製品概要

製品概要

AD8369-EVALZ is a fully populated, 4-layer, FR4-based evaluation board designed to allow easy evaluation of all features of the AD8369 DVGA. The evaluation board contains bypassable transformers to allow single ended or differential inputs, and a 25 pin D-Sub connector for external digital control of the on chip SPI port or parallel interface. There are several switches on the eval board. SW3 is used to switch between serial and parallel programming mode. SW1 is used to enable or disable the latch function in SPI mode or the data write function in parallel mode. SW4 is a rotary switch which can be used to set the bit code in parallel mode. SW2 is used to apply or disable +5 V to the AD8369. This evaluation board requires only a single supply within the range of 4.5 V to 5.5 V.


Markets & Technology

対象となる製品

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。