アナログ・デバイセズ技術の使用方法に関する以下のページからご確認いただけます。

また、リソース、ジャイロの基礎およびコードの例などの詳細も、以下のウィキのページをご参照ください。https://wiki.analog.com/first/first_robotics_donation_resources

アナログ・デバイセズが寄贈した製品

次世代のiSensor IMUボードADIS16470-FIRST向けに使用可能

X+

ADIS16470改良型の新センサーを備えた次世代のIMUボードでレベルアップが実現します。 ADIS16470は、アナログ・デバイセズの最新のiSensor製品の1つです。ADIS16448と同様、このIMUにより、ロボットは3D空間における自らの位置を計算することができます。この製品には、3軸加速度センサーと3軸ジャイロ・センサーが組み込まれています。ボードには、RoboRIOに確実に固定するために取り付け穴が2つ用意されているので、試合中の振動やセンサーの消失を心配する必要はありません。このセンサーはアナログ・デバイセズのFRC(FIRSTロボット工学コンテスト)向けボードでは最小のドリフト性能を備えており、チームに工業レベルの性能を提供します。


サポート用ライブラリはGitHubに掲載されています。使用開始にあたってサポートが必要な場合は、当社のWikiのFRC Donation Resourcesページをご覧ください。

FRC ジャイロ・センサー・ボード―FIRST Choice の選択で可能に

X+

FRC GYROジャイロ・スコープおよび加速度センサーは、ロボットに大きな影響を与え、モーションや回転を精密に計測し、ロボットをより効果的にフィールドに誘導することができます。このボードで採用されているADXRS450ジャイロ・センサーは工業用オートメーション、ウェアラブル・アクティビティー・トラッカー、そしてFRCを大きく超えるロボット工学などのアプリケーションで使用されています。


開始するにあたってサポートが必要な場合は、FRC Donation Resources ウィキのページをご確認ください。AndyMarkでジャイロ・ボードのスペアを購入。

ADIS16448 iSensor IMUボード(FIRST向けに使用可能)

X+

IMUアナログ・デバイセズの慣性計測ユニットを確認(IMU)。ADIS16448 IMUはRoboRIOに3Dでその位置を計算する機能を提供します。これはロボット用に設計された小さく堅牢な筺体にジャイロ・センサー、加速度センサー、バロメーターそして磁気探知器をまとまたものです。ピークの性能時には、各筐体は個別に補正されます。このボードで機能するデバイスはアナログ・デバイセズiSensorファミリーの一部で、UAV手術用ロボット、そして衝撃検出などのアプリケーションで使用されます。


サポート用ライブラリは、 GitHubに掲載されています。使用開始にあたってサポートが必要な場合は、 FRC Donation Resources wikiページをご覧ください。

エレクトロニクスに興味がありますか?

X+

M1K電流、電圧、インピーダンスの電気関係の原理について詳しく知りたい場合は、キットに含まれるチュートリアルとデモを参照してください。
また、アナログ・デバイセズのウィキ上にある Active Learning Module もご覧ください。

エアロジェット・ロケットダイン/アナログ・デバイセズ:前人未踏の領域

アナログ・デバイセズは 50 年以上前の創業時から、航空宇宙・防衛産業に携わってきました。アナログ・デバイセズの信頼性の高い耐放射線長期的ソリューションのポートフォリオは、エアロジェット・ロケットダインのエンジニアがNASAに対して行った、これまでで最も強力なロケット開発を支援し、火星への最初の有人ミッションを可能にしました。エアロジェット・ロケットダインの革新成功の基軸を見る。

Driven by Science. Inspired by Science Fiction. Enabled by Innovation. Supported by Analog Devices.

The US government’s Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA) approached DEKA with an ambitious goal: design a prosthetic arm with the functionality of a natural limb. They wanted an alternative that changed the game; a solution that was delicate enough to pick up a grape, yet rugged enough to handle tools such as a hand drill. ADI is proud to deliver the trusted, high-performance technology to help make DEKA’s revolutionary innovation possible.

See how DEKA and ADI are collaborating

Driven by Science

次世代エンジニアや導入者輩出のサポートをする

アナログ・デバイセズは当初からSTEM(科学、技術、工学、そして数学)教育を促進するために、時間、リソースを使い、着実な支援を行ってきました。2003年からは、このミッションのために、FIRST (www.firstinspires.org) と提携しています。アナログ・デバイセズの支援には以下が挙げられます。

  • FIRSTロボット工学チームへの支援金提供
  • 高校(FRC)設計キットに関連する製品を提供(下記動画をご視聴ください)
  • 地域競合の支援
  • FIRSTの学生向け夏のインターンシップ

さらに、弊社社員がチームメンター、コンテスト審査員、そして親ボランティアとしてFIRSTを支援。ボランティアとしてFIRSTを支援する方法を確認する

 

FIRSTは、次世代の若者に工学および数学のキャリアを追及してもらうよう促すことで、私たちが働き、住んでいる地域社会において、アナログ・デバイセズがSTEPプログラムに深くかかわっていることを公開しています。

ヴィンセント・ロシュ — アナログ・デバイセズ CEO

アナログ・デバイセズは高校にFIRSTロボット工学コンテスト(FRC)設計キットの製品を寄付しています。

アナログ・デバイセズが高性能ロボット開発支援にどう貢献しているかを以下の動画で確認する。

アナログ・デバイセズのIMUボードを使って ロボットを真っすぐ走らせる

詳細ページ(英語)

アナログ・デバイセズのIMUボードを
利用した自動運転

詳細ページ(英語)

アナログ・デバイセズの
FRC IMU ボードの使用
(FRC 2016 年大会の制御システムと LabVIEW)
(英語)

詳細ページ(英語)

アナログ・デバイセズの
FRCジャイロ/XL ボードの使用
(FRC 2016 年大会の制御システムと LabVIEW)
(英語)

詳細ページ(英語)

アナログ・デバイセズの
センサー・ボードを使用する理由
(英語)

詳細ページ(英語)

ADALM1000(M1K)入門

詳細ページ(英語)

ADALM1000(M1K)による
ロボットの電圧測定

詳細ページ(英語)

未来を重視するFIRST

未来のFIRSTを支援するSTEMプログラムの推進

指導の機会から、実施中の経済的支援、そして技術提供まで、アナログ・デバイセズはFIRSTロボット工学コンテストの支援を誇りとし、未来’の革新の指導者が可能性の先を超えるソリューションや–機会–を創造できるよう支援しています。’

コミュニティ内で、’どのようにFIRSTや他のSTEMプログラムを支援しているか確認する。

これはロボットではありません!

FIRSTはロボット以上の存在なのです。FIRSTでは子供と協力して、世界の難しい問題を解決しています。

FIRSTに参加するFIRSTに参加する

FIRSTの約99.9%の労働力はボランティアによって構成されています。週末に支援の時間がある方、長期間にわたり指導を行いたい方、技術的な専門知識を有する方、そしてそうでない方にも、ご自分の興味を満たせるボランティアの空きはたくさんございます。FIRSTプログラム、ボランティア人材、機会その他情報に関して確認する。

FIRST のボランティアになる方法を確認する。