ADG623
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

ADG623

CMOS ±5 V/+5 V, 4 Ω Dual SPST Switch

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • 5.5 Ω (maximum) on resistance
  • 0.9 Ω (maximum) on resistance flatness
  • 2.7 V to 5.5 V single supply
  • ±2.7 V to ±5.5 V dual supply
  • Rail-to-rail operation
  • 10-lead MSOP package
  • Typical power consumption (<0.01 μW)
  • TTL-/CMOS-compatible inputs
製品概要
show more Icon
The ADG621/ADG622/ADG623 are monolithic, CMOS, single-pole, single-throw (SPST) switches. Each switch of the ADG621/ADG622/ADG623 conducts equally well in both directions when on.

The ADG621/ADG622/ADG623 contain two independent switches. The ADG621 and ADG622 differ only in that both switches are normally open and normally closed. In the ADG623, Switch 1 is normally open, and Switch 2 is normally closed. The ADG623 exhibits break-before-make switching action.

The ADG621/ADG622/ADG623 offer low on resistance of 4 Ω, which is matched to within 0.25 Ω between channels. These switches also provide low power dissipation yet give high switching speeds. The ADG621/ADG622/ADG623 are available in a 10-lead MSOP package.

Product Highlights

  1. Low on resistance, RON (4 Ω typical).
  2. Dual ±2.7 V to ±5.5 V or single +2.7 V to +5.5 V.
  3. Low power dissipation; CMOS construction ensures low power dissipation.
  4. Tiny 10-lead MSOP package.

Applications

  • Automatic test equipment
  • Power routing
  • Communication systems
  • Data acquisition systems
  • Sample-and-hold systems
  • Avionics
  • Relay replacements
  • Battery-powered systems

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-10MSOP

スイッチおよびマルチプレクサ・ポートフォリオの 10 ピン MSOP デバイスの評価用ボード

zoom

EVAL-10MSOP

スイッチおよびマルチプレクサ・ポートフォリオの 10 ピン MSOP デバイスの評価用ボード

スイッチおよびマルチプレクサ・ポートフォリオの 10 ピン MSOP デバイスの評価用ボード

機能と利点

  • 10 ピン MSOP 評価用ボード
  • クランプによってメイン・デバイスを簡単に変更可能 
  • ゴールド・ピン・コネクタによって受動部品の追加が可能
  • 信号入出力用の SMB コネクタ
  • プロトタイピングを可能とするオンボードの追加スペース

製品の詳細

EVAL-10MSOPEBZ 評価用ボードは、別売のスイッチおよびマルチプレクサのポートフォリオの 10 ピン MSOP デバイスを評価します。EVAL-10MSOPEBZ にはクランプが付属しており、ハンダ処理なしで 10 ピン MSOP デバイスを評価用ボードに固定できるため、複数のデバイスでボードを再利用することが可能です。


10 ピン MSOP デバイスは、評価用ボードの中央にクランプまたはハンダで取り付けることができます。デバイスの各ピンには K1 から K10 まで対応するリンクがあり、VDD または GND のいずれかに設定できます。ワイヤ・スクリュー端子は VDD と GND を供給します。ボード上の SMB コネクタによって、追加の外部信号をデバイスに供給できます。また、ボードの上部にはプロトタイピングに利用できるスペースがあります。


テスト対象デバイス(DUT)のすべての仕様は、対応する製品のデータシートに記載されています。評価用ボードを使用する際は、このユーザー・ガイドと併せて参照してください。

最近表示した製品