製品概要

機能と利点

  • 16×8高速非ブロッキング・スイッチ・アレイ: G = +1
  • スイッチ・アレイのシリアル/パラレル設定機能
  • シリアル・データ出力は複数個を「デイジーチェーン」接続して大規模なスイッチ・アレイを形成することが可能
  • AD8108/AD8109(8×8スイッチ・アレイ)とピン互換
  • 16×16スイッチ・アレイについてはAD8116を参照
  • 完結型のソリューション
    • バッファ付き入力
    • 8個の出力アンプ: G = +1
    • 150Ω負荷の駆動が可能
  • 優れたビデオ性能
    • 60MHz、0.1dBのゲイン平坦性
    • 0.02%微分ゲイン誤差(RL=150Ω)
    • 0.028°微分位相誤差(RL=150Ω)
  • 優れたAC性能
    • -3dB帯域幅:260MHz
    • スルー・レート:500V/μs
  • 詳細についてはデータシートを参照してください

製品概要

AD8110とAD8111は、高速の16×8ビデオ・クロスポイント・スイッチ・マトリックスです。260MHzを超える-3dB信号帯域幅と、1%のセトリングで25ns以内のチャンネル・スイッチング・タイムを実現します。-78dBのクロストークと-97dBのアイソレーション(5MHz時)により、AD8110/AD8111 は多くの高速アプリケーションで有効です。0.02%以下の微分ゲイン誤差、0.02°以下の微分位相誤差、さらに60MHzまで0.1dBのゲイン平坦性によって、AD8110/AD8111はビデオ信号のスイッチングに理想的です。 

AD8110とAD8111には、クロスポイント出力を並列化するためにハイ・インピーダンスに設定可能な8個の独立した出力バッファがそれぞれ内蔵されているので、オフ・チャンネルが出力バスの負荷になることがありません。AD8110のゲインは+1、そしてAD8111のゲインは2に固定されます。この両方のスイッチは±5Vの電源で動作し、そのアイドル時の消費電流はわずか50mAです。チャンネルのスイッチング動作はシリアル・デジタル制御(複数デバイスの「デイジーチェーン」接続が可能)あるいはパラレル制御によって実行されるので、アレイ全体のプログラミング変更を行わずに、個々の出力を更新できます。 

AD8110/AD8111は80ピンのLQFPパッケージで提供され、-40~+85℃の拡張工業用温度範囲で動作します。 

アプリケーション
  • 次のアプリケーションを含む高速信号のルーティング
    • コンポジット・ビデオ(NTSC、PAL、S, SECAM)
    • コンポーネント・ビデオ(YUV、RGB)
    • 圧縮ビデオ(MPEG、Wavelet)
    • 3レベル・デジタル・ビデオ(HDB3)

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明