製品概要

機能と利点

  • 超低消費電力のスリープ・モードと ウェークアップ・モード
  • ±200g測定範囲
  • 調整可能なハイパス・フィルタ
  • Arduino互換のフォーム・ファクタ

製品概要

ADXL372は超低消費電力の3軸、±200 g MEMS加速度センサーで、出力データ・レート(ODR)が3200Hzのときの消費電流は22μAです。ADXL372は、低消費電力動作を実現するためにフロント・エンドの電源のオン/オフを行わないので、センサー出力にエイリアスが生じるおそれはありません。

ADXL372は、超低消費電力に加えて、システム・レベルの消費電力を低減しながら衝撃の検出を可能にする多くの特長を備えています。このデバイスは、ディープ・マルチモード出力のファーストイン・ファーストアウト(FIFO)、複数のアクティブ検出モード、閾値を超えるイベントの中からピーク加速度のみを取り込む機能を備えています。

さらに、インアクティブ期間中のモーション・モニタリング用に、割込み駆動によるウェークアップ機能を備えた、追加の低消費電力モードが2つあります。​ウェークアップ・モードでは、出力ノイズを十分小さく抑えるために加速度データを平均化して、低g閾値でデバイス動作をトリガすることができます。ADXL372は、インスタント・オン・モードでは1.4μAを消費し、衝突の有無について環境を継続的に監視します。内部で設定した閾値を超える衝突イベントが検出された場合、デバイスは、イベントを記録するのに十分な速さで通常動作モードに切り替わります。

高gアプリケーションでは、広い周波数範囲にわたって加速度成分が現れる傾向があります。ADXL372は、高gアプリケーションにによく見られる帯域外信号を減衰させる、4極ローパス・アンチエイリアシング・フィルタを内蔵しています。また、ADXL372は、周囲温度ドリフトのような初期誤差とゆっくり変化する誤差を除去するために、ハイパス・フィルタも内蔵しています。

対象となる製品

Package Contents

  • EVAL-ADXL372Z-PIN
  • EVAL-ADXL-ARDZ-INT
 

ハードウェア (1)

開発 プラットフォーム

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。