製品概要

製品概要

EVAL-AD590-ARDZは、絶対温度に比例した出力電流を生成する2端子集積回路温度トランスデューサであるAD590の性能と使いやすさを実証するための評価用ボードです。4V〜30Vの電源電圧を必要とするこのデバイスは、1μA/Kを出力する高インピーダンスの定電流レギュレータとして機能します。チップの薄膜抵抗をレーザー・トリミングし、298.2K(25°C)で298.2Aを出力するようデバイスを校正します。

対象となる製品

はじめに

必要な装置

  • EVAL-AD590-ARDZ 評価用ボード
  • SDP/Linduinoコントローラ・ボードおよびユーザ・ガイド
  • Windows 7(32ビット)以降を搭載したUSBポート付きのPC
  • シリアル・ターミナル・ソフトウェア(Putty / TeraTermまたは同様のもの)
  • USB Standard-A - Mini-B変換ケーブル

 
クイックスタート手順

  • SDP-120またはArduinoコネクタを使用して(それに応じてJ8ジャンパを切り替え)EVAL-AD590-ARDZ評価ボードをインターフェース・ボードに接続します。
  • USBを介してインターフェース・ボードをホストPCに接続します。
  • MBEDコンパイラでコードをコンパイルします。
  • ターミナル・エミュレータを起動して、評価ボードにアクセスします。

 
備考

  • 詳細な手順は、以下の関連資料のユーザ・ガイドwikiにあります。
  • 評価ソフトウェアのサンプル手順は、以下のソフトウェアのセクションにあります。

ハードウェア (3)

コントローラ・ボード

購入

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。