ/デマルチプレクサを内蔵するモノリシックCMOSデバイスです。CMOSプロセスは、低消費電力を提供しますが、高速なスイッチング速度と低オン抵抗を実現します。オン抵抗の変動は、標準的に入力信号の範囲にわたって0.5Ωを下回ります。 

ADG774Aの帯域幅は標準で400MHz、低ひずみ(0.3%(typ))と組み合わさっているため、高速データ信号のスイッチングに適した製品となっています。 

オン抵抗のプロファイルは、アナログ入力範囲全体にわたって非常にフラットであるため、優れた直線性と低歪を実現します。CMOS構造のため超低消費電力となっています。 

ADG774A は3.3 V/5 V単電源で動作し、TTLロジック互換です。各スイッチの制御ロジックは真理値表に表示されています。 

これらのスイッチはオン時に等しく双方向に導通します。オフ状態では、電源電圧までの信号レベルを阻止します。ADG774A のスイッチはブレーク・ビフォア・メーク・スイッチング動作を行います。 

製品ハイライト
  1. 広帯域データレート: >400 MHz
  2. 超低消費電力
  3. 全温度範囲にわたり低リーク
  4. ブレーク・ビフォア・メーク・スイッチングによりスイッチをマルチプレクサとして使用する場合チャンネル間短絡を防ぐ。
  5. クロストーク: −70 dB @ 10 MHz
  6. オフ・アイソレーション: −65 dB @ 10 MHz(typ)
  7. 小型3 mm × 3 mm LFCSPを採用

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 5
1Ku当たりの価格 最低価格:$2.03

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADG774ABCPZ-R2
  • HTML
  • HTML
ADG774ABCPZ-REEL
  • HTML
  • HTML
ADG774ABRQZ
  • HTML
  • HTML
ADG774ABRQZ-REEL
  • HTML
  • HTML
ADG774ABRQZ-REEL7
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

2 13, 2014

- 14_0038

Conversion of 3x3mm body Size LFCSP Package Outlines from Punch to Sawn and Transfer of Assembly Site to Amkor Philippines.

8 26, 2010

- 10_0001

Halogen Free Material Change for QSOP Products

ADG774ABRQZ

製造中

ADG774ABRQZ-REEL

製造中

ADG774ABRQZ-REEL7

製造中

2 8, 2010

- 04_0080

Qualification of the 8" C6 and Q Wafer Fab Processes at Analog Devices, Limerick, Ireland.

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

2 13, 2014

- 14_0038

arrow down

Conversion of 3x3mm body Size LFCSP Package Outlines from Punch to Sawn and Transfer of Assembly Site to Amkor Philippines.

8 26, 2010

- 10_0001

arrow down

Halogen Free Material Change for QSOP Products

ADG774ABRQZ

製造中

ADG774ABRQZ-REEL

製造中

ADG774ABRQZ-REEL7

製造中

2 8, 2010

- 04_0080

arrow down

Qualification of the 8" C6 and Q Wafer Fab Processes at Analog Devices, Limerick, Ireland.

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 2

reference details image

ADZS-SC589-EZLITE

ADSP-SC589 Evaluation Hardware for the ADSP-SC58x/ADSP-2158x SHARC Family (529-ball CSPBGA)

zoom

ADZS-SC589-EZLITE

ADSP-SC589 Evaluation Hardware for the ADSP-SC58x/ADSP-2158x SHARC Family (529-ball CSPBGA)

ADSP-SC589 Evaluation Hardware for the ADSP-SC58x/ADSP-2158x SHARC Family (529-ball CSPBGA)

機能と利点

  • ADSP-SC589 529-pin 19x19mm BGA
  • 4Gb DDR3 Memory
  • 128 Mb SPI Flash
  • 2 x Ethernet (1x 10/100, 1x GigE)
  • ADAU1979 quad ADC
  • ADAU1962A 12 channel 24-bit DAC
  • SPDIF in/out, optical & coax
  • UART
  • 2 CAN transceivers + RJ11 connectors
  • USB OTG
  • USB HS
  • PCIe
  • SD/MMC memory connector
  • HADC
  • EI3 Expansion Interface
  • EZLITE includes ICE-1000 JTAG emulator and a permanent CrossCore® Embedded Studio license for use with the EZLITE via ICE-1000

