認証済みのEMC準拠RS-485インターフェース設計ツール

#1 産業用通信ポートの最大の設計課題はEMC条件を満たすことです。

業界最高レベルのアナログ・デバイセズのRS-485とBourns社の保護技術を組み合わせることによって、RS-485通信ポートのEMC問題を解決します。.

EMC 設計の課題

  • EMC規制に準拠すること
  • 以下の同的ブレークダウン特性のマッチングが問題
    • 保護されたデバイスI/O
    • 保護部品
  • 市場投入までの期間:
    • 複数ボードの繰り返し
    • 予算超過


ADI/BOURNS のソリューション

認証済み*のEMC準拠RS485インターフェース設計ツール

  • 以下の機能によって時間と予算を節約:
    • 設計サイクルの最初に回路をテスト
    • 回路図とレイアウトを設計のスタートポイントとして使用

システム・デモンストレーション・プラットフォーム:SDP

ADI RS-485 製品

Bourns Circuit Protection Products

評価キット

X +

EVAL-EZLINX ブロック図

製品概要

The ezLINX iCoupler® Isolated Interface Development Environment provides developers with a cost-effective, plug and play method for evaluation eight physical layer, digitally-isolated communication standards (USB, RS-422, RS-485, RS-232, CAN, SPI, I2C, and LVDS). The Blackfin® ADSP-BF548 processor is used to run the uCLinux operating system and allows for easy customization through the open source hardware and software platform. Development time is significantly reduced for embedded designers and system architects who are designing and evaluating isolated communication standards. The interfaces on ezLINX use ADI's isolated transceivers with integrated iCoupler® and isoPower® digital isolator technology.

リファレンス・デザイン

X +

その他リソース

*免責事項:

X+
*認定済み:EVAL-CN0313-SDPZボードは外部のEMC認定テストハウスで認定されました。これは設計のしなおしやリスクの軽減といった設計支援を目的としたものであり、システム•レベルでの厳格なEMC設計と検討に代わるものとしてではありません。 あなたは、回路試験を実施し、その適合性•適用性を、用途およびアプリケーションに対して判断する責任があります。EVAL-CN0313-SDPZは "現状有姿のまま"提供され、かつ商品性、非侵害性、特定目的との適合性の暗示的保証を含むがこれに限定されないいかなる種類の明示的、暗示的、法的な保証なしで供給されるものであり、アナログ・デバイセズ社はその利用に関して、あるいは利用によって生じる第三者の特許権もしくはその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。