製品の詳細

The ADSP-SC589 EZ-KIT Lite and EZ-Board® are evaluation systems for the ADSP-SC58x family of SHARC® processors. The ADSP-SC589 processor is based on the SHARC+ core dual processor with the arm® Cortex-A5 processor core and is designed for a wide array of markets, from automotive and pro-audio to industrial-based applications that require high floating-point performance. The EZ-Board is shipped with all of the necessary hardware—you can start the evaluation immediately. The package contains the standalone evaluation board, CE-approved power supply, and USB cable. The EZ-KIT Lite® version ships with an EZ-Kit license for CrossCore® Embedded Studio (CCES) and the ICE-1000 emulator, while the EZ-Board version requires the customer to provide an ICE-1000 or ICE-2000 emulator. The EZ-Kit license gives the user a full, subscription based license to use CCES with only the ADSP-SC589 EZ-KIT Lite evaluation board.


Expansion Interface III connectors are provided for interfacing with additional extender boards to provide LCD, camera, video, and audio. Traditional mechanical switches for changing the board's factory setup have been removed in favor of I2C controlled software switches. The only remaining mechanical switches are the boot mode switch, JTAG configuration switches, and push buttons.


The evaluation board is designed to be used in conjunction with the CrossCore® Embedded Studio (CCES) development tools to test capabilities of the ADSP-SC58x processors. The development environment aids advanced application code development and debug, such as:

  • Create, compile, assemble, and link application programs written in C++, C, and assembly
  • Load, run, step, halt, and set breakpoints in application programs
  • Read and write data and program memory
  • Read and write core and peripheral registers
reference details image

ADZS-SC584-EZLITE

ADSP-SC584 Evaluation Hardware for the ADSP-SC58x/ADSP-2158x SHARC Family (349-ball CSPBGA)

zoom

ADZS-SC584-EZLITE

ADSP-SC584 Evaluation Hardware for the ADSP-SC58x/ADSP-2158x SHARC Family (349-ball CSPBGA)

ADSP-SC584 Evaluation Hardware for the ADSP-SC58x/ADSP-2158x SHARC Family (349-ball CSPBGA)

機能と利点

  • ADSP-SC584 349-pin 19x19mm BGA
  • 2Gb DDR3 Memory
  • 128 Mb SPI Flash
  • Ethernet (10/100 &  GigE)
  • ADAU1977 quad ADC
  • ADAU1979 quad ADC
  • ADAU1962A 12 channel 24-bit DAC
  • AD2410 Automotive Audio Bus (A2B)
  • SPDIF in/out, optical & coax
  • UART
  • 2 CAN transceivers + RJ11 connectors
  • USB OTG
  • HADC
  • EI3 Expansion Interface
  • EZLITE includes ICE-1000 JTAG emulator and a permanent CrossCore® Embedded Studio license for use with the EZLITE via ICE-1000

 

製品の詳細

The ADSP-SC584 EZ-KIT Lite and EZ-Board® are evaluation systems for the ADSP-SC58x family of SHARC® processors. The ADSP-SC584 processor is based on the SHARC+ core dual processor with the arm® Cortex-A5 processor core and is designed for a wide array of markets, from automotive and pro-audio to industrial-based applications that require high floating-point performance. The EZ-Board is shipped with all of the necessary hardware—you can start the evaluation immediately. The package contains the standalone evaluation board, CE-approved power supply, and USB cable. The EZ-KIT Lite® version ships with two 180 day licenses for CrossCore® Embedded Studio (CCES) and the ICE-1000 emulator, while the EZ-Board version requires the customer to provide an ICE-1000 or ICE-2000 emulator.

Expansion Interface III connectors are provided for interfacing with additional extender boards to provide LCD, camera, video, and audio. Traditional mechanical switches for changing the board's factory setup have been removed in favor of I2C controlled software switches. The only remaining mechanical switches are the boot mode switch, JTAG configuration switches, and push buttons.

The evaluation board is designed to be used in conjunction with the CrossCore® Embedded Studio (CCES) development tools to test capabilities of the ADSP-SC58x processors. The development environment aids advanced application code development and debug, such as:

  • Create, compile, assemble, and link application programs written in C++, C, and assembly
  • Load, run, step, halt, and set breakpoints in application programs
  • Read and write data and program memory
  • Read and write core and peripheral registers
ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

最近閲覧した製品